FC2ブログ

菜園ときどき木工(旧おまけ人生つれづれ日記)

約1年の中断後復活、主に菜園の様子と趣味の木工を綴ります。

7回忌法要

7回忌法要
平成21年1月24日に亡くなった
妹の7回忌の法要があった。
夫の実家に墓があり
兵庫県の北側の山奥である。
未だに山に雪が残っているところである。
若くして亡くなり
子供の結婚、孫の誕生の喜びもなく
かわいそうに逝ってしまった。
住職の読経を聞きながら
幼いころを思い出した。
我々の祖父が私が小学生4年の頃
に台所の土間で鎌を研ぎながら
そのまま前のめりに眠るように逝ったのであるが
最初に発見したのが妹であった。
当時私より5歳年下であるので
幼稚園へ入る2年前ぐらいの齢だ。
おじいちゃんが大変だとは分らず
声掛けしても返事がないため
家族におじいちゃんが寝てると言ったらしい。
昼間に仕事をしているはずの
祖父が寝てるはずがないと家族が見に行ったところ
うつ伏せにほぼ即死の状態であったらしい。
脳溢血である。こんなことや
妹はよく父母の畑仕事に
荷車に乗せられてついて行っていた、
当時田んぼには「どうけ」といって
肥料に使う下肥を田んぼの片隅に掘って
コンクリートで固めた肥溜めである。
この肥溜め表面が固まって一見
歩いても何ともないようであるが
足を踏み入れるとそのまま
ずぶっとはまり込むのである。
妹は遊んでいてこの「どうけ」にハマった。
幸い気づくのが早く大事にはならなかったが
一歩間違えば大変なことになっていた。
そういえば大変なことがまだあった。
妹が小学生か中学生の頃だと思うが
当時兄弟、物置を改造したような
2畳ほどの勉強部屋を作ってもらっていて
冬、,妹が練炭火鉢を部屋に入れ
宿題かなんかしていた。
偶然何かの用事で
妹を呼びに行ったところ
意識なく倒れていた。
一酸化炭素中毒である
幸い間もなく意識を取り戻したが
もう5分ほど気づくのが遅かったら
これも大変なことになっていたと思う。
読経を聞きながらこんなことを思い出していた。

IMG_2456.jpg
浄土真宗は位牌がないらしい

IMG_2458.jpg
遠く離れたこんなところと言ったら
失礼だが妹の墓があることに
不思議な感じがした。
女の人は嫁ぎ先の墓に入るのが多いから
実家の家族にとってこんな不思議を
感じるのが多いだろう。
結婚して実家から遠く離れた
別社会に入る女性の
大変さがわかるような気がする。

IMG_2457.jpg

IMG_2459.jpg
昼食をいただいてきた。
スポンサーサイト



[ 2015/03/29 19:33 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

苗の保温作業から解放

明日朝の最低気温が6℃と
予報されている。
今まで1~2℃ぐらいであった。
このため毎晩温室に入れ
毛布でくるみ保温電球で
保温していたが
今晩からその作業から
開放されそうである。
苗が大きくなったので
5℃くらいまでは大丈夫で
車庫内は外気よりも2度ほど高いので
最低気温が6℃の予報では
車庫内は8℃くらいで
まず大丈夫である。
やっと毎晩の作業が簡単になり
電気を使わなくて済むようになった。

IMG_2439.jpg
久しぶりの夕暮れ
いつも見ていますが
画像にするのが久しぶりです
現在午後6時ちょうど、
日没が15分ぐらいなので
あと15分ぐらいで隠れます。
それと本日はじめてウグイスの声らしきものを
聴きました。
[ 2015/03/27 21:20 ] 家庭菜園 | TB(0) | CM(0)

接ぎ木ホルダー外し

接ぎ木ホルダー外し
接ぎ木ホルダーは
わざわざ外さなくても
苗の軸が太ってくれば
自然に外れるものである。
要するにホルダーは使い捨てなのである。
が私は使い捨てにはしません。
軸が太ってホルダーが広がったまま
になると使えなくなるので
接ぎ木部分が完全に活着すれば
強制的に外します。
こうすれば来年また使えます。
このホルダー結構値段が高く
捨てたりはできません。
併せて支柱の竹串を長いのに替え
テープで留めます。

IMG_2448.jpg
ホルダーが外れかかっています。

IMG_2449.jpg
ホルダーを外し、竹串を変え
テープで留めます。

IMG_2450.jpg
このテープ、義母が入院していた
近くの園芸資材店で
ウロウロしていた時に
埃をかぶっていたのを見つけ
一巻き100円を5個かったものです。
とても一巻き100円ではない代物です。
今役に立ちました。

続いてナスの接ぎ木も実施。
台木のトルバムビガーがやっと
接ぎ木できる大きさになった。
台木赤ナスも作っていたのだが
ほとんど抵抗性の強いトルバムビガーを使用。
これで穂木、くろわし、水ナス、千両二号
全部接ぎ木完了。
播き忘れていた白ナスがまだ小さいため
あとはこれだけになる。
[ 2015/03/27 21:11 ] トマト | TB(0) | CM(0)

トウモロコシの定植

トウモロコシの定植
昨年はトウモロコシの
育苗に失敗し、使い物のなった
苗は1/10ほどだった。
今年は順調に発芽し、
いい苗になった。
200穴セルに播種したが
150本ほどは丈夫な苗である。
苗を指でつまんでセルから
スポッと抜け鉢崩れしない。
例年3列の30センチ間隔で
定植するのだが
今年は場所がないため
4列の20センチ間隔で
合計108本定植。
密植なので例年しないのだが
風通しを良くするため
脇芽は取り、実も1個だけにする。
あまり順調に苗ができたので
例年より20日も早い定植になった
そのためビニールトンネルを張った。
高温と蒸れ防止のため
通気孔を5列、30~40㎝間隔で
かなりの数開けた。
午前中作業をしたのだが
昼ごろ温度を測ったら
32℃、30℃ぐらいに抑えたいのだが
まず許容範囲内である。

IMG_2438.jpg
こんなに順調に
苗ができたのは初めてである。

IMG_2447.jpg
これで40℃近くになったので
このあとさらに通気孔を増やした。

IMG_2446.jpg
超密植である。
[ 2015/03/27 20:53 ] トウモロコシ | TB(0) | CM(0)

