FC2ブログ

菜園ときどき木工(旧おまけ人生つれづれ日記)

約1年の中断後復活、主に菜園の様子と趣味の木工を綴ります。

ブナとウォールナットの張り合わせ

家庭菜園と雑用の合間に子供のおもちゃを作っています。
自動車(バス)の別バージョンです、
何が別かと言いますと今回は本体を2種類の材料で張り合わせました。
木工ボンドで接着します。
ブナとウォールナットの端材です。

絶対剥がれない様にするにはクランプで固く締め付けます。絶対に剥がれません。接着面に楔を打ち込んで無理に剥がそうとすると別のところが割れるほど接着力は強いです。
確実に接着するには24時間必要です。



15397歩

家庭菜園ランキングへ
スポンサーサイト



[ 2018/02/28 01:25 ] 趣味木工竹細工 | TB(0) | CM(0)

ほうれん草の間引き

2月13日に播種したほうれん草のセル苗を間引きました。昨秋に播種し収穫し終わった「早生クローネ」の残りタネです。そろそろ定植できる大きさになりました。
保温育苗していたのですが定植に備え外気に慣れさせるために昼間は外に出しています。

200穴セルの1穴4〜5粒蒔きです。ほとんど100%発芽しているので間引くのが大変です。
道具は小さなハサミとピンセットです。

3本にしました。いつもそうですが、この度も2本にすれば良いのですがせっかく生えてきたもの、勿体無くて間引くのが浅くなってしまいます。風通しが悪く病気などになりやすいのですが。
秋冬と違って春は収穫が一気になりますからまあいいやと言う事にしました。



10673歩

家庭菜園ランキングへ
[ 2018/02/27 01:40 ] ほうれん草 | TB(0) | CM(0)

バスの作成

家庭菜園の傍ら子供のおもちゃを作っています。
最近は春夏野菜の育苗にウェィトが移りおもちゃ作りが疎かになっているのですが合間にボチボチやっています。
バスの新しいバージョンに取り掛かりました。

材料はブナとウォールナットの端材です。
カットはテーブルソーでするのですが
このような材料が小さくなってくると、
危なくて出来ないので手作業になります。
直角カット補助道具(治具)を使ってカットします。

こんな感じになります。

取り敢えず12個作っています。



7276歩

家庭菜園ランキングへ
[ 2018/02/26 02:24 ] 趣味木工竹細工 | TB(0) | CM(0)

気になるトマトの接ぎ木苗

昨日接ぎ木したトマトの接ぎ木苗、その日の夕方には萎れもなく元気だったのでほぼ大丈夫と思うのですがやはり気になります。1日半経った現在、覗いて見ました。
大丈夫のようです。
50本ほどあります。保温の熱源は60Wの白熱球です。昨年まではヒヨコ電球を使い暗闇で養生していたのですが、今年は徒長防止のため光を当てました。萎れることなく元気です。湿度は100%に近く、フタを開けると眼鏡がすぐ曇ります。
これならほぼ100%活着するでしょう。



12322歩

家庭菜園ランキングへ
[ 2018/02/25 17:50 ] トマト | TB(0) | CM(0)

ほうれん草

春どりほうれん草苗が大きくなって来たので、植える場所を耕運しました。植える場所は同じほうれん草を植えていた場所です。
前作で消石灰を投入しているのですが、今回更に苦土石灰を投入しました。堆肥に高度化成肥料14-14-14も投入。


耕運後前作のマルチがまだ使えるのでそのまま被せておきました。




家庭菜園ランキングへ
[ 2018/02/25 08:24 ] ほうれん草 | TB(0) | CM(0)

