FC2ブログ

菜園ときどき木工(旧おまけ人生つれづれ日記)

約1年の中断後復活、主に菜園の様子と趣味の木工を綴ります。

ミキサー車

これを作り出してから、道行くミキサー車をジロッとよく見たものです。色んな形や付属部品がありますが基本的な形はこのようなものです。これも結構人気がありますが、ミキサー部分を旋盤で作るのが面倒なんですよね。木肌が目に付きやすい部分なので、今の所赤松を愛用していますが、もっと良いのがあるかも知れません。


ミキサーと車体をつないでいるのはダボと言って直径5㎜ぼどの木の棒です。ミキサーを斜めに取り付けているので、どうしても衝撃に弱くなります。案の定、先日購入者からミキサーが取れてしまったと言われ、新しいのを購入したいと申し入れがありました、その方は子どもの扱い方が乱暴でと恐縮していたのですが、別の自動車のおもちゃをお付けしてあげました。この取り付け部は壊れやすいのはある程度わかっていたのですが、どうもダボは引っ張りには強いが横の力には弱いかも知れません。横の力に粘りのある竹の方が子どもの扱い方には向いているかも知れません。
スポンサーサイト



[ 2017/01/31 06:43 ] 趣味木工竹細工 | TB(0) | CM(0)

玉ねぎ

今年も種から苗を作りました、しかもセル苗です。9月13日、少し早いのですが、セル育苗はどうしても成長が遅れるので通常よりも早めに蒔く方が良いと何かで見たので1週間ぼど早いのですが播種しました。泉州黄玉ねぎ、中生種です。長期保存に優れています。一袋買ったのですがたくさん入っており、200穴セル4.5枚、890粒ありました。昨年の極早生が甘くて美味しかったので今年も極早生を少し植えました。これは購入苗、水田種苗店で100本購入、10月25日に植え付け、ジェットボールと言う名の品種、15㎝間隔で植えました。11月5日に育苗していた泉州黄を定植、予定していたより早いのですが、育ちが良くこれ以上セルでは持ち堪えられなくなり仕方なく早めに植えました、何回も苗切りしたのですが、結構太く苗としてはいい苗です、しかしちょっと早いですね、また董立ちやら玉割れするんじゃないかと心配です。6列10㎝間隔、一列121本、計721本です、播種が890粒ですから何と80%以上の歩留まりです。12月17日にジマンダイセン水和剤400倍希釈液を散布、昨年はべと病にやられ散々だったので早めの予防です。その前に11月21日に株元へ化成肥料をパラパラ追肥しました、追肥は泉州黄玉ねぎだけです。今までに何回か株元の草引き、きいろくなった葉の除去などの手入れをしてきました。

手前100株ほどが極早生のジェットボールです。
向こう側が中生種の泉州黄玉ねぎですが、ほとんど変わらないぐらいに大きいので心配です。
[ 2017/01/30 12:39 ] タマネギ | TB(0) | CM(0)

レーシングカー

このおもちゃ持ち思い付くままのオリジナルです。
ただあまり人気がありません。私は格好が良くて気に入っているのですが・・・。
[ 2017/01/29 16:13 ] 趣味木工竹細工 | TB(0) | CM(0)

白菜

8月20日に大白菜、ミニ白菜とも128穴それぞれ1枚づつ蒔く。22日に発芽、二日で発芽である。9月4日、ハモグリバエが来だしたのでオルトラン水和剤1500倍希釈液を散布する。なるべく農薬は使いたくないが、白菜やキャベツはどうしても虫害に会いやすいので、初期の段階に散布するようにしている。農薬は使用基準に収穫○○前までというのがあって、出来るだけ前日または2〜3日前まで使用可能な農薬を使うようにし、しかも半月から1カ月ぐらい前までで、それ以降は使わないようにしている。比較的成長の早い、軟弱もの(ほうれん草、小松菜、春菊、高菜などの葉物)は農薬は使わないようにしています。9月5日定植、大白菜は30㎝間隔で15本2列、計30本、ミニ白菜は20㎝間隔で、これも15本2列で30本。いずれも密植である。これは野菜づくりの裏ワザと言う本を参考にしたのであるが、結果あまり芳しくなかった、おまけに密植の上、さらに虫除けに効果があると言うので真ん中にレタスを植えたので余計に蜜になり風通しが悪くなった。やはり大は35〜40㎝、ミニは30㎝ぐらいは開けた方が良い。定植後防虫網トンネルを掛ける。9月16日追肥。10月6日、防虫網の上からプレバソンフロアブル散布、10月19日ミニ白菜初収穫、10月27日防虫網トンネルを取る、大白菜に一つだけアブラムシがひどい。11月16日大白菜初収穫。画像は既に収穫済みで残っているのは発育不良のものである。今年の白菜は全体的に失敗である。収穫後半になってアブラムシの付着がひどく、内部まで付いていて、収穫出来たのは半分ぐらいである。真ん中のレタスは効果を発揮するまでに消滅し、防虫網トンネルも完璧ではなく、キラキラテープもしたのだが、アブラムシの襲撃に遭ってしまった。
[ 2017/01/28 07:48 ] ハクサイ | TB(0) | CM(0)

