FC2ブログ

菜園ときどき木工(旧おまけ人生つれづれ日記)

約1年の中断後復活、主に菜園の様子と趣味の木工を綴ります。

ガレージセール

トマトが最盛期になりつつあります。特に第1花房の実は尻腐れも少なく大きなものが多いです。毎年娘達やお裾分けするところは一通り終わりました。それでも沢山あり捌き切れないのでガレージセールをしています。昨日の収穫トマト等も木工作業台の上に並べてガレージセールしました。

トマトはだいたい3個、小さいものは4〜6個で100円です。種子代と肥料代の一部にはなるでしょう。
甘くて美味しいと喜ばれています。自作肥料に工夫と自慢しています。




12822歩
スポンサーサイト



[ 2017/06/30 05:54 ] トマト | TB(0) | CM(0)

トマトの思い出⓶

昭和20年代後半のトマトの促成栽培の様子を綴ってきました。今回はその続きです。
前回は苗床作りでした。今回は圃場の温室作りです。今は温室と言えばほとんどビニールパイプハウスです。組み立ても業者さんがきて比較的簡単に組み立てられます。ビニールも品質が向上し5〜6年は持つみたいです。
私の記憶の温室は畳1畳ほどの大きさの木枠に何箇所か桟がありビニールを張って割竹を釘で止めたビニール板をおそらく何百枚もあったと思う、圃場にビニール板を嵌め込む骨組みを材木で組み立て、この骨組みにビニール板を張り付けていました。気の遠くなるような作業です。ビニール板は一度作れば何年かは持ちますが組み立て解体は毎年していました。台風のような風の強い日もあったと思うが壊れたのを見た記憶はないのでさぞ苦労して頑丈に作ったのだろうと思う。
次回は苗作りです。




13213歩
[ 2017/06/29 04:00 ] トマト | TB(0) | CM(0)

雨の止み間に収穫

好評のトマト、最盛期に入りつつあります。一日置くと沢山になり過ぎます。上の娘の所へ第2陣を送ることにしました。途中雨が降ってきたので良いものだけサッサッと取ってきました。

ついでに鈴なりのミニトマトの画像です。
数えたら一房に27個成っています。





8193歩
3895歩
[ 2017/06/28 09:01 ] トマト | TB(0) | CM(0)

トマトの思い出①

物心ついた頃には既にあった光景なので幼稚園児ぐらい、60年以上前の記憶である。昭和20年代後半頃か。「かど」と言っていた家の外庭、農家の作業場みたいなところである。かどの隅に小高く畑土が盛ってあった、よく遊んだものである。時期的にはいつ頃か?12月?ひょっとしたら年明けかも知れない。冬の北西風を遮断するため「かど」の北西隅に「なる」と言っていたが、長さ3m、太さ15㎝ほどの稲木を組んで高さ3〜4mほどの柵を作り、この柵に藁束を括り付け直角に10m、10mの長さ20mほどの藁柵を作っていた。ここに盛っていた畑土でトマトの苗床作るのである。「かど」の南東隅には藁と多分牛糞と馬糞、当時牛と馬がいた、を積み上げた堆肥があった。幅2m、長さ4〜5m、高さ40〜50㎝の木枠を二箇所作り、この中へ畑土と堆肥と藁を交互に重ね、一番上に畑土を多く入れて苗床を作っていた。この木枠に寸法に合った1畳ほどのこれも木枠で作ったビニール蓋を被せていた。堆肥と藁の積み重ねで発酵熱が生じ、トマトが育苗出来るぐらいだから真冬の夜間でも地温が15℃以上は確保出来たのだろう。続きは他日。



12336歩
[ 2017/06/26 01:47 ] トマト | TB(0) | CM(0)

水ナス接ぎ木苗の様子

6月21日に実施した水ナス、今日で4日目です。
だいたい接ないでから4日目ぐらいからボチボチ外気に慣れさせます。今日は朝から養生箱の発泡スチロール発芽器の蓋を開けることにしました。加湿用の洗面器も取ります。
今のところ順調のようです。