接ぎ木実施

1月31日に播種した第1弾のトマト苗の接ぎ木をしました。桃太郎T93で台はグリーンガードです。
画像は台木で前日に2本試し接ぎしました。

セル苗のまま接ぎ木して管理するのは初めてなので
いきなり全部するのは危険なので取り敢えず2本だけやってみて1日経ってから様子を見て本格実施のつもりでした。

マグロ運搬用の大型発泡スチロール発芽器で接ぎ木後の養生です。保温は60W白熱球を使いました。
設定温度は28℃。加湿は白熱球近くに洗面器に水を入れ、反対側端に百均の加湿グッズを置きほぼ100%近くの湿度を保ちました。
1日経った様子です。萎れることなく元気だったので本格実施に着手。

車庫では気温が低いので部屋に道具を持ち込んでの作業です。今まではポット上げした後の苗を接ぎ木していたのですが今回はセル苗のまま接ぎ木しますので接いだ後長時間そのままにして置けないので
台木を1本づつ抜いて作業用セルに移し接ぎ木しました。

ホルダーは大中小3種類用意しました。
一部小を使ったがほとんど中の1.7〜2.2㎜対応のホルダーです。

百均の竹串を短くカットしたもので支えます。

5〜6本穂木台木の太さが合わず台の双葉から下をカットして接ぎました。

こんな感じになりましたね。
接いだところが低くなったので植えるときに土に埋まらないよう注意が必要です。

部屋での作業は小型発泡スチロール発芽器を持ち込みあらかじめカットセルを入れて置き、接いだ苗から入れていきました。萎れないよう加湿加温しています。

カットした穂木の残骸です。捨てずに保温管理します。やがて双葉の際から脇芽が出て来ますのでこれを台Bバリアにツートップ苗として接ぐ予定です。

作業完了しました。1時間ほどの予定だったのが午前中いっぱいかかりました。56粒播種したのですが発芽しなかったり成育不良で接げなかったりで結局50本ほど接ぎました。
第3弾まで150本予定していますので、予定内ですが、足らなくなったら副産物のツートップ苗を使うつもりです。
夕方覗いて見たのですが萎れているのがなかったのでまず大丈夫でしょう。
トマトは再生力の強い丈夫な植物で接いだ部分がひっついていれば余程のことがない限り萎れることはありません。
3〜4日ほど発泡スチロール発芽器で養生してその後しばらくLED照明を当てる予定でポット上げはそれからです。




家庭菜園ランキングへ
[ 2018/02/25 02:35 ] トマト | TB(0) | CM(0)

竹支柱

トマトやキュウリの栽培に支柱は欠かせません。
市販のプラスティック支柱があるのですが結構高く手が出ません。幼い頃から親父のトマトのハウス栽培で竹支柱には馴染みがあり、支柱は竹との思いがあります。ただ竹支柱は良く持って4〜5年です。在庫は500本ほどあるのですが毎年少しずつ更新しています。近くに荒れ放題の竹林があるので頂いています。

伐採時に枝は払うのですがこのように少し残ります。これが手に引っかかったり、服に引っかかったりしますので綺麗に手斧で取ります。

土中に差し込み易いように先を尖らせます。

取り敢えず40本ほど作りました。

この作業結構大変で、真っ直ぐな竹を選ぶのと、年々竹林が荒れていくのと歳をとっていくのとでしんどくなってきています。プラスティック支柱に代えていくと数万円はかかります。この作業が出来なくなったら家庭菜園を辞めるか規模をグッと縮小するしかないですね。


16969歩

家庭菜園ランキングへ
[ 2018/02/24 01:53 ] 家庭菜園 | TB(0) | CM(0)

ブロッコリー予定地の耕運

春ブロッコリーは日持ちしないので敬遠していたのですが、残りタネがたくさんあり少しだけ作るつもりで、取り敢えず8本育苗中です。
周りが全部植わっていて管理機が入れません。仕方なく力仕事です。苦土石灰、堆肥、高度化成肥料14-14-14を施肥しました。ここは秋ジャガ跡です。
今育苗中のブロッコリー8本と前日播種した茎ブロッコリー10本ほど植える予定です。



16945歩

家庭菜園ランキングへ
[ 2018/02/23 17:57 ] ブロッコリー | TB(0) | CM(0)