風呂(26)の日

風呂(26日)の日
語呂合わせで26日を
フロの日(風呂の日)として
イベントやポイントサービス
入浴料半額とか
ビール半額など
あの手この手と
客寄せサービスをやってます。
で昨日の26日
垂水の「太平の湯」へ行ってきました。
ビールが飲めませんので
電車で行くことに。
ゆっくり3時ごろまでいたのですが
午前中は割かし空いていたのですが
さすが風呂の日、午後から
溢れんばかりの人だった。
皆さん風呂の日、よく御存じです。
平日で学校が春休みなので
団塊のジジババが孫を連れてと言うのが
結構多かった。
私は一人で目的は半額です。

IMG_2441.jpg
IMG_2442.jpg
IMG_2443.jpg
IMG_2444.jpg
風呂から明石方面から神戸方面へ
ぐるっとパノラマ画像です。

IMG_2445.jpg
帰りの公園内にオオシマさくらが
一足早く咲いていました。

本当はきょうは
トマトの接ぎ木苗の
ホルダーを外したり
ナスの接ぎ木作業をしたり
トウモロコシの定植を
する予定だったが
明日(27日)朝の最低気温が
2℃と予報が出ており中止した。
[ 2015/03/27 20:31 ] 温泉 | TB(0) | CM(0)

インゲンマメ播種

インゲンマメ播種
昨年播種した日に記録が
無いためわからないのだが
4月9日には定植している。
すると播種時期はもう
遅いぐらいであるので
本日播種することにした。
品種は昨年よく出来た品種と同じ
つるありの「ケンタッキーKB」
インゲンは水分が多いと
種腐れするので
ポット用土をあらかじめ
適度の水分をもたせ
あとはそのまま灌水せずに
保温する。
保温も発芽器はどうしても
湿度が高くなるため
インゲンに関しては使用せず
昼間は庭ハウス、
夜間は車庫内温室で
保温することにした。

IMG_2436.jpg
1袋87粒入っていたので
1ポット3粒播種の
16ポット作る。
残りは2番手播種に置いておく。
[ 2015/03/23 19:07 ] インゲンマメ | TB(0) | CM(0)

極早生玉ねぎと春ブロッコリー収穫

極早生玉ねぎと春ブロッコリー収穫
極早生が急に大きくなり出した。
あまり日持ちがしないのだが
新ものはやはり美味しいので
少しばかり作っておいた。
1週間ほど早いのだが
待ちきれず5~6個収穫。
春ブロッコリーもここしばらくの
暖かさで急に大きくなった。
2種類植えている、
スティックセニョールと普通のブロッコリー。
スティックセニョールは脇芽を伸ばすので
頂花蕾を全部収穫、
ブロッコリーは若干小さいが2個収穫、
その他に春キャベツ、水菜を収穫した。
早速二人の娘のところに送る。
送り賃のほうが高い。
画像撮り忘れ。

今年初めてモンシロチョウを見る
黄色いモンシロチョウである。
IMG_2432.jpg
飛んでいるところで
写っていたのはこれだけ
蝶々は飛ぶ先の予想がつかず
なかなか撮れません。

IMG_2433.jpg
庭が花盛りになってきた。

IMG_2434.jpg

IMG_2435.jpg
杏子の木である。
実がなることはなるのだが
芳しくない。
花の時期が同じの異品種を近くに
植えたら実成りがいいのだが。
[ 2015/03/22 19:05 ] タマネギ | TB(0) | CM(0)

畑の様子(3月21日現在)

畑の様子
まず画像から

IMG_2426.jpg
ジャガイモである
不織布のトンネルをしている。
先月14日に植え付け
毎年30㎝間隔の2列植えなのだが
今年はスペースに余裕がないため
30㎝間隔の3列植えにした。
手前からインカのひとみ20個、
その向こうがとうや30個、キタアカリ20個
一番向こうがシンシア20個である。

IMG_2427.jpg
玉ねぎである
手前は極早生で
もう食べられそうなのが
いくつかある。
極早生は保存が効かないので
一部だけでほとんど保存の効く
中晩成である。

IMG_2428.jpg
ソラマメである。
4~5本仕立てにした。
花がたくさん咲いている。
先日1回目の追肥をした。
花が終わり、実が付き始めたら
2回目の追肥予定である。

IMG_2429.jpg
スナップエンドウである。
これもたくさん花をつけている。

IMG_2430.jpg
ニンニクである
よく出来ている。
ただニンニクはよく出来て
幹が太いのは実が小さいとき
がある。掘ってみないとわからない。

このほかにスティックセニョール、
ブロッコリー、水菜、キャベツの
畝があるのだが撮り忘れた。
[ 2015/03/21 19:54 ] 家庭菜園 | TB(0) | CM(0)

トマト接ぎ木苗のポット替え

トマト接ぎ木苗のポット替え
トマトの接ぎ木苗が大きくなり
一回り大きいポットに植え替えすることにした。
本当はこんな面倒なことをせず
初めから大きいポットに
植えればいいのだが
そうはいかない。
何故かと言うと
保温スペースがないのである。
庭ハウスを夜間も使えばいいのだが
この中の温室を夜間も
最低10℃を保とうと思えば
100Wの保温電球が必要である。
これでは電気代が高くつく。
そのため苗が小さい
まだ気温が低いときは
最小のポットにし、
夜間の気温が6~7℃以上
で車庫内で保温せずとも
大丈夫な気温になってから
大きいポットに植え替える
涙ぐましい努力をしています。
ここ数日夜間は車庫内に置いており
温室に入れ保温はしていない。
ただ明日から水曜日あたりまでは
気温が低いようなので
工夫はしなければいけないが
取りあえず今日は
一日暖かい日なので
植え替えることに。
併せて各ポットに台木、穂木名の
名札を付けているが
苗箱にばらばらに入れているので
何がどれだけあるか分からない。
これを種類ごとに整理して
保管箱に入れた。
数までは数えていないので
植え付けの段取りがあるので
いずれ数の整理も必要である。
取りあえずトマトの接ぎ木苗
120程ときゅうりの追加播種した
セル苗のポット上げをする。
黙々として午前中一杯かかってしまった。

IMG_2425.jpg
まず大きい鉢の底に
少し水を含ませた
ポット用土を入れ
小さなポットの支柱を取り
ポットから抜き取り
大きいポットの中央に置き
隙間に乾いたポット用土を入れ、
2~3回軽く台上の落とし
隙間の内容に用土を安定させる。
乾いた土の方が隙間によく入り込む。
ただ後で灌水する時
乾燥土は水をはじくので
若干湿らせた方がいいかもしれない。
長めの支柱に替えて差し込む。