失敗した時用に実生苗を捨てずに置いてあります。


ちなみに第2弾のきゅうりの接ぎ木苗、
残念ながら大失敗です。
これできゅうりの接ぎ木は四葉胡瓜、Vシャインと二回続けて失敗しました。前回の失敗は穂木が十分に成長していなかったのが原因で、今回は台木のかぼちゃの発芽に失敗したのと、養生の失敗です。台木の発芽不良は水のやり過ぎでタネが腐っていました。何とか発芽した3個を接ぎ木したのですが、4〜5日して養生箱から出したのですが、忘れてしまい一日中釣りをしていたので帰ったら画像の通りです。養生箱から出す時は1〜2時間おきに様子を見ながら出したり入れたりします、場合によっては霧吹きしたりこまめに対処しなければならないのですが、これも失敗でした。


※きゅうりの接ぎ木は苦手です、失敗が多いです。ナスも時々失敗します。トマトはあまり失敗はしません。また今の時期に接ぎ木するより3月頃保温しながら接ぎ木する方が成功率が高いです。多分サーモスタットで温度管理しますのでほぼ一定に温度が保たれるためだと思います。



13735歩
[ 2017/06/25 06:27 ] ナス | TB(0) | CM(0)

今日の収穫

昨日は早朝から夕方迄一日中釣りをしていたので畑へは言っていません。ズッキーニの雌花は多分未受粉のまま終わったと思います。
今日は収穫を1日見送ったのでトマト、きゅうりは沢山あるはずです。

トマトは段ボール箱ほぼ一杯です、きゅうりは買い物カゴの半分くらい、ズッキーニがとてつもなく大きくなっていました。聞くところによると果菜類はでかく成りすぎると味が落ちると言われますがズッキーニは馬鹿でかくなっても味がおちないそうです。ワザワザ大きくする人がいるとか、本当かな?
その他にインゲンがまだひつこく成っています。オクラ、ナス、ピーマンが少しづつ。トウモロコシが4〜5本。トウモロコシはお裾分けように良いものを少し置いているのですが、やや採り頃を失しています。今自家用に少しづつ二番成りを食しています、二番成りでも実が詰まっていて結構美味しいです。

本日トマトの初ガレージセールをしました。
30分ほどで売り切れです。




5038歩
21171歩
[ 2017/06/24 13:26 ] 家庭菜園 | TB(0) | CM(0)

今日も早朝5時から収穫

昨日は久しぶりの雨で野菜たちは大喜びだと思う。今日は収穫を1日休んだので少し多めにあった。

段ボール箱にはトマトとズッキーニ、ズッキーニは3本です。最盛期はどうやら過ぎたようです。3株あるのですがもう一株に10本以上は採っていると思います。支柱で支えているのですがもう50㎝以上になり先細りしてきました。それでもまだ毎日2〜3本はあります。今日も3個受粉しました。雄花が無かったので、かぼちゃの雄花を代用しました。
段ボール箱のズッキーニの下のトマトは尻腐れのトマトです。この頃沢山尻腐れがあります。長いこと雨が降って無かったので土中からのカルシウム吸収ができなかったのでしょう。カルシウム分は気を付けて不足しないよう施肥しているのですが水分と一緒に吸収するので土中にカルシウムがあっても雨が降らないと吸収出来ません。このためことしは例年より多いです、残念ですが。
インゲンがそろそろ終わりなのですがたくさんありました、中レジ袋にほぼ一杯です。
その他にナス2〜3個、ナスはまだ一番成りの摘果ナスです。オクラ2個、きゅうり14〜5本、トウモロコシ3個です。トウモロコシは沢山収穫出来るのですが一度に沢山収穫しても捌き切れないので少しづつにしています、適期を逃しますが仕方ないです。
※電子レンジでチンして冷凍すればどうかな?ふと思いました。しかし冷凍庫に沢山入らないか・・・。