2月13日播種のほうれん草

急遽思いたって蒔いた春収穫のほうれん草の様子です。発芽までは発泡スチロール発芽器で保温しましたが、その後は
昼間はベランダ温室、夜間は室内で育苗中です。
夜間です。新聞紙にりんご段ボール箱の上に置いています。
200穴セルに4粒蒔きです。
ほぼ100%発芽しています。

3〜4㎝ぐらいです。
2本に間引くかどうか思案中です。





家庭菜園ランキングへ
[ 2018/02/23 07:31 ] ほうれん草 | TB(0) | CM(0)

玉ねぎ追肥

玉ねぎの追肥をしました。2回目です。
マルチをしているので穴肥です。
堆肥に高度化成肥料、過リン酸石灰を混ぜました。

前回の穴肥の真ん中に鉄棒を突き刺しグリグリして穴を開けて混合肥料を一つまみ入れます。

これで最後の止め肥です。
植えているのは3種で
超極早生のスーパーこがね170本
極早生スパート150本
晩生の平安球型黄120本です。


17312歩

家庭菜園ランキングへ
[ 2018/02/22 02:50 ] タマネギ | TB(0) | CM(0)

収穫

手持ちの野菜が乏しくなって来たので収穫して来ました。
高菜トースト用です。

二番手春菊、寒さに当たり肉厚です。

ネギ

小松菜

二番手ほうれん草、これで終わりです。

スティックセニョールです。

夏と違い冬は新聞紙にくるんで置いておけばしばらく持ちます。


11893歩

家庭菜園ランキングへ
[ 2018/02/21 07:08 ] 家庭菜園 | TB(0) | CM(0)

Bバリアとクックゴールド

トマト苗は第1弾と第2弾の二回播種しているのですが、もう4〜5日して第3弾を播種しようと思っています。どうしても成長遅れが出ますので予備に台のBバリアを播種しました。128穴セルを分割し40穴セルに残り全部35粒とついでにダメ元で古い残りタネのクックゴールドを5粒播種。

このBバリアはまだ使い道があります。
接ぎ木する時に双葉の上でカットした残りの穂木を捨てずにそのまま育てると双葉の際から脇芽が出てきます。芽揃いの良いのを双葉の下でカットしツートップ接ぎ木苗の台として使う予定です。
昨年は10本ほどツートップ接ぎ木苗を作りました。
途中から出る第1脇芽を伸ばす二本仕立てはどうしても主と枝になりますが、ツートップはどちらも主で低い位置で花芽が付くため管理しやすくなります。実はやや小さめに育ちますが収量は多くなりました。
上手く行けば1本の穂木から2本の苗が作れます。


2081歩

家庭菜園ランキングへ
[ 2018/02/20 00:55 ] トマト | TB(0) | CM(0)

ソケット箱

温室の保温熱源にヒヨコ電球を使っています。
この電球を取り付けるソケット箱を追加で作りました。
ベランダの温室用ですが昨年まで2個設置していたのですが車庫内小型温室に使っているため追加作成です。
ソケット、プラグ、ケーブル、電球カバーはホームセンターで買って来ました。

手持ちのコンパネの端材をカットします。



完成しました。コンパネが焼けるほどの熱は出ないのですが念のため石膏ボードを貼り付けています。

これも念のためヒヨコ電球カバーをつけました。
ソケットも陶製にしています。

ベランダ温室の保温は夜間だけでまだ夜間は車庫内温室に入れています。これから苗数か増えてくると夜間もベランダ温室を使います。


16745歩

家庭菜園ランキングへ
[ 2018/02/19 04:55 ] 家庭菜園 | TB(0) | CM(0)

桃太郎 T93とグリーンガードの様子

1月31日に播種した第1弾のトマト苗です。
128穴セルを分割しそれぞれ56粒づつ蒔きました。
昨年桃太郎 T93の成長が遅れたので今年は台木と同時播種です。
最初は大型発泡スチロール発芽器で40Wのヒヨコ電球を使い保温。
発芽直前の4日目に昭和精機の菜友器に移し40W効果のLED直管4本で照射しました。
台のグリーンガードです。