タンクローリー

自動車のおもちゃを作り出してから、すれ違う車の形などが気になりだした、特にミキサー車とかタンクローリーとか作業車の形がなるほどとすれ違いながら納得したり、感心したりしています。今回はタンクローリー。そんなに難しくはないが、タンクの丸棒を作るのが少し面倒である。色々な直径の既製品があるのですが結構高くつくので、安い建築資材の角材、主に赤松を旋盤で丸くカットしています。それと車輪が6個も使うのでたいへんです。10台作れば、タイヤが60個も必要です。このタイヤも見栄えを良くするため中心にウォールナットをはめ込んでおり、これが結構面倒なんですよね。値段は他のと一緒です。

[ 2017/01/25 20:47 ] 趣味木工竹細工 | TB(0) | CM(0)

ワケギ

8月23日マルチを張り2条植え、1穴2〜3球を植える。9月2日尿素をパラパラ追肥。酢味噌和えを何度か頂いた。私は好きであるが、子供たちにはあまり人気がありません。収穫しても半分程はゴミ出しされてしまいます。無いと寂しいので次回からは量を減らした方が良さそうです。画像はほとんど収穫済みで草がいっぱいです。
[ 2017/01/25 06:30 ] ネギ | TB(0) | CM(0)

トラック

子どもの遊びをよく観察して見ると、物を何かに入れることをよくやっています。ドングリをコップの中に入れたり、積み木のパーツをおもちゃバケツに入れたり、そこで物を入れることができる自動車、トラックを作ることにしました。


車体の裏はこのようになっています。
車軸の穴ですが、ワザワザ真ん中をくり抜いています。くり抜かずに穴を開けると、長いドリルが必要で、長いドリルはあるのですが、長くなるとどうしても斜めに曲がりやすく、直に通すのは至難の技です。そこで途中切り抜き、両側から開けました、これでも少しでも食い違うと車軸の回りが悪くなります。

子どものおもちゃですから、ぶつけたり、落としたり、投げたり、乱暴に扱っても壊れないよう丈夫に作る必要があり材料は木工ボンドだけでなく、両側に穴を開け竹棒を差し込むようにして繋ぎ補強しています。これを何箇所もしますので、微妙に穴の位置が食い違います、慎重に位置決めをするのですが、なかなかピッタシとは行かないんですよね、そこが手作りの良さと言えばそうなんですが。このトラック、意外と人気で5〜6台作ったのですが、なくなり、注文により今作成中です。ところがこのトラック、330gほどあり、幼児が持つには別に問題ないのですが、送料が高くつきます、梱包しますので定形外で400円、どうかすると600円かかる時があります。1000円で出品していますので、サイト手数料で1割取られ、手取りは500円です。😖まあ、ボケ防止の遊びと思ってますから・・・。
[ 2017/01/24 08:46 ] 趣味木工竹細工 | TB(0) | CM(0)

ニンジン

今年は8月26日に播種している。9月14日に2回目の間引きを行い、高度化成肥料をパラパラ撒いている。10月6日に3回目の間引き。今年は割れ、二股が少なくよく出来た。結構丁寧に間引きした。今の時点で7〜8割収穫済みである。
[ 2017/01/23 18:18 ] ニンジン | TB(0) | CM(0)

