FC2ブログ

菜園ときどき木工(旧おまけ人生つれづれ日記)

約1年の中断後復活、主に菜園の様子と趣味の木工を綴ります。
月別アーカイブ  [ 2017年02月 ] 

第2弾 トマト播種

9日に第1弾播種してから6日目、第2弾の播種を15日、水曜日にしました、6日間隔で第5弾まで播種する予定です。呼び接ぎや割り接ぎなら少々台木穂木の太さが違っても何とかなるのですが、チューブ接ぎなので台木穂木の太さがほぼ同じでないと上手く接げません。6日間隔で第5弾まで播種すれば成長の度合いが色々あり、台木穂木を適当に選択できるから好都合です。さらに収穫期間が長くなり、長期間楽しめます。と言うことで第2弾を播種した様子です。
前回と同じ台木グリーンガード40粒

上の画像→トマトの台木「Bバリア」48粒です。
接ぎ木苗を作り始めた頃はこの台木を使っていました。値段が安いと言うのがあったのですが、少し難点があり、普通接ぎ木は双葉の上、本葉との間をカットし接ぐのですが、このBバリアは双葉と本葉との間が短く接ぎ木しにくい点が難です。2〜3年前からグリーンガードに変えています。今回なぜBバリアも播種したかと言いますと、これは経験された方でないと分かりづらいのですが、接ぎ木する時、穂木も双葉の上をカットし、双葉の部分は処分するのですが、これを置いておきますと、何と双葉の生え際から新しい芽が出て来ます。双葉ですから両脇から2箇所芽が出て来ます。本葉をカットされたから慌ててこれは大変と新しい芽を出してくるようです。この新しい芽が出た穂木を双葉の下をカットしBバリアに接なぎます。二本仕立ての苗になります。昨年駄目元で2本やってみましたが、上手くいきました。まあ廃物利用ですから安いBバリア使用となったわけです。
穂木の桃太郎T93です、40粒

今回ナスの台木も播種しました、品種はトルバムビガー12粒です。ナスは成長が遅く、特にこの台木トルバムビガーは成長が遅々としています。穂木を何にするかはこれから決めますが12日後の第4段の時にする予定です。

例の発泡スチロール発芽器に入れて40W白熱球で保温です。昼間28℃、夜間22℃でサーモスタットで温度管理です。今回はBバリアとトルバムビガーがあるので間に板切れをハサミ2段重ねです。
前回は満3日で電球に近いところ2箇所で発芽が確認できたので、今日が3日目になりまだ確認していませんがちょっと覗いてみます。

↓よろしければここをポチッと!
スポンサーサイト



[ 2017/02/18 06:04 ] トマト | TB(0) | CM(0)
プロフィール

kコチン

Author:kコチン
定年退職後、園芸と木工の日々、1948年兵庫県生まれ、同在住。
約300㎡の借り畑地でのらりくらりと菜園、特にトマトの自家接ぎ木栽培に凝っています。その傍ら端材を利用して作る過程を楽しみながらあれこれ子供のおもちゃを作り、細々とネット販売しています。
ヤフオク、メルカリ、ミンネに出品しています。「手づくり 木のおもちゃ 機関車」「手づくり 木のおもちゃ ヘリコプター」「手づくり 竹細工 クワガタ」など検索してみて下さい。

カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
fc2カウンター