12887歩
[ 2017/06/22 06:56 ] 家庭菜園 | TB(0) | CM(0)

秋ナス用 水ナス第2弾

そろそろ収穫し始めている第1弾の水ナスを一通り収穫した盆前に枝を刈り込み秋ナスという方法もあるのですが、初めから秋ナス用に栽培した方が良い品質のものが採れるような気がします。昨年もそうしました。
台のトルバムビガーは5月24日に播種して実に49日めである、穂木の水ナスは遅れること22日、5月25日に播種しました。穂木はもう少し早く播種した方がよかったですね。台のトルバムビガーの方が太くややアンバランスになっています。
ただトマトのようにチューブで接ぎ木する場合は台木穂木とも同じぐらいの太さでないと接ぎ木出来ませんが、ナスは割り接ぎしますのでどちらかと言うと台の方がやや太めの方が接ぎ木しやすいです。
右が穂木の水ナス、左が台のトルバムビガー

トルバムビガーです。

トルバムビガーのアップです、トゲトゲが沢山あります。いかにも野生種のようで力強い感じですね。
圃場に出すと本領を発揮し、谷を越えて隣の畝まで根を張ります。収穫が終わって片付ける時、株を引き抜くのに苦労します。バリバリバリと言う感じで根っこを引き抜きます。

穂木の水ナスです。

接なぎました。台をカットし、軸を縦に切り込みをいれます。穂木は双葉の上をカットし、楔形に切り台木の切り込みに挿し洗濯バサミの様なホルダーで留めます。ぐらつかない様に竹串を刺します。

接ぎ木部分と穂木の葉にスプレーで湿らせます。

発泡スチロール発芽器を転用してこの中で接ぎ木後4〜5日ほど養生します。
暖かい時期ですので保温はしません。洗面器に水を張り湿度を上げます。

発泡スチロール発芽器です。

ほぼ真っ暗にし、4〜5日このままにします。
その後様子を見ながら外気に慣れさせ、萎れることが無くなったら接ぎ木成功です。





7328歩
2715歩
[ 2017/06/21 10:36 ] ナス | TB(0) | CM(0)

下葉かき

風通しを良くするためトマトの下の葉を取りました。
作業前


作業後





4414歩
[ 2017/06/19 01:35 ] トマト | TB(0) | CM(0)

水に苦労します

この辺りでは毎年6月10日に池の水門を開け水田に水を入れます。コメ農家は代掻きをし田植えをします、この時期になるとたびたび水路に水が流れます、我々農地を借りて家庭菜園をしているものにとって水が確保が楽になります。しかし一向に雨が降らずいくら水路に水が流れるといってもそうたびたびではないので大変です。昨日まで2個の風呂桶が空で畑もカラカラでした。今日は水田の水かさが少なくなったので水入れをするみたいで当番の人が朝早くから田んぼを見て回っていました。やがて水路に水が流れ出したので、風呂桶を満杯にし、更に植わっているもの全部潅水しました。5時から8時半までの3時間半の重労働です。
このバケツで水路から運びます、15㍑入りのバケツですから15㌕を何十回も往復します。

2個の風呂桶を満杯にしました。

池に近い上から順番に水路を堰き止めて水を入れていきます。隣の畑まで水が来ました。

ここからバケツで向こうの風呂桶まで運びます。

風呂桶を満杯にした後作物全部に如雨露で汲んで潅水しました。
この作業だけで何と万歩計は9600歩をカウントしました、ビックリです。




16047歩
[ 2017/06/18 09:24 ] 家庭菜園 | TB(0) | CM(0)

第2弾インゲン定植

今日はインゲンを植えました、2回目です。
1鉢2本の12鉢、50㎝間隔の2条植えです。
もう蔓が伸びかけていますので支柱も立てました。







9892歩
[ 2017/06/17 07:39 ] インゲンマメ | TB(0) | CM(0)