穂木の桃太郎 T93です。
やはり台に比べて少し大きいですかね。
この程度なら何とかなるでしょう。


いずれも昨年よりは随分徒長が抑えられています。
台のグリーンガードの色が字のごとくグリーンなので穂木と間違わずに助かります😜
Bバリアの時は間違いがありました。
本当ならこの段階でポット上げしたら良いのですが
限られた設備スペースなので150本ほどの苗をポットで管理出来ません。
このセルのまま接ぎ木する予定です。
3月半ば以降暖かくなってから接ぎ木苗をポット上げしようと思うのですが、どうなるか臨機応変です。


13340歩

家庭菜園ランキングへ
[ 2018/02/18 08:07 ] トマト | TB(0) | CM(0)

アンパンマン機関車完成

合間にゴソゴソ作っていたアンパンマン機関車、取り敢えず3個完成しました。

アンパンマンに何とか見えそうですね。

本体と運転席、煙突と前輪の飾りホィールキャップはウォールナット材です。ボイラーはブナの丸棒を二つ重ねています。前輪はブナ材、後輪は赤松で飾りホィールキャップはマホガニーです。




残念ながらこのアンパンマン機関車はヤフオク、メルカリ、ミンネには販売出品しません。
著作権等難しい問題がありますので、保育所行きか欲しい方のプレゼントになりそうです。



14114歩

家庭菜園ランキングへ
[ 2018/02/17 13:18 ] 趣味木工竹細工 | TB(0) | CM(0)

煙突と後輪

アンパンマン機関車の煙突をウォールナットで、後輪の大車輪を赤松材で作りました。
煙突をカット、後輪にホィールキャップのような飾りの嵌め込み穴を開けたところです。





家庭菜園ランキングへ
[ 2018/02/17 02:23 ] 趣味木工竹細工 | TB(0) | CM(0)

春ブロッコリー苗の様子

1月21日に128穴分割セル12穴に播種したブロッコリーの様子です。
古いタネだったので8個しか発芽していません。
そろそろ植える場所を耕運しないとダメですね。
春ブロッコリーは日持ちしないので少しだけです。
本命は茎ブロッコリーで2〜3日前に播種しました。



15644歩

家庭菜園ランキングへ
[ 2018/02/16 04:38 ] ブロッコリー | TB(0) | CM(0)

アンパンマン機関車の煙突

本体がほぼ出来つつあるので煙突作りに取り掛かりました。ボイラーがブナ材で白っぽい色なので煙突は濃茶のウォールナット材を使うことにしました。厚さ25㎜の板材があるのでこれを25㎜角にテーブルソーでカット、これを木工旋盤で丸棒にしました。

ちょっと面白くしましたよ

煙突8個分出来ました。

ウォールナットは色はいいのですが、肌が荒いですね。かなりペーパー掛けしたのですが、形が変形になると細かいところが難しいですね。
それと切削バイトが良いものでないとダメですね。



11759歩

家庭菜園ランキングへ
[ 2018/02/15 08:13 ] 趣味木工竹細工 | TB(0) | CM(0)

ほうれん草播種

この間から種の整理をしていたところ、今収穫中のほうれん草の種がまだ沢山残っていることが分かりました。種袋に蒔き時が1月上旬から4月上旬の春蒔きも出来ると書いてあるので急遽予定外ですが蒔くことにしました。

中原採種場の早生クローネです。
200穴セルに1穴4粒蒔きました。
最終的には2株にする予定です。

昼間はベランダの温室へ、夜間は発泡スチロール発芽器に入れて保温します。
発芽後は夜間は発泡スチロールに入れず車庫内に置く予定です。今の時期直播はなかなか発芽しませんので保温発芽後徐々に外気に慣れさせ、定植後は不織布トンネルを被せる予定です。



