FC2ブログ

菜園ときどき木工(旧おまけ人生つれづれ日記)

約1年の中断後復活、主に菜園の様子と趣味の木工を綴ります。

秋どり胡瓜 定植

昨日秋どり胡瓜を定植しました。
枝豆 月夜音の収穫跡で、耕運せず、白マルチをめくり、畝の両脇二筋に溝をつくり、堆肥と高度化成肥料を施肥後少し土に混ぜ込み、白マルチを戻して被覆しました。耕運すれば良いのですが暑くてズボラしました。前からマルチしていたので、そんなに土は硬くなっていなく、踏めばへこむぐらいのふっくらさは残っています。また隣の畝がナスで、その斜め支柱がせり出していて耕運しにくいと言うのもあります。取り敢えず言い訳はそこまでで、月夜音の植え穴、35㎝間隔をそのまま生かし17本植えました。

支柱を立てた後植えたのですが、白マルチは地温上昇を抑える効果はありますが照り返しがきつく、葉焼けする危険性があり、頂いた稲わらがまだありますので敷いて置きました。

徒長したややひ弱な苗ですが、一応接ぎ木していますので活着すれば俄然元気を出してくれるでしょう。上手くいけば10月末ごろまでの収穫を目論んでいるのですが😜。


10981歩

家庭菜園ランキングへ
スポンサーサイト



[ 2017/08/31 03:55 ] きゅうり | TB(0) | CM(0)

秋どりきゅうり苗の様子

8月10日に播種、15、16日に呼び接ぎ実施、22日に穂木の根元カットした秋どりきゅうり苗の様子です。
画像が見づらいかも知れませんが呼び接ぎなので台木、穂木ともまだ根が付いたままだったのを穂木の根元をカットしました。

接ぎ木クリップも外しました。

随分徒長した苗ですので竹串を支柱にして園芸用紙テープで結わえています。

園芸用紙テープは2種類使用しています。右側は今回初使用で良かったらこちらの方が長く割安なのでこれを使用するつもりです。


穂木の根元をカットした後、このようになってしまいました。接いだところが活着していない結果です。

今回は22鉢接ぎ木を実施して失敗はこの1鉢だけでした。



11141歩

家庭菜園ランキングへ
[ 2017/08/30 01:45 ] きゅうり | TB(0) | CM(0)

レタス間引き

8月20日に128穴分割40穴セルに播種したレタス苗、26日に間引きました。

1穴3〜5粒ほど蒔いています。

1回目は二本に間引きました。
最終的に太短いのを1本にします。

欠株なしの良い感じに育っています。



8796歩

家庭菜園ランキングへ
[ 2017/08/29 01:01 ] レタス | TB(0) | CM(0)

湯上がり娘 試し獲り

7月1日播種、8日に初生葉摘心断根挿し木した枝豆の「湯上がり娘」の試し獲りをしました。収穫適期は播種後60日ぐらいで8月31日になります。
早速いただいたのですが、味は秘伝に似ていてなかなか美味しいです。同じ枝豆の月夜音はアッサリした味だったのですが、それよりも濃い味です。
莢太りがもう少しでやはりやや早いです。

ところが、これはカットした根ですがマメ科独特の根粒菌が全然ありません。
本来なら根に空気中の窒素を取り込み小さな根粒がたくさん出来、この窒素を肥料として取り込んで成長するのですが全然見当たりません。
やはり断根はしない方がいいかもしれませんね。
莢数はこんなものかと思うのですが
比較するため何もしないのを残しておけばよかったですね。



5048歩

家庭菜園ランキングへ
[ 2017/08/28 01:28 ] 枝豆 | TB(0) | CM(0)

ニンジンの間引き

昨日14日に播種したニンジンのベタ掛け寒冷紗を外し、1回目の間引きをしました。
毎日潅水しているので雑草も元気よく発芽成長しています。
スベリヒユは成長が早く随分大きくなっています。
これは早く取らないと引き抜く時に周りの土も一緒についてくるためまだひ弱なニンジンは根こそぎ引き抜かれます。スベリヒユの根元を押さえて土がつかないよう慎重にしなければいけません。