本日の収穫

この頃毎日何か少しづつ収穫しています。
今日の収穫です。
トマト、きゅうり、インゲン、ズッキーニ、ナス、枝豆、トウモロコシです。



[ 2017/06/17 07:34 ] 家庭菜園 | TB(0) | CM(0)

ズッキーニに支柱

ズッキーニはかぼちゃの仲間ですが蔓ではありません。しかし70〜80㎝ぐらい茎が伸びます。かなり伸びて来ましたので支柱で支えてやることにしました。
三株あるのですがほぼ毎日受粉し収穫しています。
もう一株につき10個ぐらいは収穫したでしょうか。
この頃朝食のトーストに輪切りを乗せて食べてます。サクサクして美味しいです。





8675歩
[ 2017/06/16 00:56 ] ズッキーニ | TB(0) | CM(0)

トマトの支柱補強

トマトが大きくなるに連れ風を受ける抵抗が大きくなります。毎年かなり頑丈に支柱を立てているのですが、今年は一条植えのため支柱が直立で、斜めに二本交差支柱は所々しかしていません。
風力7〜8程度の風のやや強い日はしょっ中あり、それでもやや北側へ傾きかけている箇所があります。
台風並みの風でも倒れないよう補強することにしました。
三箇所、5本の畝の支柱を繋ぎました。
手で揺さぶってもビクともしません。
これで台風並みの風が吹いても多分大丈夫でしょう。





16212歩
[ 2017/06/15 02:23 ] トマト | TB(0) | CM(0)

きゅうり成型ケース

色々な型があるようですが持っているのはハート型と星型です。きゅうりがまだ小さい内にケースの中にはめ込みケースの型に強制的に大きくさせるものです。
ハート型1個と星型2個です。

これはハート型

開くとこうなります。

これは星型

孫のところへ行ってしまって切り口の画像がありません。




13785歩
[ 2017/06/14 00:38 ] きゅうり | TB(0) | CM(0)

トウモロコシ試し採り

一昨日トウモロコシを2個試し採りしました。若干早いとは分かっていたのですが待ちきれず採ってしまいました。

電子レンジでチンしました。
まだ先端の実が白いですね。やはり少し早いようです。色々方法はあるようです。皮付きまま茹でる、皮を剥いて茹でる、皮付きまま電子レンジでチンする、薄皮一枚残してチンする、皮を全部剥いでチンする、ラップしてチンする等々。
我が家は皮付きまま700Wで3〜4分チンします。

甘くて美味しいですね。生食も美味しいです。




10272歩
[ 2017/06/13 01:55 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

トマト初収穫?

この頃雨の日以外はほぼ毎日早朝5時過ぎには畑に行っています。ズッキーニとかぼちゃの受粉作業と収穫です。ズッキーニ、きゅうり、インゲンはほぼ毎日収穫があります。昨日トマトを1個だけ赤いのを発見しました。トマトは初なので喜び勇んとったのですが、どうも虫に喰われて傷ついたものみたいです。トマトは尻腐れのものとか虫喰いなど何らかの事情で傷んだものは早く赤くなるみたいです。傷ついたので本能的に早く種を作らねばと言う事なのでしょうか。





15839歩
[ 2017/06/12 02:53 ] トマト | TB(0) | CM(0)

尻腐れ病

かなりカルシウム分を元肥に投入しているのですがやはり少しは出ますね。例年よりは少ないですが。
トマトはカルシウムが不足すると画像のように茶色く腐って来ます。尻腐れ病と言いますが病気ではなくカルシウム不足による生理現象です。元肥にカルシウム分が充分でも乾燥し根からの水分吸収が少ないとカルシウムも不足し発生する事があります。今年は5月が降雨量が少なかったのでその影響かも知れません。そのため葉面からカルシウムを補給するため「カルハード」と言うカルシウム補給剤を何回か散布したのですがやっぱり出ますね。