13338歩

家庭菜園ランキングへ
[ 2018/02/14 04:25 ] ほうれん草 | TB(0) | CM(0)

LED照明 車庫内小型温室

第1弾のトマト「桃太郎T93」と台木「グリーンガード」が大きくなってきたので天気のいい日は日光浴させるためにベランダの小型温室に太陽光だけの温度22〜25℃で育苗しています。
雨とか天気の悪い日は車庫内小型温室で保温していますが日照不足で徒長しないようLED照明しています。

菜友器に使用している直管LED照明4本より照度は弱いですが多少とも日照不足は補えるでしょう。丸型LED3個で照射しています。




12443歩

家庭菜園ランキングへ
[ 2018/02/13 07:44 ] トマト | TB(0) | CM(0)

トマト苗の徒長防止

菜友器で発芽育苗していますが、どうしても育苗空間が狭いので湿度が高くなり徒長してしまいます。
天気が良い日の日中は庭先に作った小型温室のなかに入れるようにしています。加温装置はしているのですが出来るだけ電気は使わないようにしています。今の時期なら22〜23℃くらいまであがります。
トマト苗には日中はもう2〜3℃欲しいところですが
ゆっくり丈夫に成長すれば良いと思っています。

91㎝四方の高さ176㎝の温室です、部品が足らなかった訳あり品を安く手に入れました。二年目です。

トマト苗とナスの台木トルバムビガー、ブロッコリー苗を入れています。

菜友器のカバーでは空間が狭いので寸法の合う衣装ケースを見つけてあらかじめ買ってありました。
逆さまにして被せています。底が上になっていますが30㎜の換気穴を15箇所開けています。LED照明が透るように透明のビニールを被せ換気の調整をしています。

菜友器にはドーム型に支柱を立てビニールで覆いができるようになっているのですが、もう少し空間を広くしました。これで湿度が少しは調整できるでしょう。地温はあまり変わりませんが、外の温度は少し下がります。発芽後は少し下がっても大丈夫でしょう。

菜友器はトマトの第2弾、ナス、きゅうりなど次々と活躍してもらわないといけないので、菜友器の他に日射がない日のために別に車庫内小型温室にLED照明を付ける方法を考えています。
昨年まではこんなことしてなかったんですけどね、それでも何とか良い接ぎ木苗が出来ました。
色々余計な事を考え変えていくのが楽しみで好きなんですね。いつまで出来るか分かりませんが。


11584歩

家庭菜園ランキングへ
[ 2018/02/12 04:31 ] トマト | TB(0) | CM(0)

アンパンマン機関車その後

機関車の別バージョン「アンパンマン機関車」を作っています。遅々として進みません。
最初にボイラー部分のアンパンマンの顔を作りました。

顔の部分を前にして2個の丸駒を木工ボンドで接着し、クランプで固定しています。
固まるのに24時間ぐらい必要です。

その間に別の部分を作ります。
これは運転席に当たる部分です。
窓も開けました。材料はウォールナットです。

これは土台の車体です。
これもウォールナットです。

次に後輪の大車輪を作ります。
あらかじめ赤松の角材を旋盤で丸棒にしたものを作っていましたのでそれの出番です。

丸棒直角カット治具を使ってカットします。
厚さは11㎜です。

次に車体に車軸穴を開け、その後運転席を木工ボンドで接着固定しました。
車軸穴は前輪の小車輪は車軸が3㎜なので軸穴は4㎜、後輪の大車輪は車軸が4㎜なので軸穴は5㎜です。

これも24時間ほど置きます。
徐々に形が見えてきました。



12717歩

家庭菜園ランキングへ
[ 2018/02/11 05:35 ] 趣味木工竹細工 | TB(0) | CM(0)