新黒田五寸はペレット種子なのでそんなに間引がなくても草だけでいいのですが、向陽ニ号は普通の種子なのでやはり随分厚いところがあります。まだ小さいので指先で残すのと残さないのとを選り分けて取るのは大変です。

間引いた後、もみ殻を敷きリンカリ主体の液肥を薄めに与えておきました。
ニンジンはキャベツやブロッコリーのようにあまり害虫は付きません。キアゲハの幼虫ぐらいです。手で摘んで取れますので防虫ネットはしません。


12950歩

家庭菜園ランキングへ
[ 2017/08/27 02:16 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

サイフォン

昨日は疲れました。
この頃早朝の畑仕事はまずニンジンとキャベツやブロッコリーの水やりです。その後収穫ですが、ニンジンは発芽しばらくまでは乾燥禁物で朝と昼の2回、14日に播種してから毎日潅水しています。キャベツ等も18日に定植以来毎日潅水です。
畑には風呂桶を2個置いているのですが、ほぼ1週間ほどで空になってしまいます。関東や東北、九州などはところにより豪雨で川が氾濫し被害が出ているのにこちらでは全く雨が降りません。風呂桶が空になったらポリ容器で家から運ばなくてはならないのですが、稲田もすぐ水が無くなり家から運ばなくてもいいくらいの時期に水路に水を通し水田に水を入れています。このタイミングで空になった風呂桶をバケツで満杯にします。
更にナス、ピーマンやきゅうり、オクラが植わっている一筋の畝の両端の谷にバケツで水を入れ谷をほぼ満杯にし水を谷から浸透させています。
昨日はこの水路に水を通す日で、前日に水利組合長から聞いていて、その時にそんなにしんどい目をせずにガソリンポンプを使ってもいいですよと言われたのですが、同じ様に家庭菜園している方が他にも沢山おられ原則ポンプアップはダメなので遠慮しています。それならホースでサイフォンで入れたらと言った話をしたのですが、昨日、思い立ってそのサイフォンを試みました。2メートルほどのビニールホースで30㎜ほどの太めのホースですが一人ではどうしても上手くいきません。ホースに水を入れたままエイヤーとセットするのが一人では上手くいかないのです。そこへ昨日の水利組合長が来て、あー、やってんのかと言って手伝ってくれました。何度かやってみて段々コツがつかめやっと上手くいき流れ出しました。太めのホースなので結構な水量で流れます。


これなら楽なのでいつもは二筋の谷だけなのですが
今回はゴーヤや湯上がり娘、秘伝などが植わっている谷まで4筋の谷に水を入れました。

実はサイフォンが上手くいかず一旦諦めてジョロで運んで水やりしていました。
サイフォンホースをセットするのに一人で簡単に出来るよう一工夫必要です。考えてみます。
サイフォンで水を入れている間、周りの草刈りをしました。早朝5時半から9時頃まで3時間半の畑仕事です。この日は畑の中をウロウロするだけで8000歩ほど歩いていました。もうクタクタで、思い立って疲れた身体を癒しに日帰り温泉♨️に行きました。


13702歩

家庭菜園ランキングへ
[ 2017/08/26 02:10 ] 家庭菜園 | TB(0) | CM(0)

LED照明

LED照明で太短い丈夫な苗を目指します。第2弾のキャベツやブロッコリーの苗を試験的にやってみました。失敗です。キャベツは第1弾よりは徒長防止の効果はありましたが、ブロッコリーはダメですね。返って徒長し過ぎた感じです。
手前がキャベツです。向こうのヒョロヒョロとしているのがブロッコリーです。キャベツは何とかなりそうですがブロッコリーは使い物にならないでしょうね。

原因は何なんでしょう?
使ったLED照明は赤色灯165、青色灯65の全部で14wの非常に光度の弱いものです。
セル1枚のスポット照明なのでそんなに光度はいらないと思うのですが、と素人考えを巡らせています。
そこでLED電球を追加購入しました。
青色12灯で36Wを2個。
8月20日に播種した白菜に照射しました。