この尻腐れ病のトマト、放って置くとドロドロに腐ったり樹から落ちて何故か早く赤くなったりします。これを鳥が見つけて突っつきに来ます。鳥は一度餌を見つけると同じところばかり来るのでこの尻腐れ病のトマトは見つけ次第処分し畑に放置せず持ち帰るようにしています。




17944歩
[ 2017/06/11 02:00 ] トマト | TB(0) | CM(0)

Vシャイン播種

第2弾のきゅうりを播種しました。
「Vシャイン」と言う名前のタキイ交配のきゅうりです。4日に15粒、128穴の分割セルに蒔きました。
遅れる事四日の8日に台のかぼちゃ「スターク」を播種しました。そうです、今回も接ぎ木をする予定です。実は第2弾は既に実施し失敗しています。頂いた四葉胡瓜の接ぎ木に失敗しました。これは予定外だったのですが、せっかく頂いたものなので急遽実施ししたのですが多分苗が小さく早過ぎたのが原因だと思います。

間も無くポット上げの予定。

台木のスタークです。台木専用のかぼちゃです。

穂木はいずれカットして台木に接ぎますが、台木は定植まで育てますのでポットに播種します。種が大きいのでセルには播種出来ませんが。
これも15粒播種です。

かぼちゃは嫌光性なので光を遮断するため段ボールを被せています。





19410歩

[ 2017/06/10 02:59 ] きゅうり | TB(0) | CM(0)

インゲン収穫開始

4〜5日前からインゲン豆を収穫しています。
今年は20株ほど植えたのですが8株ほど、多分モザイク病だと思うのですが、褐色斑点が出来萎縮してダメなのがあります。予防せず諦めています。他は元気でたくさん成り始めました。今回は二度目の収穫です。トマトやナスは収穫期間が長いですが、インゲンとかエンドウ、きゅうりなどは成り始めると一気であっという間に終わってしまいます。
これは昨日2回目の収穫

こちらは本日3回目の収穫、段々多くなっています。

モザイク病と思われる成育不良の株、8株ほど。

こちらは正常な株です。

4〜5日前に第2弾を播種しました。
既に発芽しかかっています。
1鉢3粒蒔き12鉢あります。




17719歩
[ 2017/06/09 02:57 ] インゲンマメ | TB(0) | CM(0)

追肥と草刈り

一昨日追肥と草刈りをしました。
追肥はマルチをめくるのは大層なので全て穴肥です。トマト、きゅうり、かぼちゃ、ズッキーニは2回目で、ナス、ピーマン、オクラ、ゴーヤ、メロンは1回目です。枝豆、インゲンの豆類は追肥無しです。
米糠と油かす 2:1の割合でもみ殻、化成肥料、過リン酸石灰を混ぜ、種菌としてボカシ肥料を加え、水を加えて土嚢袋に入れ発酵させたものです。
土嚢袋に入れると直ぐに発酵が始まり温かくなってきます。4〜5日発酵が続きやがて冷めてきます。土嚢袋から出し更に水を加えて混ぜ再度土嚢袋に入れて発酵させます。二回繰り返して完成です。
これに堆肥を加えてよく混ぜ鉄棒で深さ10㎝ほどの穴を開けて投入します。株元から20〜30㎝離れたところに穴を開けます。昨日が雨予報だったので一昨日しました。降雨前に追肥すると土に良く馴染み効果大です。

この自作肥料、すごく臭いので20ℓのビニール袋に4個小分けして入れ、更に肥料袋に入れて屋外で保管していました。作ったのは昨年です。この4袋で春夏野菜の追肥を賄います。