木のおもちゃ 自動車その2

色んな形の自動車を作っているのですがその2を紹介します。自動車を作り始めた初期のものばかりです。


[ 2017/01/22 18:11 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

冬キャベツ

キャベツで先に紹介したのは春キャベツで今回紹介するのは秋冬取りキャベツです。既に8割ほど収穫済みです。8月1日に播種しています。200穴セルにスティックセニョールと100づつ播種、定植は8月25日、今回の定植は野菜栽培裏ワザで見た超密植を試しました。一列34本20㎝間隔、計64本、さらに列の真ん中にサニーレタスを植えました。真ん中にサニーレタスを植えたのはもともとレタス系は虫が嫌うためこれをキャベツと混植すればキャベツにも虫が来ないだろうと言う目論みです。が、やはり定植後虫除けに防虫網トンネルをし、さらに日射避けに寒冷紗を掛けました。虫害は無かったが、サニーレタスのおかげか防虫網トンネルの効果か分かりません。結果ですが、やはり密植はほどほどがいいみたいです、30㎝の間隔は最低必要かな。サニーレタスは効果があるかもしれませんが、密植の中に植えたものですから、風通しが悪くなり、下葉が腐るなど始末が悪いような気がします、またサニーレタス自体そんなにたくさん食べるものでは無いので、これもほどほどが良いようです。
[ 2017/01/21 10:54 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

ヘリコプター

今回紹介しますのはヘリコプターです。
最初は10個ぐらい作ったのですが、在庫が無くなってしまいました。いつかまた作ろうと思っていたのですが、結構作るのがややこしく面倒でそのままになっていました。以前ネットで見た人がもう無いのかと聞かれ、作って欲しいと要望があったので作る事に。

これは完成品。

今回は20個ほど作る予定です。
既に丸い部分は電動糸鋸でカットし、
胴体運転席部分の穴空けもしています。

テールローターの取り付け部をカットしているところ、この部分は機械ではできないので手鋸でゴシゴシやってます。あとはローターの作成と取り付け、ランディングスキッドの取り付けです、これがなかなか難しいです。
[ 2017/01/20 09:32 ] 趣味木工竹細工 | TB(0) | CM(0)

スティックセニョール

ブロッコリーの事です。普通ブロッコリーはスーパーなどで売っているように手のひら大の大きさの蕾、頂花蕾ですが、栽培しているのは脇芽がよく出て茎部分も柔らかいスティックセニョールと言う品種です。頂花蕾はあるのですが脇芽を育てるため早めに収穫してしまいます。我が家ではこの方が重宝しています。孫も好物です。
[ 2017/01/19 15:37 ] ブロッコリー | TB(0) | CM(0)

木のおもちゃ ひこうき

このひこうきは結構作るのがややこしくて
難しく、翼の取り付け部分はトリマーを使用して
あまり隙間ができないよう細かな作業をしています。わたしは気に入ってあるのですが、半月窓自動車やバスの方が何故か人気があります。因みにおもちゃは子どもが使うもので乱暴に使用するのを前提に丈夫に作るよう心掛けています。取り付け部は単に木工ボンドの接着だけでなく竹棒でつないでいます。このひこうきで言えば、翼の取り付け部は2箇所両方に穴を開け竹棒を差し込みボンドでつないでいますので、少々ぶつけても壊れません。




翼に模様のあるものと二種類作りました。
コマで転がせるようにしています、これがまた難しいんですよね。
[ 2017/01/18 17:43 ] 趣味木工竹細工 | TB(0) | CM(0)

キャベツ

春キャベツ
日記を見ても記録がないで正確には分からないが12月の中頃だったと思う、JAに用事があって行ったところ横の直売所にキャベツのセル苗が格安で出ていた、128穴の一部50個ほどで@500円、思わず買ってしまったが、植える場所が皆予定がある場所でない、仕方がないジャガイモの予定地を一部割愛、30㎝間隔の3列植え、またまた密植である、自家消費なので早め早めに収穫することにしよう春キャベツなので4〜5月ぐらいか。
[ 2017/01/16 11:21 ] キャベツ | TB(0) | CM(0)

木のおもちゃ 機関車

自動車を作り出してから、種類や形など色んなイメージが湧きだした、今日はそのうち自動車ではないが機関車を紹介します。二歳半の孫はシュッシュッポッポと言って喜んでいます。

[ 2017/01/15 13:54 ] 趣味木工竹細工 | TB(0) | CM(0)

ニンニク

ニンニクは毎年植えています。醤油漬け、蜂蜜漬け、酢漬けなど色々ためしましたが、やはり醤油漬けが一番良いですね。毎年9月下旬に植え付けるのですが今年は遅く10月19日の植え付けでした。15㎝間隔の4列、全部で160球。植え付け1カ月後が追肥時期で11月21日に化成肥料を株元にばら撒く、翌22日に株元に籾殻を撒く。12月17日ジマンダイセン400倍希釈散布。葉枯病予防です。今の所順調です。
[ 2017/01/14 18:28 ] ニンニク | TB(0) | CM(0)