◯残り種子ミニ白菜24穴、
◯ちゃぼ白菜24穴
◯冬峠(5〜6穴)
◯黄芯90日型18〜19穴 冬峠と合わせて24穴
72穴セルに播種、全て2粒蒔き。
脚立を利用して照射しています。午前中の7〜8時間だけ照射します。自然光を補う形です。午後は外に出し直射日光に当てます。


真ん中に赤色青色混色のLEDを置き両端に青色灯のLEDをやや内側に照射する様角度をつけています。


播種後発芽までは自然光のままで1日半で発芽しかけたので照射を始めました。
今のところ徒長はしていません。双葉の色も濃厚な緑色で肉厚です。
播種時の潅水は底面潅水で充分行い、発芽後2〜3日は潅水せず、その後潅水は底面潅水をサッと行い上からの潅水もサッと済ます程度で朝照射前にします。夕方はややしんなりするぐらい乾燥気味を徹底しています。



17896歩

家庭菜園ランキングへ
[ 2017/08/25 01:01 ] ハクサイ | TB(0) | CM(0)

鴨頭ネギ

何と読むんでしょうかね、調べるとカモガシラみたいですね、苗字にもあるみたいです。
こちらはネギの品種名です。普通の葉ネギです。
8月13日に200穴セルに播種しました。
1穴に3〜5粒ぐらい、もう少し多いかも知れません。ネギの種子は小さいので指でつまんで蒔いても上手く均一に蒔けません。適当です。
4日後の17日に発芽を確認しました。
今は直射日光下に出しています。

3〜4日前に撮った画像で今はもう少し大きくなっています。



7257歩

家庭菜園ランキングへ
[ 2017/08/24 01:57 ] ネギ | TB(0) | CM(0)

フリフリッカー発芽

20日に播種したフリフリッカーが発芽しましたね。
播種後2日目で発芽です。
以前は冷蔵庫で一晩寝かしたり、キッチンペーパーを湿らせて包み冷蔵庫に入れたりしましたが
余計なことはしなくても難なく発芽しました。
3〜5粒蒔きですのでこれから間引くのが大変ですよ。

※レタスの話でした。


11047歩

家庭菜園ランキングへ
[ 2017/08/23 02:52 ] レタス | TB(0) | CM(0)

フリフリッカー

レタスの品種名です。白菜と合わせて一昨日播種しました。
128穴分割セルで40穴です。
1穴3〜5粒蒔きです。
レタスの種子は好光性ですので覆土は薄くしました。車庫の日陰で発芽を待ちます。



5167歩

家庭菜園ランキングへ
[ 2017/08/22 03:09 ] レタス | TB(0) | CM(0)

白菜播種

昨年も20日に白菜を播種し結果良かったので今回も昨日の20日に播種しました。
◯ミニ白菜 昨年の残り種子 24穴
◯ちゃぼ白菜 24穴
◯冬峠 これも昨年の残り種子 6穴
◯黄芯90日型 18穴
72穴セルトレーに播種しました。1穴2粒です。


昨年は播種後2日で発芽しています。


8475歩

家庭菜園ランキングへ
[ 2017/08/21 03:57 ] ハクサイ | TB(0) | CM(0)

接ぎ木 その後の様子

秋どり胡瓜の接ぎ木をしています。
第3弾のきゅうりですが、第2弾は断根挿し接ぎに失敗したため今回はやや面倒ですが比較的成功率が高い呼び接ぎにしました。
台木穂木とも8月10日に播種、15、16日の二回に分けて呼び接ぎを実施、3〜4日後の様子です。
1週間ほどで活着するのですが、接ぎ木後初めて日陰から日向に出しました。22鉢とも今のところ元気です。

もう3〜4日で穂木の生え際をカットする予定です。カット後穂木が萎れてきたら接ぎ木失敗、何の問題も無く元気であれば成功です。



11752歩

家庭菜園ランキングへ
[ 2017/08/20 01:21 ] きゅうり | TB(0) | CM(0)