ジャガイモ植えつけ

昨日ジャガイモを植えました。
昨年と同じ自作残り芋です。
シワクチャになったキタアカリで
たくさん芽が伸びていたのを全部かき取り
小さな芽を少しだけ残して植えましたよ。
1週間ほど前にレタス跡を堆肥ともみ殻だけ投入耕運していました。
30〜35㎝間隔の2列植えです。畝の真ん中を割って堆肥、化成肥料、過リン酸石灰を撒き、芋の間にも同様に撒きました。
植えた後、ビニール黒マルチを掛けておきました。
来月半ばには芽が出てくると思います。
種イモは小ぶりなものばかり残していたので切らずにそのままです。


画像を撮り忘れ、これは植えた後の芋の間に肥料を入れているところです。



11702歩

家庭菜園ランキングへ
[ 2018/02/10 04:04 ] ジャガイモ | TB(0) | CM(0)

トマト苗の様子

今年は昭和精機の「菜友器」とLED照明を使っています。最初は例年通り発泡スチロール発芽器で保温し発芽直前に菜友器に移してLEDを照射しています。
128穴セルを分割して56穴2枚にそれぞれ桃太郎T93と台木のグリーンガードを播種しました。
播種は1月31日。昨年は満4日で発芽していますので
満3日までこの発芽器で40Wヒヨコ電球で保温し、2月3日に菜友器に移しました。夜間25℃、昼間30℃に設定しました。

今年も満4日で発芽しました。
設定温度がだいたい同じなので発芽積算温度が似たようになり満4日くらいになるのでしょう。

桃太郎T93です。


台木のグリーンガードです。


そろそろ小型温室へ移します。移した後もLEDで照射したいのですが設備していません。もうしばらく湿度管理に気を付けてこのまま菜友器でLED照明で育苗したいのですが、苗を150本ほど作りますのでこの作業を3回繰り返すためそろそろ次の播種をしなければなりません。


9023歩(ウォーキングカウント取り忘れ)

家庭菜園ランキングへ
[ 2018/02/09 02:37 ] トマト | TB(0) | CM(0)

もう一工夫のアンパンマン機関車

アンパンマンとはわかるのですがもう一工夫欲しかったアンパンマン機関車、一工夫しました。
目と眉毛、ほっぺの縁取りに焼きを入れました。

ふくろうストラップ作りに使用していた真鍮の丸棒と管を加工したコテです。カセットコンロで焼いて材料に当て焼き入れしました。
これでアンパンマンらしくなりましたね。



18186歩

家庭菜園ランキングへ
[ 2018/02/08 00:37 ] 趣味木工竹細工 | TB(0) | CM(0)

トマトとジャガイモ予定地耕運

今年も昨年と同様に15m畝5本にトマトを植える予定です。まだキャベツとブロッコリーが植わっている1畝を除いて1月16日に消石灰を投入して粗く耕運し、31日に2畝だけもみ殻、米ぬか、堆肥を入れ再度耕運しています。残り2畝とレタスの収穫が終わった場所にジャガイモを植えるため、ここは間もなく植えるので米ぬか無しのもみ殻と堆肥だけ投入しました。金曜日ぐらいになると気温も少し上がり風も弱まりそうなので耕運するつもりでいたのですが朝方は風もあまりなく思い切ってしたところやはり風が出てきました。寒かったのですがやりかけたので仕方ありません、9時頃から始め、終わったのは1時半頃でした。

中古のクボタ管理機、機嫌良く動いてくれます。
ミッションオイルを追加注入したせいか、ニュートラルで手押し運搬時重たくて大変でした。


13710歩

家庭菜園ランキングへ
[ 2018/02/07 02:58 ] トマト | TB(0) | CM(0)

アンパンマン機関車

子どものおもちゃ作りに試行錯誤しています。
思いつくまま下書きし試しに作って見ましたが、アンパンマンに見えるでしょうか。3歳の孫に見せるとすぐアンパンマンと言ってくれたが、もう一工夫必要ですね。
素材はブナで、ほっぺと目はウォールナットです。
口はマホガニーです。
目がもう少し縦に細長く、黒くした方が良いのですが黒い木は無くはないのですがこのように小さくするのは難しいです。眉毛が有りませんね、それとほっぺに黒い縁取りがあった方が良いですね。目と眉毛、ほっぺの縁取りは焼き入れした方がいいかも知れませんね。いずれにしてももう一工夫です。