IMG_2425.jpg
トマトの接ぎ木は
台木と穂木の太さが
ぴったりしないなど
色々難はあったが
完璧に100%活着した。
やはりトマトは強い。

※明日朝の最低気温は
4℃と予報されている。
仕方がない、ベランダ自作温室
60W、車庫内大小それぞれ40W
の3か所に分散して苗を入れる。
トウモロコシだけは寒さに慣らすため
車庫内に置く。

[ 2015/03/21 19:37 ] トマト | TB(0) | CM(0)

トマトの再使用苗の接ぎ木実施

トマトの再使用苗の接ぎ木実施
どういうことかちょっと
わかりにくいと思いますが
要するに最初実施した
トマトの台木に接いだ苗の
カットした残りをそのまま
管理しておくと
カットされたものだから
これは大変と双葉の際から
脇芽が出てきます、
この脇芽を育てて再度
接ぎ木の穂木に
使うわけです。
双葉から出る新芽なので
二本出ます。二本接ぎ木苗が
作れるわけです。
現在育苗している
自家採取Bバリアを台木にするのだが
最初の接ぎ木実施した時の
台木Bバリア(自家採取)が余っていたので
余った分を全部使った。
まだ脇芽が小さいので
脇芽二本付いたまま
双葉から下をカットし接ぎ木にする。
余ったBバリアが大きなり過ぎるため
実施したもので本格実施は
新芽が大きくなってからである。

IMG_2419.jpg
脇芽が二本出ていますが
これが大きくなったら接ぎ木するのですが
今回は二本付けたまま
双葉に下からカットし
接ぎ木した。
[ 2015/03/20 21:14 ] トマト | TB(0) | CM(0)

ナスの接ぎ木実施

ナスの接ぎ木実施
台木のトルバムビガーは
成長が遅くまだ小さいが
赤ナスがかなり大きくなり
試に一部実施。
台木は皆赤ナス。
穂木はとげなし千両二号、くろわし
水ナスをそれぞれ四~五本づつぐらい。
白ナスはまだ小さいため実施できず。
去年した感じではまだ台木、穂木とも
小さいようだ、接ぎ木部分を止める
クリップに隙間ができるため
トマトに使うホルダーを使用。
ちなみに普通ナスの接ぎ木は
割り接ぎをするのだが
ほとんど挿し接ぎにした。
本格実施はもうしばらくしてから。
[ 2015/03/20 21:01 ] ナス | TB(0) | CM(0)

彼岸参り

彼岸参り
彼岸の墓参りをしてきた。
天気が思わしくなかったが
着いたと同時ぐらいに
お寺さんがお経を上げに来られたので
ちょうどよかった、今日来られるとは
思っていなかったようだ。
墓参り後峠を越えた隣町
神埼町の「せせらぎ」へ昼飯を
食べに行く。
ここは義父母と何回か来たところである。
日帰り温泉や足湯がある。
雨上がりでそんなに寒くなく
いいところである。
実家に帰った後
掃除などごそごそして
5時半頃帰宅。

IMG_2422.jpg
久しぶりの実家
今は誰も住んでいません

IMG_2421.jpg
主がいなくなっても
白梅は出番と咲いています

IMG_2423.jpg
水仙の際に見つけました

IMG_2424.jpg
ここで昼食
[ 2015/03/19 20:13 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

3月18日現在 育苗中の苗の様子

3月18日現在 育苗中の苗の様子
今日は朝から外出で
雨で気温が高いため
苗はすべて車庫に並べて置いた。
並べてみると随分たくさんある。

IMG_2386.jpg
①接ぎ木苗:おどりこ、麗夏で台木グリーンガードと
Bバリア、自家採取のBバリアなど

IMG_2389.jpg
②全部おどりこ、台木は色々、わからなくなるので
台木名と穂木名を書いた名札を付けています。

IMG_2390.jpg
③これも接ぎ木T93、麗夏

IMG_2391.jpg
④これも接ぎ木桃太郎EX、桃太郎ゴールド

IMG_2388.jpg
⑤おどりこ、桃太郎EXなど

IMG_2387.jpg
⑥クックゴールド、EXなどの接ぎ木

トマトの接ぎ木の台木は3種類使っています。
Bバリアの購入種と自家採取種、グリーンガードです。
IMG_2420.jpg
Bバリアのほうが丈夫なようですが
結果は分りません。
これは台木として使わず種採り用です。

IMG_2392.jpg
⑦自家採取Bバリアの残り苗

IMG_2393.jpg
⑧これもBバリアの残り

IMG_2394.jpg
⑨麗夏の穂木に使った後の苗
双葉から出る脇芽を再利用します。

IMG_2395.jpg
⑩桃太郎EXの再利用苗

IMG_2396.jpg
⑪おどりこの再利用苗

IMG_2397.jpg
⑫クックゴールドと桃太郎ゴールドの再利用苗

IMG_2398.jpg
⑬とうもろこし「ゴールドラッシュ」
200穴セル

IMG_2399.jpg
⑭桃太郎T93、麗夏の再利用苗

IMG_2400.jpg
⑮とげなし千両二号ナス

IMG_2401.jpg
⑯色々あります、白ナス、マクワウリの接ぎ木など

IMG_2402.jpg
⑰なす「くろわし」

IMG_2403.jpg
⑱ナスの台木「赤ナス」

IMG_2404.jpg
これはトマトの台木でカットした
物でいいものを挿し木して
再利用します。

IMG_2405.jpg
⑲きゅうり、マクワウリの接ぎ木苗
台木は「新土佐南京」

IMG_2406.jpg
⑳水なすとピーマン「イエローホルン」

IMG_2407.jpg
㉑ナスの台木「トルバムビガー」
成長が遅い。

IMG_2408.jpg
㉒これもトルバムビガー2箱あります

IMG_2409.jpg
㉓きゅうり「夏すずみ」
接ぎ木が良くないため実生で栽培予定

IMG_2410.jpg
㉔とまとの穂木の再利用苗の
台木に使う自家採取Bバリア

IMG_2411.jpg
㉕同じくBバリア

IMG_2413.jpg
台木と穂木の色が全然違います
台木はグリーンガード

IMG_2415.jpg
これは台木も穂木もほぼ同じ色
台木はBバリア

IMG_2418.jpg
これは接ぎ木に使った穂木
の再利用苗、カットした双葉の際から
新芽が出てます。
これを大きくして穂木として使います。
1個の種で3本苗を作ります。
以上今日現在の苗でした。
[ 2015/03/18 21:17 ] 家庭菜園 | TB(0) | CM(0)