秋冬野菜定植

昨日第1弾の秋冬野菜苗を定植しました。
7月24日に播種したキャベツ「早生キャベツ」「おきな」「雪みどり」、ブロッコリー、茎ブロッコリー、カリフラワーの6種46株です。徒長しまくったヒョロヒョロ苗ですが何とかなるでしょう。株間30㎝の1条植えです。十分2条植えできるのですが、トンネル防虫ネットをしますので丈が大きくなっても網につかえることがない様中心に植えました。
まだ黒マルチでは照り返しで葉焼けするので第1弾だけは白マルチです。第2弾やダイコン、白菜等は9月中頃以降になるので予定地は黒マルチをしています。

徒長した貧弱な苗です。いつもの事ですから多分
圃場に出したら大きく成長してくれるでしょう。
苗の徒長は長年の課題で、現在LED照明を使った徒長防止を第2弾で実施しています。

防虫ネットを張りました。

僅かな隙間も出来ない様洗濯バサミで裾を抑えています。



5554歩

家庭菜園ランキングへ
[ 2017/08/19 08:07 ] 家庭菜園 | TB(0) | CM(0)

秋冬野菜準備

一昨日トマト跡残りの3畝に黒マルチを張りました。前日に少しだけ雨が降ったのでマルチ掛けしたのですが予報ではもう少し多く降る予報だったのですがお湿り程度でした。仕方なく貼る前にジョロで潅水、湿らせてから張りました。


これでキャベツ、ブロッコリー、白菜、ダイコンなどの準備完了です。


7348歩

家庭菜園ランキングへ
[ 2017/08/18 01:34 ] 家庭菜園 | TB(0) | CM(0)

秋どり胡瓜の接ぎ木

8月10日に播種した秋どり胡瓜の接ぎ木をしました。一昨日と昨日の2回に分けて実施。
台木のスタークと同時に播種したのですが、台木の方が早く大きくなり過ぎています。
今回できゅうりは第3弾になりますが第2弾は断根挿し接ぎに失敗し予備の実生にしましたが
今回は安全な呼び接ぎにしました。少し面倒ですが。
右が穂木の秋どり胡瓜、左が台木のかぼちゃのスタークです。今回台木のスタークは播種時、万力で殻にヒビを入れました。発芽がよく揃いました。

右が台木、左が穂木。どちらも徒長しまくりです。挿し接ぎなら問題ないのですが、呼び接ぎの場合はやはり成長が揃っていた方がしやすいです。
穂木を2〜3日早く播種した方がいいみたいですね。

台木の成長点を取り除きます。

成長点をカットしました。丁寧にもう芽が出て来ない様にカットしましたがそれでも出てきます。台ですからその都度取り除きますが。

台木のつなぎ部分を斜めに3㍉ほど茎の半分ぐらいまで切り込みます。

同様に穂木も斜めに切り込みます。穂木は切り込みが逆方向になります。

ウリ科用の接ぎ木クリップでつないだところを留めます。留たところのアップ画像を撮ればいいのですが一人でやってますので片手では出来ません。
それぞれの切り込みを差し込んでつなぎます。

二日に分けて22鉢作りました。そのうちいくら使い物になるでしょう。今のところ一昨日に接ぎ木したものも萎れることなく元気です。台木も穂木も根が付いたままの呼び接ぎなので成功率は高いはずです。接ぎ木後の養生も特にしません。日陰に置いておくだけです。1週間ほどで接ぎ木部分が活着しますので穂木の根元をカットします。



9311歩

家庭菜園ランキングへ
[ 2017/08/17 01:33 ] きゅうり | TB(0) | CM(0)