木のおもちゃ 自動車

ふくろうストラップの次に作り出したのは竹とんぼですが、画像を処分したため後日紹介します。今回は自動車。手持ちの端材によって色々な自動車を作りました。一部を紹介します。



最後の画像の自動車は半月窓自動車と呼んでいます。この他にも色々あり追って紹介しますが、この自動車は意外と人気があります。なぜ人気があるかと言うと、まあ可愛いと言うのがあるのですが、それよりも2〜3歳の幼児の手がちょうど持ちやすい格好になっていることだそうです。そう言えば丁度つかむのに大きさといい、格好といい、持ちやすいかなと思います。小さな子どもさんのおもちゃなので、角やトンガリがないよう丁寧に丸く作っています。また接着もただくっつけるだけでなく、出来るだけ接着する木どうし穴を開け竹棒で繋いでいます。少々ぶつけても壊れません。
[ 2017/01/13 21:45 ] 趣味木工竹細工 | TB(0) | CM(0)

子持ち高菜と水菜

子持ち高菜が美味しいと言うブログがあつたので試しに栽培してみようと種を取り寄せた。子持ちと言う名のついた野菜は子持ちキャベツ(芽キャベツ)は知っていて栽培したことあるが子持ち高菜は初めて聞く名である。名の通り枝芽を収穫するのであるが、ブログの画像では丁度フキノトウのような大きさ形であるが、出来たのはうまくこんもりとした形にならず開いた大きなつぼみのような感じで、味もイマイチである、気温が高いせいかもしれないが。
天ぷらが美味いらしいが、天ぷら出来るような形にならない、また本葉が大きく株自体がとてつもなく大きくなるので、他の葉物野菜と合わせて植えて同じ不織布トンネルではまずいことになる。次回はパスである。水菜はたくさんは要らないので買って来た苗である、よく出来たがこれも皆あまり食べない、収穫して来ても、放ったままで、萎れて処分されてしまう、これも次回はパスかな。

水菜

子持ち高菜

子持ち高菜の大きな本葉
[ 2017/01/12 01:18 ] 葉物野菜 | TB(0) | CM(0)

竹細工 クワガタ

ストラップの次に作り出したのが竹細工のクワガタ。かなり身が厚い竹が必要で伐採出来そうな所がない。正月松の内が終わった頃園芸店に行ったところ、デカイ直径が15㎝以上はありそうな門松の残骸がご自由にお持ち帰りくださいと書いていたので2〜3本頂いて帰った。以前九州熊本の山鹿市の山鹿灯篭盆踊りを見に行った時に民芸店で竹細工のクワガタを見つけ買って帰った、確か1500円ぐらいはしたかと思う、それを思い出し同じ物を作ってみたのが作り始めである。これも結構作りました。

[ 2017/01/11 14:05 ] 趣味木工竹細工 | TB(0) | CM(0)

春菊、高菜、小松菜

今日は葉物の記事です。
今年は春菊、高菜、小松菜、子持ち高菜、水菜、ほうれん草を植えました、すでにほうれん草は記事にしましたので、今日は春菊、小松菜、高菜の紹介です。畝の西端から画像を撮っていますので、植え付けの順番が前後します。今日の春菊等は第2弾です。10月12日に第2弾を播種(第1弾は9月22日)、途中10月18日に1穴1〜2株に間引く、11月2日に定植しました。春菊は4列15㎝間隔、小松菜、高菜は3列20㎝間隔。春菊、高菜は現在収穫中である、不織布トンネルを被せています。小松菜は成長が早く、栄養的にはいいのだが、皆さんに不評で、と言うのは味に少し癖があるのと、料理の工夫範囲が余りないとの事、で次回からは考える事にします。高菜は朝食のトーストに刻んだのを乗せ、その上にスライスチーズを乗せて焼きます、これがなかなか美味い、あとは漬物です。

手前から春菊、小松菜、高菜です。
[ 2017/01/10 18:59 ] 葉物野菜 | TB(0) | CM(0)

ふくろうストラップ

小物作りでふくろう笛の次に作り出したのがふくろうストラップです。これは全くのオリジナルで、色んな形の試行錯誤の末今の形になりました。細かな作業で小さなノコギリ、小刀、彫刻刀でコツコツ作りました、今は中断していますが、これも結構作ったと思います。材料は主にカリンの木で、堅く切り口が綺麗でしかも作業がし易い木です。
[ 2017/01/09 16:44 ] 趣味木工竹細工 | TB(0) | CM(0)