隈病院

隈病院
もう10年以上になると思います、
甲状腺機能障害
何とも変なものになったものです。
通院は半年に1回でいいのですが
毎日薬を服用しています
甲状腺ホルモンの量が少ない病気で
いわゆる「橋本病」と言われる病気です。
薬は甲状腺ホルモンそのものです。
これと言って自覚症状はないのですが
甲状腺ホルモンの働きは
身体の新陳代謝をコントロール
する働きがあるため
その新陳代謝がうまく行われないということでしょう。
診察1時間前に行って採血し
その結果をもって診てもらい
薬をもらってきます。
結果はよくコントーロールされています。
甲状腺の機能そのものの
治療ではないため生涯付き合わなくてはならない
病気です、何とも鬱陶しい煩わしい病気です。
11時過ぎ診察終了、
歩いて神戸駅まで戻りますが
途中楠公さんに寄ってきました。

IMG_2380.jpg

IMG_2385.jpg

IMG_2383.jpg

IMG_2384.jpg
徳川光圀が建立したと書いています

IMG_2382.jpg
楠公生涯の絵物語看板

道草の目的は
楠公さんではありません
その横の「たちばな」という食べ物屋
結構有名で
行列のできる食べ物屋です

IMG_2381.jpg
まだ昼前なのに並んでいます
「盛り合わせ定食A」を
ライス抜きで注文
画像は省略。
[ 2015/03/18 20:54 ] 健康 | TB(0) | CM(0)

トマト、初めて保温せず

トマト、初めて保温せず
今年一番の暖かさである。
日中苗のほとんどは庭ハウス内である。
最高32~3℃ぐらい、
いい条件である。
先日の灌水で
初めて液肥を施肥したので
この好条件、元気そうである。
夕方5時半頃で
車庫内温度が18.1℃
明日朝最低気温が9℃
の予報である。
車庫内は外気よりも
2~3℃高いので
最低気温は11~12℃と言うことになる、
少しずつ低温に慣らすため
今夜温室に入れず
車庫内に置くことにする。
ナス、ピーマン、きゅうり、うりは
寒さに弱いので車庫内温室に
入れることにする。
これで今夕は発芽器の
Bバリアは出したので
車庫内温室の保温だけである、
20W2個で40Wの消費電力、
随分節電できるようになった。
週末から週明けにかけての
日曜、月曜の最低気温が
1~2度ぐらいに予報されているので
このときだけ保温が必要だが
それ以降は多分トマトは
保温せずにいけそうである。

IMG_2379.jpg

IMG_2376.jpg
接ぎ木でカットした残りである
双葉の際から新芽が出ています。
この新芽を再度穂木として利用
しようと言うところです。

IMG_2377.jpg
接ぎ木苗です、約120本。

IMG_2378.jpg
とうもろこし、今年の苗は
よく出来ています。
いつでも定植できる状態だが
今週末最後の寒波が来そうなので
そのあとに圃場に出すつもりです。

ジャガイモが出芽仕掛けている
時期なので毎日こまめに
出芽しているところの
マルチを破ってやらないと
暑さで新芽が溶けてしまいます。
夕方も少し出芽していた。
やはりシンシアが一番遅く
まだ一つも芽が出ていない。
ここしばらくこまめに
毎日確認する必要がある。

車庫内温室、車庫の温度が
7時半頃14.3℃まで下がったので
スウィッチを入れる。
[ 2015/03/17 18:35 ] トマト | TB(0) | CM(0)

双葉脇芽用台木「Bバリア」発芽

双葉脇芽用台木「Bバリア」発芽
トマトの接ぎ木時
双葉の上でカットした穂木
の残骸をいずれ双葉の脇から
新芽が出てくるので
高いトマトの種、もったいないので
保温管理していたところ
脇芽が出だしたので
13日金曜日、台木の
自家採取「Bバリア」180粒播種
していた。本日発芽確認したので
発芽器から出す。
穂木はホーム桃太郎EX、
ホーム桃太郎T93,
ホーム桃太郎ゴールド
麗夏、おどりこ、クックゴールド
6種類。
普通なら廃棄処分するところだが
たくさんある、双葉の脇から出るので
2本出ることになり
倍の数である、1個の種から
苗を3本作ることになる。さてその使用
どうしたものか。
[ 2015/03/17 18:13 ] トマト | TB(0) | CM(0)

育苗管理

育苗管理
季節の変わり目で
温度管理が難しい。
サーモスタットを使っているので
気にしなければ
難しくはないのだが
節電対策としていろいろ工夫している。
昨夜はベランダ温室の
両方とも40Wのヒヨコ電球で
朝は外気が10℃、
自作温室が17℃
スチール温室が14℃
それと主に穂木カット跡の
苗を庭ハウスの中の温室
をビニール掛けし、60Wで
保温したのが13℃であった。
車庫温室は使わなかったが
電源無しで12℃ぐらい、
これなら庭ハウスを止めて
車庫温室で20Wを使えば
2個で40Wで庭ハウスの60W
よりも消費電力が少なく
庭ハウスよりも温度が確保
出来そうなので今夕は
庭ハウスを止め
さらにベランダのスチール温室
もやめて自作温室40Wと
車庫温室2個それぞれ20W
計80Wで管理することに。
ただ、トウモロコシと
自家採取Bバリアの残り苗は
車庫温室に入れず車庫内に
置くことにした。
Bバリアはもともと強いので
大丈夫だが
トウモロコシは少し早いような
気がするが、今年の苗は
順調に大きくなり既に
いつでも圃場に出せる状態になった。
ただ今週は平年よりも高めだが
来週から再び寒の戻りで
霜が降りる恐れがあるため
まだ圃場には出せない、
しかし限度があるので
来週週初めの低温期が済めば
圃場に出さないといけない。
そのため今から低温に慣らす必要があり
今日初めて夜は保温しないことにした。
今に時期にトウモロコシ苗の無保温は
初めてである。ちなみに今日は
昼間は外気に出しっぱなしであった。

IMG_2375.jpg
車庫温室、2~3日使用して
いなかったが、今日40Wから
20Wに替えて使用することに。

[ 2015/03/16 20:08 ] 家庭菜園 | TB(0) | CM(0)