向陽ニ号、新黒田五寸

一昨日ニンジンを播種しました。
昨日の天気予報が雨だったのでタイミングとしては
その前に播種が得策です。ニンジンの発芽はデリケートで乾燥は禁物です。発芽までは毎日水やりは欠かせません。昨日の雨以降しばらく曇りがちの予報なので急遽その前の播種にまりました。
品種は向陽ニ号のペレット種子700粒、新黒田五寸の1400粒。実はこんなに蒔くつもりはなかったのですが、どちらかを先に買ったのを忘れて買ってしまいました。来年では発芽率が落ちますので両方とも播種する事にしました。

場所はトマト跡ですが、ニンジンは肥料、特に窒素肥料が多すぎると発芽率が悪くなるのでこの畝だけ
元肥を控え目にしています。PH調整は苦土石灰にせず施肥後すぐ播種可能な有機石灰(牡蠣殻石灰)にしています。またマルチでは播種しにくく、また元肥を少なくしているので、追肥と土寄せがしやすい様、この畝だけマルチングなしです。
支柱で蒔き溝を作ります。2条蒔きです。播種前に潅水するのですが潅水前にしないと、水やりしてからでは支柱に湿った土がついて上手く溝がつきません。

蒔き溝を付け潅水後播種しました。画像で分かりにくいですが白い粒がペレット種子の向陽ニ号です。
だいたい1〜1.5㎝間隔で蒔いています。発芽したら
最終的には10㎝間隔ぐらいに間引きます。
新黒田五寸はペレットではないので、適当にパラパラ蒔きです。だいたい15mぐらいの畝の半々です。
新黒田五寸の方が倍ぐらいの密度です。

播種後種まき培土を薄く種子が見えるか見えないかぐらいに被せていきます。
ニンジンは好光性の種子で発芽には光が欠かせません。覆土を厚くすると発芽率が落ちます。
薄く覆土した後、板切れで軽く押さえます。種子が土に馴染ませるのと潅水時に流れないようにするためです。この後潅水し寒冷紗をベタ掛けします。乾燥防止のためです。ニンジンの場合は播種後の日除けは欠かせません。



8971歩

家庭菜園ランキングへ
[ 2017/08/16 01:09 ] ニンジン | TB(0) | CM(0)

排水溝の整備

排水溝の整備と言っても水の落とし口までの畝谷の整備です。先だっての台風の時排水がうまく行われず長い間谷に水が溜まった状態でした。草も大分生えており、翌日(今日)以降2〜3日雨模様なので、雨が降るとしばらく作業が出来なくなります。
大きな田んぼの一角を使用し、しかも便利なように道路脇を使用しているため落とし口まで大分あります。80mぐらいはありそうです。

草を刈り、谷の土を上げて流れやすくしました。

畝端を更に落とし口まで右に折れます。

落とし口です。雨水の流れる道筋を1本通しておかないといつまでたっても乾きません。


結構疲れる作業で腰が痛くなります。
着ている長袖シャツを絞れば汗が滴るほど汗でビチャビチャです。水シャワーを浴びスッキリしました。この頃朝方の2〜3時間畑仕事をした後は水シャワーでスッキリすることにしています。洗濯が大変でしょうが。


13011歩

家庭菜園ランキングへ
[ 2017/08/15 00:39 ] 家庭菜園 | TB(0) | CM(0)

トマト跡施肥耕運

昨日から二日間かけてトマト跡を施肥耕運しました。元肥は堆肥、化成肥料、苦土石灰を施肥。明日から2〜3日雨模様なので、今のうちに耕運し畝作りをして置いて、雨が降って耕土に水分をタップリ吸収させた後乾燥防止のためマルチをする予定です。
小型管理機での作業で一畝に何回も往復して耕します。最初正回転の浅耕で2往復ぐらい、その後逆回転の深耕で2往復ぐらいします。
機械が小さいので結構腕の力が要ります。

二日かけて畝立てが完了しました。
キャベツ、ブロッコリー、ダイコン、ニンジンや
春菊、ほうれん草など葉物野菜を植える予定です。

二日間ですが作業は朝方3時間ほどです。


13446歩

家庭菜園ランキングへ
[ 2017/08/14 11:16 ] 家庭菜園 | TB(0) | CM(0)