次に草刈りです。これも降雨前にしないと雨が降ると水捌けが悪いのでドロドロになって当分作業ができません。40mの長さの畝が5筋あるのですがその周囲を刈りました。






2406歩
[ 2017/06/08 01:48 ] 家庭菜園 | TB(0) | CM(0)

防鳥網掛け

トマトがそろそろ赤くなり始める頃になりました、実が緑から薄緑になりやがて赤みを帯びてくるようになります。まだしばらくかかりそうですが、その前にやる事があります。防鳥網を掛ける事です。敵はカラス、ムクドリ、ヒヨドリと意外にもスズメです。何故かアライグマなどの害獣被害はありません。

第1花房は随分大きくなりました。

網掛けは手間が大変なので労力削減のため、真ん中の畝だけ掛けるのを省きました。両側2列を網掛けすれば真ん中は掛かっていなくても全部掛かっているものと勘違いするだろうとの目論みである。





9645歩
[ 2017/06/07 00:34 ] トマト | TB(0) | CM(0)

キラキラテープ

アブラムシ除けにキラキラテープを愛用しています。100%ではありませんが幾らかは効果があると信じています。今回はきゅうり、ゴーヤ、オクラ、網干メロン、加古川メロン、かぼちゃ、枝豆、インゲンマメに支柱を立て張りました。もう少し早く張りたかったのですが延び延びになっていました。いずれも今のところアブラムシは付着していません。

張り方ですが、風に揺られてキラキラするように少し捻って張ります。ゆらゆらし易いように緩めに張った方がいいように思いますが、逆で、ある程度ピンと張った方が少しの風でもゆらゆらし易いです。




11271歩
[ 2017/06/06 01:38 ] 家庭菜園 | TB(0) | CM(0)

立体栽培のかぼちゃ

初めての立体栽培のかぼちゃ、順調に大きくなっています。子づる3本ぐらいに仕立て孫づるは適時摘心しているのですがどれが子づるでどれが孫づるなのか分からなくなって来ました。風通しを良くするため適当にちょん切っています。
全体像

大きいのはソフトボールぐらいになっています。
この頃は2日に一度ぐらい受粉しています。子づる1本に1個なのか2個なのかややこしくて分かりません、雌花は全て受粉し、摘果はしません、適当です。





15480歩
[ 2017/06/05 03:01 ] カボチャ | TB(0) | CM(0)

月夜音定植 第2弾

5月17日に播種しその後初生葉摘心をしたツートップ苗の枝豆「月夜音」が播種後17日で植え頃になり昨日定植しました。
1ポット2株のツートップ苗です。株間35㎝の1条植えです。
30鉢作ったのですがスペースの関係で定植したのは17鉢です。

マルチの穴開け器です。市販のものがあるのですが結構高いです。百均のステンレスカップをグラインダーでノコギリ状に刃を付けました。重宝してます。

35㎝間隔の一条植えです。カップの上を手のひらで軽くポンすると穴が開きます。

初生葉を摘心し、双葉の生え際から新芽が出てツートップになっているのが分かるでしょうか。これが二株あります。植え付け前に移植ゴテで穴を掘りたっぷり潅水してから植えます。

17箇所植えました。
因みに第1弾は初生葉摘心せず本葉5〜6枚で摘心して枝を伸ばしています。既に莢が付いています。


[ 2017/06/04 01:15 ] 枝豆 | TB(0) | CM(0)

ヤングコーン

一昨日ヤングコーンを取って見ました。昔はトウモロコシ栽培は株元から生える脇芽は全て取り、実も1本だけにし随分スリムに育てていました。今でもそのようにしている人もいます。この頃は脇芽も雌花も摘果せずそのまま栽培が多いようです。株元の脇芽があった方が倒伏防止になり、実の太りにもさほど影響が無いらしいです。ただ雌穂は1個にし、他は摘果した方がいいと指導しているのもありますが、最近の品種は摘果しなくてもさほど変わらないらしいです。要するにそのまま栽培でも良いしヤングコーンとして摘果するならそれも良しと言うことです。で、一昨日スーパーでヤングコーンを見かけたので急に食べてみようと思い立ち収穫してきました。