たまご焼き「ふなまち」

【たまご焼き「ふなまち」】
先週の皮膚科医院に行った帰り
久しぶりに寄ってみたが
定休日
で1週間後の今日、
再び寄ってみた、
11時過ぎだが
既に3組ほど並んでいる、
お世辞にも綺麗と言うところでは
無いのだが結構るるぶでも
掲載されるほど知る人ぞ知る
有名店である。
有名な芸能人も訪れたのか
色紙が貼ってある。
待つこと15分ほど
順番が来た。
店内は狭く、3組6~7人
ほどしか入らない。
店の人4人が忙しく
働いている、トイレに行く間も
ないのではないかと思うほどである。
食べに来る人よりも
電話で注文、持ち帰りが結構多い。
土日には遠方からも来るそうである。
たまご焼き、神戸、大阪では
「明石焼き」と言われているが
当の明石では「たまご焼き」と言う。
市内主に明石駅前周辺に
たくさん店があり
「ふなまち」は駅よりやや遠い、
もっと有名なところが旧フェリー乗り場
近くにありここは
休日は行列ができている。
ふなまちよりやや高い、
私は味値段ともふなまちが好みである。
地元の人は一番人気よりも
こちらの方が多いようである。
アツアツを「はふっ はふっ」と言いながら
やけどしないように食べるのが美味いのである。
久しぶりの玉子焼きであった。

IMG_2373.jpg
そこらのお好み焼き屋と言った
感じである。

IMG_2374.jpg
4×5 20個 550円 安っ!
これでも50円値上げされています。
他の店では7~800円ぐらいですよ。
連れ合いとそれぞれ1皿づつ
満腹しました。
[ 2015/03/16 19:38 ] グルメ | TB(0) | CM(0)

水虫?

水虫
私ではありません
連れ合いの話です。
自慢じゃないですが
私は生まれてこの方
水虫に掛かったことはありません。
1週間ほど前皮膚科に行きたいというので
行ってきた。
随分前からおかしかったようである。
明石駅前の私も時々
お世話になるW皮膚科、
前は早く済まそうと
朝一、9時前に行った、
ところがわんさか満員であったようだ、
2時間ほどかかってしまった。
このW皮膚科患部から組織を取り
患者の目の前で顕微鏡を
覗くのである。
水虫の菌はいませんね、
取りあえず薬を渡すので
良く成らなければ
1週間ほどして来てください。
よくあるパターンである。
顕微鏡をのぞかれると
それなりに説得力があるようで
そうかなと思ってしまいます。
それが先週の話、
この1週間何かぶつぶつ
言っていましたが
原因は思わしくないようです。
それで今日ご指導通り
再び診てもらうことになった。
今日は時間をずらしていくことに、
10時半ごろに行った。
30分ほどで済んだようである。
水虫ではないが、原因は
よくわからないようである。
薬を変えて様子を見ることに。
[ 2015/03/16 19:15 ] 健康 | TB(0) | CM(0)

二番手きゅうり発芽

二番手きゅうり発芽
きゅうりは苦手である。
思うように育苗できたことがない。
実生だけなら簡単なのだが
接ぎ木は難しい。
昨年は台木に「黒だね南京」と
「グリップ」を使ったが
数株は使ったが全体に
思わしくなかった。
今年は穂木は「夏すずみ」で
同じなのだが台木を
「新土佐南京」に替えてみた。
結果は同じである。
使えるのは2~3株で
昨年よりも悪い。
仕方なく実生で栽培すべく
「つばさ」という品名のきゅうりを
播種していたのが
本日発芽した24株である。
若干遅れるが
連休頃には定植できるだろう。
きゅうりは6月から7月にかけて
定植する秋どりを栽培予定なので
台木の種がまだ残っているので
その時に再度挑戦してみよう。

IMG_2371.jpg
今回播種したのは左の「つばさ」
[ 2015/03/15 18:41 ] きゅうり | TB(0) | CM(0)

ジャガイモ出芽

ジャガイモ出芽
よく雨が降る、
きょうも未明から雨、
朝方には上がったが。
畑の耕耘して雨水入れ
をしている3畝、
雨水が入ったらマルチを
する予定だが、未明の雨は
大したことはなく
来週半ばごろまとまった雨が
降る予報なのでそのあとに
マルチを張ることにする。
マルチは200mロールを
買っているのでこれを
畝上をゴロゴロ転がすと
畝が崩れてしまうので
あらかじめ長さの寸法を
測っておき家でカットして
畑へ持って行きます。
家でカットするのも
15メートルとか20メートル
となると結構工夫が要ります。
そんな場所がなく
重たいロールから巻き取る
装置を工夫した。
画像は撮り忘れたので
またの機会にします。
今日は3畝分のカットをした。
で、カットする長さを測りに
畑へ行ったとき
ジャガイモの畝が
少し突き上げているところがある、
そうです出芽しているのです。
昨年は15日に出芽だったので
少し早い、
予想通り「インカのひとみ」だ、
今年は「インカのひとみ」「とうや」
「キタアカリ」「シンシア」の
4種類を植えたがインカのひとみが
一番よく芽が出ていた。
おそらく一番遅いのはシンシアだろう。
芽のところのマルチを破ると
芽が出ている、ただマルチを破るのが
遅れたのか暑さにやられて
少し溶けている、
昨日、一昨日と晴天だったので
マルチ下は高温になる
暑さにやられて芽先が
どろどろに溶けるのである、
溶け具合から昨日ではないようだ
と言うことは一昨日あたりから
出芽していたのではないか
12日頃である、油断していた。
でも100%ドロドロではないので
心配ないのだが、もう少し早く
見ておけばよかった、
インカのひとみは100%の出芽である、
明日は霜注意報が出ているので
不織布トンネルを急遽掛けた。
[ 2015/03/14 19:24 ] ジャガイモ | TB(0) | CM(0)

畑 春夏野菜の準備

畑 春夏野菜の準備
3月も中旬になった。
昨日は真冬並みに
寒さで縮じこまっていたが
一転今日は比較的暖かかった。
これで平年並みだと思う。
菜園の畔には土筆が
顔を出していた。
トマトの植え付け予定地は
既に耕耘済だが
他にキュウリ、ナスなど
の植え付け地を
そろそろ準備しなければならない。
ここ数日雨の日が多く
明日明後日も雨が予報されており
耕耘する機会がないので
本日耕すことに。
高菜跡の畝、壬生菜、水菜レタスなどの畝、
ブロッコリー、キャベツ跡の畝を耕す。
元肥はトウモロコシ予定地は
加古川で調達した残飯堆肥を
やや多めに施肥、
トウモロコシは肥料喰いである。
化成肥料、苦土石灰を施肥。
これでごたごたしていた畑が
すっきりした。準備万端である。
残渣は畑の残渣置き場が
一杯でなかなか乾燥しないので
持って帰ることに、段ボール箱5杯分。
エンドウの風除け不織布も取り外す。
画像は撮り忘れました。
※現在畑にあるもの
玉ねぎ3種類、スナップエンドウ
ソラマメ、2番手スティックセニョール
2番手ブロッコリー、春キャベツ
水菜、ニンニクである。
極早生玉ねぎが随分大きくなった。
もうしばらくすると収穫できそうである。
昼食後すぐにかかって
5時ごろまでかかってしまった。