トマトの撤収 その4

トマトの撤収作業がまだ続いています。
昨日は畝上に置いていた支柱を14〜5本ぐらいにまとめて結束し、支柱置場に積み上げて置く作業と
敷き藁のカットです。小型管理機での耕運のため
腐食しているとは言え長い藁のままではそのまま残ってしまい耕土に混ざりません。面倒ですが押し切りでカットします。燃やしてしまえばいいのですが
土壌改良にいいので面倒でもコツコツカットしました。
この支柱を束にします。

約200本の支柱を14〜5本づつ束にし、積み上げています。

次に敷き藁が風で飛ばないよう抑えていた針金などを取り除きます。

この敷き藁抑えも結構な量です。

敷き藁を押し切りでカットします。
「押し切り」懐かしい道具ですね。
昔農家には必ずありましたね。牛の餌作りとか牛舎の敷き藁カットなどに使っていましたね。
土壁に練り込む藁作りにも使っていましたね。
今もホームセンターにあるので買ったのですが
今は何に使うのですかね。

このカット作業、延々と続けました。
あとは元肥を施肥後耕運です。
やっと撤去作業終わりました。


8880歩

家庭菜園ランキングへ
[ 2017/08/13 00:48 ] トマト | TB(0) | CM(0)

トマト撤収 その3

トマトの撤収作業が随分長くかかっています。
その間台風があり谷に水が溜まったりしばらく作業が出来ませんでした。昨日支柱の撤去作業を開始。
結んでいる紐を丁寧に外します。
再利用するためです。

支柱を立てる時は一生懸命ですが
撤去作業はしんどいものです。


本日はここまで、熱中症になるので作業中断。


6734歩

家庭菜園ランキングへ
[ 2017/08/12 00:46 ] トマト | TB(0) | CM(0)

黒種衣笠 秋どり胡瓜 台木スターク

インゲン豆「黒種衣笠」と秋どり胡瓜、台木スタークを播種しました。いずれも時期的にギリギリです。インゲン豆はつるありで第3弾です。きゅうりも第3弾です。接ぎ木にする予定ですが、第2弾が接ぎ木に失敗し予備の実生にしたため、今回も予備として倍蒔きました。

黒種衣笠は7.5㎝ポリポット24個、秋どり胡瓜は分割128穴セルに48粒、台木のスタークは分割72穴セルに24粒播種。

台木のスタークは台木専用のかぼちゃなのですが
発芽を揃えるため殻にヒビを入れました。ペンチですると勢い余って潰してしまうので万力でピッとヒビが入るまで締め付けます。


これで上手くいけば時期はずれのインゲンときゅうりが楽しめるはずです。


5697歩

家庭菜園ランキングへ
[ 2017/08/11 02:38 ] 家庭菜園 | TB(0) | CM(0)

くり太郎定植

かぼちゃの「くり太郎」を定植しました。
7月25日播種してから15日目です。
徒長しまくっています。気をつけていたのですが何が原因なのかよくわかりません。
13粒播種して発芽したのが12粒、1つだけ不良苗で定植したのは11本です。
トウモロコシ跡に植えました。黒マルチをし、トウモロコシの残渣を並べています。乾燥して嵩が随分小さくなっていますが黒マルチの日焼け防止になるでしょう。1m間隔で植えました。
親蔓と小蔓1本の2本仕立てにする予定です。



かぼちゃ栽培としてはギリギリの時期です。
無事冬至かぼちゃが食べられますように。


11994歩

家庭菜園ランキングへ
[ 2017/08/10 01:14 ] カボチャ | TB(0) | CM(0)