塩を少し入れて3〜4分茹でマヨネーズで頂くか、電子レンジで2〜3分チンして頂くのが簡単と書いてあったので両方とも試しました。まあ、アッサリしてビールのツマミにはいいですね。

[ 2017/06/03 02:18 ] トウモロコシ | TB(0) | CM(0)

ジャガイモ跡の耕運

昨日ジャガイモとニンニク跡の耕運をしました。今のところ作付け予定は第2弾のきゅうり、月夜音、ナス、インゲンと晩生枝豆の秘伝など。
元肥料にもみ殻薫炭、バーク堆肥、セルカ、苦土石灰、高度化成肥料。セルカと苦土石灰は重なるのですが分量を調節します。化成肥料も控えめです。

鍬で谷上げしているところです。畑作業で一番重労働はこの作業です。土を動かすのを人力でするのですからシンドイですね。農作業で一番早く機械化が進んだのはこの土を動かす作業です。耕耘機、トラクターなどです。
右側のニンニク跡と合わせて耕運し、谷上げ機で谷を作ればいいのですが、何せ小型管理機なので谷上げ機はあるのですが思うような深さに谷上げ出来ず人力に頼る部分が多いです。まず左側のジャガイモ跡の畝を整理してから右側のニンニク跡の畝を作ります。その方が動かす土の量が少なくて人力による負担が幾分軽いです。

これはレーキで土を上げて谷を広くし高畝にしているところです。水捌けが悪く少し雨が降ると谷に水が溜まるので畝を高くしています。この後更に鍬で谷を広げます。これら一連の作業が一番疲れますね。でも梅雨前にやっておかないとドロドロで出来ませんからね。

畝づくりが出来た後白黒マルチの白を上にして張りました。前回玉ねぎとエンドウ、ソラマメ跡も仮マルチを外し白マルチを張りました。本当はマルチなどしない方がいいのですが、収穫後の耕運の時、マルチを張っていなかったら土がカラカラに乾燥し元々水田の粘土質の土なので小型管理機では飛び跳ねて耕運出来ないので耕運後は大概マルチをしています。雑草も生えませんからね。
作付け予定が主にきゅうり、枝豆で根張りが浅く黒いマルチだとマルチ直下は40℃を超えますので根を痛めるため白マルチにしています。特に晩生枝豆の秘伝は真夏を越しますのであまり暑いと花付きが悪くなります。

早朝5時から昼過ぎて1時頃までかかってしまいました。
[ 2017/06/02 02:30 ] 家庭菜園 | TB(0) | CM(0)

ジャガイモ、ニンニク収穫

30日にジャガイモとニンニクを収穫しました。ジャガイモは土嚢袋に4杯ぐらい、大きさはまあまあ、残り芋を種芋にしたので上出来としましょう。ニンニクは散々でした。球が出来ていません。ほとんど段ボール箱に入れ処分しました。何とか使えそうなのが25球ぐらいです。160本ほど植えたので15%の収穫率?です。何が悪いのか、ちょっと検討してみます。





[ 2017/06/01 00:44 ] ジャガイモ | TB(-) | CM(0)
プロフィール

kコチン

Author:kコチン
定年退職後、園芸と木工の日々、1948年兵庫県生まれ、同在住。
約300㎡の借り畑地でのらりくらりと菜園、特にトマトの自家接ぎ木栽培に凝っています。その傍ら端材を利用して作る過程を楽しみながらあれこれ子供のおもちゃを作り、細々とネット販売しています。
ヤフオク、メルカリ、ミンネに出品しています。「手づくり 木のおもちゃ 機関車」「手づくり 木のおもちゃ ヘリコプター」「手づくり 竹細工 クワガタ」など検索してみて下さい。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
fc2カウンター