本日接ぎ木苗を発芽器から出す。
庭ハウス内に入れたが
昼ごろ少し弱っていたのがあり
車庫内温室に移す。
穂木が細くて接着部分の角度が
若干合わず完全密着していないのが
やはり弱っている。
台木、穂木を同じ大きさに
育苗するのがコツで難しい。
品種によって成長速度が違うのが
やっかいだ。
[ 2015/03/12 19:57 ] 家庭菜園 | TB(0) | CM(0)

竹細工

竹細工
真冬に逆戻りの
天気でしたね
めまぐるしく雲が行き来し
晴れたと思ったら急に暗くなって
雪がちらつき
風も強く寒い一日であった。
今日はトマト、キュウリの
接ぎ木してから7日目で
遮光高湿度の発芽器から
出して、日光浴の慣らし育苗を
する予定であったが
あまりに寒く気温が低いので
断念、取りあえず仕掛け中の
竹細工を仕上げニスを塗ることにした。
午後は見栄えにいいように
カメラに収める作業。

CIMG0087.jpg
クワガタ、
一番難しいのは
足を曲げる作業です

CIMG0180.jpg
ニスを塗ったので
ややツヤが出ました。

CIMG0105.jpg
バランス竹とんぼです
竹筒の枝にとまらせています

CIMG0109.jpg
黒いのもあります

CIMG0124.jpg
鉛筆立てにもできます
この台を何にするか
色々考えられます
木材を平べったく斜め切りにして
台にするとか
壁掛け用の竹細工に
止まらせるとか

CIMG0147.jpg
節のところを
トンボの胴体にし
皮を取らずに生かしたものです

CIMG0148.jpg
緑もあります
皆水性ペンキです
油性は後始末が大変なんで
ニスは油性です

CIMG0153.jpg
赤が気に入ってるのだが
果たしてどうか

CIMG0223.jpg
色々の色があります
やはり自然色の
緑の皮付きがいいですか
皮は日が経つと変色しますが

DSCF4464 (640x480)
これは竹細工ではありません
呼子のような笛です

DSCF4460.jpg
画像サイズミスです

DSCF4476.jpg
これも竹細工ではありませんが
ストラップです

DSCF4472.jpg
眼の焼き入れが
大変です

DSCF4482.jpg
これは素材がカリンの木です

DSCF4478 (640x480)
この眼は焼き入れではないが
これも難しいです

明日は今日よりは
ましだそうですが
それでもまだ平年以下だそうです
今週末あたりから暖かく
なりそうです。

[ 2015/03/11 22:25 ] 趣味木工竹細工 | TB(0) | CM(0)

ゴールドラッシュ発芽

ゴールドラッシュ発芽
4日夜にキッチンペーパーに
包み発芽器に入れ、
約20時間後の5日夕方
200穴セルに播種した
トウモロコシの「ゴールドラッシュ」
本日朝、3割ほど発芽したので
発芽器から出し、天気がいいので
庭のハウス内へ入れる。
今日の天気なら30~32℃くらいに
なるはずである。
夕方外出から帰ってみると
8割ほど発芽していた。
今年は上出来である。
昨年は散々であった。
200穴セル2枚播種し
使える苗になったのは20ほどであった。
400のうち20だから
5%である。
発芽に成功すれば
8割がた使える苗になります。

IMG_2363.jpg
角度が悪いので
よくわかりませんが
8割ほど芽が出ています。
[ 2015/03/08 20:42 ] トウモロコシ | TB(0) | CM(0)

トマトの接ぎ木完了

トマトの接ぎ木完了
昨日から実施していた
トマトの接ぎ木、今日午前中に
完了した。
全部で130鉢ほどか。
うち使い物のなるのは
どれくらいか?
今日の接ぎ木は
「おどりこ」の残りと
「クックゴールド」の
黄色の中玉とまと。
クックゴールドは台木
グリーンガードと新規Bバリア
を使用、おどりこはほとんど
自家採取Bバリアを使う。
やはり台木の方が太くて
ホルダーのサイズが合わない。
ホルダーはほとんど中を使う。
穂木の方を逆に1週間ほど
早く播種したほうが良い。

IMG_2362.jpg
手前が昨日実施した接ぎ木苗、
一応元気している。
一番電球に近いのが
本日接ぎ木した直後の苗、
直後はこのようにシンナリ
萎れています。
電球の右側紙の短冊の
ようなものがありますが
プラスチック製の保湿グッズです。
水を入れた入れ物に挿しています。
これが水を吸い上げ蒸発させて
高湿度を保っています。
接ぎ木直後は温度よりも
湿度が大事です。ほぼ100%に近い
湿度を保ちます。
真ん中下に置いてあるのが
きゅうりとマクワウリの接ぎ木苗です。
今のところ両方とも穂木は生きています。
今日は晴天の比較的
暖かい日であった
午後は手術入院している
義姉を見舞いに三木へ。
[ 2015/03/08 20:20 ] トマト | TB(0) | CM(0)

今夜のスープ

今夜のスープ
今夜のスープです。
まず画像から

IMG_2359.jpg
薄紫色ですね
さて素材は何でしょう?
ムラサキですから
想像できるのは
ぶどう、いちご?、
ムラサキブロッコリー、
レッドキャベツ、それとも
人工的な食材?
ヒント
我が菜園の収穫物、
そうです、レッドキャベツです。
このレッドキャベツ
食材としての使用範囲が狭いのか
あまり人気がありません。
10株ほど作ったのですが
最後の収穫物です。
味はなかなかイケマシタですよ。
今日は昼前から降り出し、
午後は半日中雨でした。
予報に反してシッカリ降りました。
トマトの接ぎ木ののこり
クックゴールドとおどりこを
接ぐ予定だったが
気温が低く断念、
寒い一日でした。
[ 2015/03/07 18:33 ] グルメ | TB(0) | CM(0)