台風被害

大丈夫と思っていた台風の被害、昨日の朝、畑の様子を見に行くと、第1弾きゅうりとゴーヤが見事に倒れていましたね。北北東の方角に倒れているから風は南南西から吹いたようです。と言うことは台風が琵琶湖周辺に進んだ時の吹き戻しの風で倒されたみたいです。ほぼまともに横から受けたみたいで、第1弾きゅうりは接ぎ木苗で、しかも2条植えのためよく葉が茂り風が通らないので耐えられなかったのでしょう。隣の畝の秘伝に覆いかぶさるように倒れているので、すぐ作業にかかりました。
きゅうりは接ぎ木苗のため最盛期は過ぎましたがまだまだ収穫が見込めそうだったのですが、根っこが浮き上がっており、修復は断念、撤収することにしました。ゴーヤは根っこは大丈夫な様なので起こして補強しました。
第2弾きゅうりもやや傾いており、これも起こして補強修復しました。
50㎜ほど降っており谷は水浸しです。
※画像撮り忘れ。



14663歩

家庭菜園ランキングへ
[ 2017/08/09 00:29 ] きゅうり | TB(0) | CM(0)

品質が良い第2弾水ナス

第1弾接ぎ木水ナスは秋ナスに向け更新剪定したので収穫はしばらくお預けですが、第2弾の水ナスが最盛期を迎えています。第2弾は実生ですが、植えている場所が昨年新たに開墾?して追加した畝で全く新しい土地です。艶が良く良い品質のナスが収穫出来てます。


柔らかくて美味しいですね。
色んな食べ方をしていただいて楽しんでいます。
糠漬けなどは最高です。


4365歩

家庭菜園ランキングへ
[ 2017/08/08 00:14 ] ナス | TB(0) | CM(0)

トマト撤収 その2

引き続きトマトの撤収作業です。
昨日は残渣を段ボール箱に詰めました。
台風が近づいているので、雨が降るとせっかく乾いた残渣が濡れてしまい、また排水が悪い畑なのでしばらく作業出来なくなります。

段ボール箱は出来るだけ多く詰められるよう
蓋の部分の四隅をグァムテープで留めています。

同時に草も引いたので綺麗になりました。
黒マルチのところがまだ残っていますが
夕方涼しくなってから、と言っても涼しくないですが作業は完了しました。

持ち帰った残渣をゴミの日に出します。
夕方の分を合わせて14〜5杯です。

台風で雨風が予想されますので、ナスの枝の支柱結わえやオクラの倒伏防止柵をしました。
また粒状化成肥料をナス、きゅうり、オクラ、ゴーヤの畝にパラパラ撒き、谷にも撒きました。
雨前にやると溶けて効果があります。


2245歩

家庭菜園ランキングへ
[ 2017/08/07 01:32 ] トマト | TB(0) | CM(0)

トマト撤収

トマトがいよいよ終わりました。まだいくつかあるのですが秋冬野菜の準備をしなくてはならないので撤収する事にしました。
撤収前の様子

まず防鳥網を外しますが、ところどころくくっている紐を取ります。その後上下に通し紐があり、これは再利用出来ますので、丁寧に外します。その後網を外します。網は再利用出来ません、以前にこの網にカラスが絡まり死んでいたことがありました。賢いカラスでもこんな網に引っかかるのですね。今回撤収する時にも椋鳥が引っかかっていました。

網を取り除いた後、トマトを支柱に結わえている紐を外します。この紐は百均のではなく、少し高級なものです。百均のは劣化が激しくボロボロになって撤去時に畑に残り、あまり良くありません。2〜3年は持ちますので再利用するため丁寧に取ります。このため団子結びにせず、外しやすいように全て蝶々結びにしています。

紐を外した後、株を引き抜き剪定バサミで段ボール箱に入る大きさにカットします。畑の真ん中ぐらいに集めて乾燥させ燃やせば良いのですが、付近に稲やビニールハウスがあり、地主が焼却を嫌がるので面倒ですが乾燥させ、嵩を低くして段ボール箱に詰めゴミ出しします。

今日はここまで、この頃作業は朝の7時過ぎごろまででそれ以降は暑くて熱中症になります。が8時半になってしまいました。
作業中に気が付き画像を残しておきます。接ぎ木した後の穂木の再利用苗を更に接ぎ木したもので、双葉から二本新芽が出たツートップ苗です。遜色無くそれぞれの枝とも5段ぐらいまで収穫出来ました。一株で約2倍収穫出来たことになります。ただ実がやや小振りです。また普通の苗に比べて尻腐れが少なかったようです。