18190歩

家庭菜園ランキングへ
[ 2018/02/06 07:32 ] 趣味木工竹細工 | TB(0) | CM(0)

ジャガイモの準備

ホームセンターには昨年の暮れから既に店頭に出ていました。直ぐ植えるわけでなく芽出ししてからなのでしょうが早いですね。畑の周りを見ても既に1月末頃に植えているところもあります。この間も植えている人がいました。私も早く植えたことはあるのですが結果は思ったほど大差はありません。毎年2月の20日前後に植えます。
今年は畑の準備が天候の関係でタイミングを失いまだ出来ていません。種イモは昨年と同じ前年の残り芋です。種イモはチャンと消毒されたものでないと病気になりやすいと言われていますが今のところ何の問題もなく一応立派なイモを収穫しています。
種イモ屋の陰謀ではないですかね。

キタアカリです。長く伸びた芽がたくさん出ていたのですが全て取り除きました。
芽出しの必要はありません。ほとんどかきとったのですが小さな芽がまだたくさんあります。
残りイモなのでシワクチャですね。
40個ほどあります。小ぶりですのでカットせず
そのまま植える予定です。



12048歩

家庭菜園ランキングへ
[ 2018/02/05 07:48 ] ジャガイモ | TB(0) | CM(0)

試行錯誤のLED照明

立春ですね。
毎年この時期にトマトやナスの播種をしてきました。マグロ運搬用の丈夫なデカイ発泡スチロールに保温電球とサーモスタットを取り付け発芽器を作って苗を育ててきました。
今年はこれに昭和精機の菜友器を併用し初期育苗にLED照明で徒長防止をしたいと思います。
が、上手くいくかどうか取り敢えずLED照明台を作り菜友器をセットしました。

120㎝の直管LED照明4本です。

ど真ん中にサーモスタットがあるのですがちょっと邪魔ですね。何度か下に敷き詰める砂の量を変え、4箇所超小型温度計を差込み試してみたのですが、砂の量は2㎝よりも5㎝ぐらいあった方がいいみたいですね。
中心と端との温度差が大き過ぎます。何度かトレイを逆に置き換えたりした方が良いかも知れませんね。

発芽はまず大丈夫と思いますが、初期の徒長がやはり心配ですね。温室ではないので湿度管理が上手くいくかどうか、もう少し試行錯誤が必要です。
1日に桃太郎T93と台木のグリーンガードを発泡スチロール発芽器に入れています。発芽直前に菜友器に移してLED照明下に置くつもりです。




家庭菜園ランキングへ
[ 2018/02/04 04:49 ] トマト | TB(0) | CM(0)

バスの作成

作りが割りかし簡単で結構人気があったバスを作ってみようと思います。在庫が切れて長くなっていました。前作よりもちょっと工夫したいですね。
手持ちの端材で色々検討してみます。
最近作は車体を2種類、木工ボンドで接着し、外材の色合いを楽しんでいます。



12003歩

家庭菜園ランキングへ
[ 2018/02/03 06:02 ] 趣味木工竹細工 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

kコチン

Author:kコチン
定年退職後、園芸と木工の日々、1948年兵庫県生まれ、同在住。
約300㎡の借り畑地でのらりくらりと菜園、特にトマトの自家接ぎ木栽培に凝っています。その傍ら端材を利用して作る過程を楽しみながらあれこれ子供のおもちゃを作り、細々とネット販売しています。
ヤフオク、メルカリ、ミンネに出品しています。「手づくり 木のおもちゃ 機関車」「手づくり 木のおもちゃ ヘリコプター」「手づくり 竹細工 クワガタ」など検索してみて下さい。

カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
fc2カウンター