エンドウ

10月19日に小ポットに播種、24個、第1弾である。11月10日に第2弾37ポット播種。11月16日に第1弾を定植22ポット、2列30㎝間隔、チドリ植え。11月20ぐらいに寒さ対策と支柱がわりに稲藁で巻く、定植時にノリ網を張っています。11月22日に株元に籾殻を撒く。12月4日、第2弾19本定植。
現在まで元肥だけで追肥はなし。
※今回は全てスナップエンドウ
[ 2017/01/08 19:19 ] エンドウ | TB(0) | CM(0)

子どものおもちゃ 小物作り

一番最初に作ったのが今日紹介するふくろう笛。定年退職後貪るようにあちこちに行った時、京都の京大の北側、百万遍の知恩寺の縁日に行った時、フリーマーケットで見かけたふくろうの顔をした小さな笛である。もともと木工細工などが好きでこれなら作れるかもと思ったのがおもちゃ作りの始まりである、最初は様々な木で作っていたが、行き着いたのがヤブツバキである、ほどほどに堅く、切り口が綺麗でしかも細工がし易い。当初は近所の子供らにあげていたが、そのうちネットで売れるかなと思い、ヤフオクの定額出品して見た、しかしなかなか売れない一ヶ月に一度か二度ぐらい、まあ遊びだからそれで良いのだが、そのうちボチボチと売れ出し、3月の幼稚園の卒業時期とかクリスマス時期とかにまあ楽しめる程度に売れた、今までに300〜400個ぐらいかな。そのうち色々なものを作り出し、次に作り出したのがふくろうストラップである。これは次回紹介。
[ 2017/01/06 20:26 ] 趣味木工竹細工 | TB(0) | CM(0)

ソラマメ

不織布トンネルのほうれん草の向うの不織布トンネルの中はソラマメです。今回は止めようかなと思っていましたが、結局作ることに。2袋購入し二回に分けて播種全部で35粒あったので1袋に17〜18個入っていたことになる。定植したのはそのうち30個ぐらい。10月19日に第1弾を播種。11月10日に第2弾、12月9日に定植しているのだが、第1弾の定植か第2弾か記録が定かでない。今回は株元に山土(真砂土)を敷き詰めた。根張りが良くなるそうである。この情報は菜園ブログで松山の「ひげおやじ」さんからのものである。二回に分けて主枝を摘芯、1回目は穂先を、2回目は株元から摘芯した。だいたい4本立てである。ちょっと気になるのは1回目に播種した20株ほどが成長が早く大きくなりすぎていることである。今の時期、あまり成長しすぎると寒さの影響を受けやすい。大きく成長したからと喜んではいられないのである。
[ 2017/01/05 19:53 ] ソラマメ | TB(0) | CM(0)

ほうれん草

畑全景の手前右端の不織布トンネルをしているのがほうれん草である。3回に分けて播種、1回目は9月22日に播種した、200穴セルの1/4カット、50個の播種である。10月16日に定植する。1穴に3〜4粒播種し、1回目は丁寧に1穴に一株になるよう間引いたが2回目、3回目は間引かずにそのまま植える。結果間引かずとも十分大きくなり大丈夫であった。記録がアヤフヤであるが3回目の定植は11月13日で、11月22に不織布トンネルをしている。植え付けは4列15㎝間隔。この度のほうれん草は虫もつかず綺麗なほうれん草が収穫できた。全部で120株ほど。
[ 2017/01/04 19:19 ] ほうれん草 | TB(0) | CM(0)

復活

あけましておめでとうございます。
正月三が日は穏やかな天気でした。
この冬このまま穏やかな天気であって欲しいものですがそうはいかないでしょう。
一年3ヶ月ぶりのブログ更新です。
ネタ切れと本来の不精が原因です。
これからは菜園と趣味の木工に絞り
ネタ切れでもボケ防止のため
毎日の更新を目指します。
今日は畑の現在の様子です。
[ 2017/01/03 21:05 ] 家庭菜園 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

kコチン

Author:kコチン
定年退職後、園芸と木工の日々、1948年兵庫県生まれ、同在住。
約300㎡の借り畑地でのらりくらりと菜園、特にトマトの自家接ぎ木栽培に凝っています。その傍ら端材を利用して作る過程を楽しみながらあれこれ子供のおもちゃを作り、細々とネット販売しています。
ヤフオク、メルカリ、ミンネに出品しています。「手づくり 木のおもちゃ 機関車」「手づくり 木のおもちゃ ヘリコプター」「手づくり 竹細工 クワガタ」など検索してみて下さい。

カレンダー
12 | 2017/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
fc2カウンター