5952歩

家庭菜園ランキングへ
[ 2017/08/06 03:54 ] トマト | TB(0) | CM(0)

谷水 2回目

7月30日に土用干しが終わり田に水入れに合わせて水路の水を汲み出し谷に水を入れましたが、昨日は再び水入れしたので2回目の谷水をしました。
波板の先を丸めて紐でくくり、バケツで100杯ぐらいは汲んで流しました。
こんなしんどい力仕事せずポンプアップか
水口から水を誘導すれば良いのですが、私は畑を借りている身で農業用水の利用については微妙に難しい問題があり、もともと健康のために家庭菜園しているので面倒なことは避け、可能な範囲で力仕事しています。

谷水したのは一つの畝の両谷だけで、切り戻しした一番手ナス、ピーマン、二番手ナス、二番手きゅうり、二番手オクラが植えてあります。
この谷には1回目の谷水した後、化成肥料を撒いて追肥したので吸収が良くなるはずです。


10881歩

家庭菜園ランキングへ
[ 2017/08/05 01:12 ] 家庭菜園 | TB(0) | CM(0)

ズッキーニ、網干メロン、加古川メロン撤去

ズッキーニはまだ実は沢山出来るのだが受粉しても大きくならず、株元が腐りかけているのでこれ以上収穫は期待できないので撤去することにしました。
網干メロン、加古川メロンもほぼ収穫が終わったのでこれも撤去しました。網干メロンは沢山出来るのだが小さな実ばかりで直売所で売ってるような立派なものは出来なかった。加古川メロンは網干メロンほど数は出来ないが大きくて実も柔らかく糖度も高くて良いものが収穫出来ました。来年植えるとしたら加古川メロンだけにした方が良さそうです。
※画像撮り忘れたので後日添付。

6463歩

家庭菜園ランキングへ
[ 2017/08/04 00:39 ] 家庭菜園 | TB(0) | CM(0)

月夜音収穫真っ最中

第2弾の枝豆「月夜音」の収穫適期になりました。
5月17日ポリポットに播種。
6月3日定植 初生葉摘心のツートップ苗にし、1ポット2株、中央1条植え、株間35㎝。
7月29日初収穫。
第1弾はうどん粉病に悩まされたが第2弾は大丈夫であった。生育後半になって降雨不足で葉が黄変し始めたが何とか収穫出来るようになりました。
月夜音と言うロマンチックな名前ですが
極く普通の枝豆でビールのつまみに楽しんでいます。

ツートップ苗を1箇所2株、全部で17箇所植えています。2箇所づつ収穫し、今回で3回目の収穫です。あと、5〜6回楽しめそうです。


24468歩

家庭菜園ランキングへ
[ 2017/08/03 02:11 ] 枝豆 | TB(0) | CM(0)

湯上がり娘 開花

枝豆「秘伝」の予行演習として「湯上がり娘」の初生葉摘心断根挿し木をしてきましたが一応順調で開花を確認しました。
6月30日播種
7月8日初生葉摘心断根挿し木
7月16日定植
7月31日開花


湯上がり娘は収穫適期が短いそうです、外すと極端に味が落ちるらしいです。
開花後30日ですので8月30日頃が収穫適期です。


11623歩

家庭菜園ランキングへ
[ 2017/08/02 02:20 ] 枝豆 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

kコチン

Author:kコチン
定年退職後、園芸と木工の日々、1948年兵庫県生まれ、同在住。
約300㎡の借り畑地でのらりくらりと菜園、特にトマトの自家接ぎ木栽培に凝っています。その傍ら端材を利用して作る過程を楽しみながらあれこれ子供のおもちゃを作り、細々とネット販売しています。
ヤフオク、メルカリ、ミンネに出品しています。「手づくり 木のおもちゃ 機関車」「手づくり 木のおもちゃ ヘリコプター」「手づくり 竹細工 クワガタ」など検索してみて下さい。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
fc2カウンター