トマトの接ぎ木実施

トマトの接ぎ木実施
穂木の成長がまだ十分でなく
細いのだが
台木が太く成り過ぎ
ホルダーのサイズが合わなくなるので
これ以上先に延ばすのは無理のようなので
接ぎ木作業をすることにした。
接ぎ木できたのは約100鉢。
穂木の種類は
ホーム桃太郎   20鉢
ホーム桃太郎EX 40鉢
桃太郎ゴールド  10鉢
麗夏         30鉢
おどりこ       40鉢
クックゴールド    6鉢
計          146鉢
これは播種した数で
ポット上げしたのはこれより
若干少ない。
さらに接ぎ木できない苗が
若干あった。
おどりこがまだ20鉢ほど
残っているので126鉢播種のうち
100鉢接ぎ木できたのであるから
79%の歩留まりである。
台木は
新規購入Bバリア  50鉢
自家採取Bバリア 100鉢
グリーンガード    50鉢
計           200鉢
新規購入のBバリアと
グリーンガードを主体に
予備に自家採取のBバリアを
各品種若干数使用した。
自家採取は実験用である。
したがってほとんど残っている。
今回実施しての反省点
①台木を2月2日に播種し
穂木を5日後に播種したのだが
台木の方が太く成り過ぎ
接ぎ木しにくくなった。
少なくとも同時に播種した
ほうがいいかもしれない。
ただ穂木の播種は台木の
発芽を確認してからと
書いてあるのだが・・・。
原因はやはり過酷な環境での
育苗のため通常想定される
成長度に差が出てくる
のではないかと思う。
台木は原種に近いので
過酷な環境にも耐え成長するが、
一方穂木は品種改良を
重ねた結果の優良品種で
あるため過酷な環境には
弱いのでその差が
出たのではないかと思う。
むしろ若干穂木の方を
早めに播種したほうがいいかもしれない。
②昨年は台木1品種
穂木1品種で管理しやすかったが
今年は台木3種類
穂木6品種でそれぞれ
成長の度合いがまちまちで
接ぎ木するにも穂木の
太さに合わせてホルダーを
選択しなければならず
また狭い場所での管理になるため
それぞれ見た目は同じなので
どれがどの品種であったか
分からなくなり、おまけに
1品種に対して台木を
3種類とも使っているので
合計18パターンのポットになる。
このためそれぞれのポットに
名札をつけ台木名と穂木名を
記入していった。
そのため結構時間がかかり
昼食後すぐに始め夕方5時過ぎまで
5時間休憩なしの作業。
やはり1種類か2種類にすべきである。
③このたび台木「グリーンガード」を
初めて使ったのであるが
接ぎ木する場合グリーンガードの方が
Bバリアよりもしやすいことが分かった。
というのは接ぎ木は台木の双葉の上
1センチぐらいのところをカットし
ホルダーを5ミリほど差し込み
穂木をその上に5ミリほど
差し込んで台木穂木を密着
させるのだが
Bバリアは双葉の上、本葉との
間が狭く1㎝もないのが
結構ある。
一方グリーンガードは双葉と
本葉の間が1センチ以上あり
十分カットする場所が選択できるのである。
ただ見た目はBバリアの方が
太短く如何にも原種に近い感じがする。
色も軸が赤黒くたくましい色である。
グリーンガードは背が高く
色も薄緑いろでいかにも貴公子
と言った感じである。
今後の収穫具合を見て
差がなければグリーンガードの
ほうが作業しやすい。
若干種代は高いが・・・。
今年はこのグリーンガードの
種を採取しておこう。
④今年は灌水は
ほとんどしなかった。
ポット上げ後は
その時に底上げ吸水しただけで
その後1回もしていない。
根張りは乾燥気味の方が
いいかもしれない。

IMG_2355.jpg
昨年はホルダーは大を使ったが
今年は中と小だけである。
中を使うと台木はぴったりだが
穂木はやや緩く
小を使うと穂木はピッタリだが
台木は窮屈であった。
なかなか成長を合わすのは
難しいです。

IMG_2356.jpg
大きい発芽器がいっぱいになったので
通常の発芽器に入れています。
台を置いて2段重ねにします。
そうしないと発芽器を4個も5個も
使うことになり
それだけ電気代がかさみます。
大小の発芽器に2段重ねにして
窮屈な育て方をしています。
ただ接ぎ木後の1週間は
この状態で薄暗いところで
昼間25℃ぐらい
夜間18~20℃ぐらいの
高湿度状態で管理すればいいので
この過密状態でも
問題ありません。
おどりこがまだ少し残っていますが
ほぼトマトの接ぎ木は完了です。
あとは活着するのを待つだけですが
思わぬ失敗と言うこともあるので
気を許せません。
次ぎはナスの接ぎ木ですが
これはまだ先です。

[ 2015/03/06 20:29 ] トマト | TB(0) | CM(0)

ゴールドラッシュの播種

ゴールドラッシュの播種
トウモロコシの話です。
お気に入りの品種で
毎年栽培しています。
昨年も3月5日に播種しています。
昨年は散々でした。
128穴セルに播種したのですが
使い物になったのは20ほどでした。
トウモロコシは4月頃の直播
ならば比較的簡単に発芽するのですが
今の時期、保温して育苗する場合
結構難しく苦手ですね。
保温=過湿になって
種が腐ってしまうんですね。
いろいろ工夫はするのですけど
歩留まりが悪いです。
毎年入用の3倍も4倍もの
種を蒔きます。
今年も30~40本ほどの苗が
あればいいのですが
200穴セルに播種しました。
それなら4月に播種すればと
思われますが、4月に播種すると
結実する時期に天敵
アワノメイガの幼虫に悩まされます。
数回の農薬散布が必要になってきます。
これを避けるため天敵が暗躍する前に
収穫してしまうと言う算段です。
4月初旬に定植し6月末には
収穫を終えてしまうには
3月上旬に播種しないとダメです。
で、本日播種しました。
実際は夕べと言ったほうがいいかもしれません。
夕べキッチンぺーぱーに包み
水を含ませて発芽器に入れておきました。
約20時間後の本日夕方セルに播種。
幾分発芽促進になるかなとの思いです。

IMG_2353.jpg
ちなみにいろんな品種を植え
どれが美味しいか食べ比べを
する方がいますが
トウモロコシは異品種を
混植すると交雑し
期待するものができない場合があります。
皆さんよくやるんですねこれを、
近隣は迷惑します。

IMG_2352.jpg
分かりにくいですが「カメ」です。
冬眠から覚めたのか
冬眠しなかったのか
日課の途中です。
[ 2015/03/05 19:00 ] トウモロコシ | TB(0) | CM(0)

きゅうり「夏すずみ」とマクワウリ「甘露」の接ぎ木

きゅうり「夏すずみ」とマクワウリ「甘露」の接ぎ木
台木の「新土佐南京」が大きく成り過ぎ
限度なので、まだ夏すずみ、甘露とも
小さいのであるが接ぎ木することにした。
先日試した接ぎ木、思わしくなかったが
今日の状態を見るとトマト、キュウリとも
全滅ではなくよみがえりつつある。
このこともあって全部接ぎ木することに。

IMG_2340.jpg
台木の「新土佐南京」です。
真ん中の新芽を取り除きます。
完全に取らないと
中途半端な取り方では
また芽が出てきます。
黄色い柄のカッターでカットします。

IMG_2341.jpg
取り除いた芽です。

IMG_2351.jpg
拙い絵ですが
接ぎ方です。台木の芽を取ったところに
接ぐのですが南京は
軸の中が空洞になっています。
穂木のきゅうりを差し込むとき
この空洞に出てしまうと
穂木が水分を求めて
空洞の中を地面に向かって
根が伸びてゆきます。
こうなると穂木は
わざわざ南京を介して水分や
栄養を取らなくても自根で
吸収できるため自根がどんどん増えていきます。
ようするに接ぎ木の意味が無くなってしまうわけです。
こうならないよう表皮と空洞のわずかなところに
あらかじめ作っておいた竹ヘラで3ミリほど
穴を開けます、この穴に楔形に切った
穂木の軸を差し込みます。
細かな作業です。

IMG_2345.jpg
接いだところです。
台木、穂木とも
いい状態の大きさで
上手く接げばクリップで
止める必要はないのですが
まだ熟達してません。

IMG_2346.jpg
過酷なことにこの
接いだものをカットしてしまいます。
そうです、挿し木にします。
何故挿し木にするかと言いますと
台木の新土佐南京が徒長しすぎるのと
挿し木にするとリスクはありますが
根がたくさん出てきて丈夫な苗になります。
苗をわざわざカットする方法は
ブロッコリー、丹波黒豆もこの方法を
使っています。
何にでもできないのですが、
南京は生命力が旺盛で
少々の過酷な目にあっても
へこたれません。
トカゲのしっぽ切りのようなものです。
最近は昔のようにトカゲを見かけるのが
少なくなってきましたが
トカゲを捕まえるとき
しっぽが長いので
どうしてもしっぽを押さえることに
なってしまいます。
ところがこのしっぽ、簡単に切れるんですね。
トカゲの生き残り戦術です。
切れたしっぽの先を残し
さっさと逃げてしまいます。
残されたしっぽ、これがまた面白いのですね
しばらくの間くねくねして暴れまわるんですね。
これがおもしろくてよく捕まえたものです。
これでまた思い出しました、
カエルの心臓も単独でしばらく動きますよ。
小学生のころ蛙の解剖実験を
理科の時にやったと思います。
これがおもしろくてよくやったものです。
麻酔薬が「クロロホルム」だったかな?
まだ小学生だったので手に入らないため
多分誰かに教えてもらったと思うのだが
ガソリンをペットボトルのようなキャップに
半分ぐらいビニール袋に入れ、
これに蛙を入れると数分で
仮死状態になります。
ガソリンなら農機具に使うので
納屋にあふれんばかりにあったので
自由自在です。
ようするに蛙をシンナー中毒
にさせるわけです。
ぐったりした蛙の腹を
今のようなよく切れるカッターはなかったので
多分はさみだったと思うが
腹の皮を足又から胸に向かって
切っていきます。
皮を開くと肉になるので
どこを切ればいいかよくわかるように
なります。で、同じように
真ん中を切っていきます、
これを上着の前ボタンを外し
胸を開いたような状態にします。
心臓、胃、肝臓、腸などが
まるわかりです。
この時点でも心臓だけが
パクパクと動いています。
これで一応解剖は終了ですが、
このあと心臓だけ切り離します、
これがおもしろいのです、
心臓を切り離しても
しばらくひつこくパクパクしています。
えーと、何の話でしたかね
そうそう生命力が強い話でした、
そうです南京は生命力が強いです。
だから台木に使うのです。

IMG_2347.jpg
これはふと思いついたのですが、
挿し木にするためカットした
台木「新土佐南京」の残骸ですが
捨てるのはもったいないですね。
そこで考えたのがこの接ぎ木の方法、
廃物利用です。
途中斜めに切り込みを入れ
そこの斜めに楔形状にカットした
穂木を差し込みます。
1本の台木を2度使用するようなものです。
どうなるか分かりませんが
何となく挿し木よりも
台木が地について根を張っていますから
活着する確率が高そうな気がするのですが、
5~6本作りました。
合計きゅうり20本、ウリ10本ぐらいです。
[ 2015/03/04 20:05 ] きゅうり | TB(0) | CM(0)

バランス

バランス竹とんぼ
合間にコツコツ凝りもせず
作っています。

IMG_2294.jpg
左が胴体
既に頭先を焼きを入れて
曲げています。
この曲げ具合は
バランスに少なからず
影響します。
右が羽根です。

IMG_2303.jpg
胴体に羽根を付ける
穴を開けます。
トンボの大きさにもよりますが
今回のは2ミリの穴です。
羽根は前斜め下に向けて
取り付けますが、この角度を
左右同じにし、角度も
バランスに影響するので
慎重にします。

IMG_2304.jpg
完成です

IMG_2348.jpg
今回はいくつか
色づけしました。

IMG_2349.jpg
こんな感じですが
やはり色付けよりも
自然色のほうがいいかもしれませんね。
透明ニスを塗って
艶出しすれば
感じが変わるかもしれません。
[ 2015/03/04 19:56 ] 趣味木工竹細工 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

kコチン

Author:kコチン
定年退職後、園芸と木工の日々、1948年兵庫県生まれ、同在住。
約300㎡の借り畑地でのらりくらりと菜園、特にトマトの自家接ぎ木栽培に凝っています。その傍ら端材を利用して作る過程を楽しみながらあれこれ子供のおもちゃを作り、細々とネット販売しています。
ヤフオク、メルカリ、ミンネに出品しています。「手づくり 木のおもちゃ 機関車」「手づくり 木のおもちゃ ヘリコプター」「手づくり 竹細工 クワガタ」など検索してみて下さい。

カレンダー
02 | 2015/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
fc2カウンター