FC2ブログ

菜園ときどき木工(旧おまけ人生つれづれ日記)

約1年の中断後復活、主に菜園の様子と趣味の木工を綴ります。

育苗装置の電気代

育苗装置の電気代
5月の連休前ぐらいに
春夏野菜を定植しようと
思えば2月中旬ごろから
種まきの準備をしなければならない。
私は例年少し早く、4月中旬ごろに
定植している。このころに定植しようと思えば
どうしても2月初旬ごろに
播種しなければならない。
だいたい立春ごろに播種している。
普通はもう少し遅くてもいいのだが
これはプロがする場合で
大型のビニールハウスがあれば
半月ぐらいは短縮できる。
小さな温室で育苗しているので
成長が遅々としており
播種から定植まで70日かかってしまう。
2月、3月の寒い時期なので
どうしても保温が必要となり
いろいろ工夫はしているが
それでも若干2月、3月は電気代が
増えるだろう。
電気を使うものは
発泡スチロール発芽器と
小型温室であるが
今日の時点で使っているのは
発泡スチロール発芽器
ベランダに置いている
小型温室2基である。
発泡スチロール発芽器は
40Wのヒヨコ電球で
24時間つけっぱなしだが
昼は30℃、夜は20℃で
サーモスタットを設定しているため
半分くらいは消えている。
ベランダの温室は100Wと60W
である。これは夕方5時過ぎにON
あさ8時ごろに切る。
電気代を計算してみると
※発泡スチロール発芽器
o.o4KW/h×27円/1KW/h×24時間/2=13円/1日
※小型温室2基
o.16KW/h×27円/KW/h×15時間=65円/1日

IMG_2305.jpg
今日の新聞記事である
4月からの標準家庭の
電気料金である。
関西電力管内は
だいたい月8000円が標準のようだ。

ちなみに費用を比較してみると
育苗施設の初期投資は別にして
種子代はトマト、キュウリ、ナス
トウモロコシなどで
約7000円
電気代
約4000円
苗を購入した場合
約200本×200円(接ぎ木苗)
=40000円

費用11000円で半年ほど
遊ばせてもらって
おまけに40000円ほどの
苗代が浮くのであるから
安いものである。
スポンサーサイト



[ 2015/02/27 23:01 ] 家庭菜園 | TB(0) | CM(0)

畑の準備

畑の準備
午前中ソラマメの支柱立てとか
収穫作業をしたが
引き続き春夏野菜栽培のため
畑の準備をする。
今年はトマトを例年より多めに
栽培する予定なので
取りあえずトマト栽培予定地の
耕耘をする。
まず前作の残渣を取り除くのと
大きな草を引く作業。
ホウレンソウとか小松菜は
ビニールトンネルをしていたので
結構草が生えており
それの取り除く作業に
時間が取られた。
施肥は蔓ボケ防止のため控えめ、
自前ボカシ、残滓堆肥、苦土石灰
牡蠣殻を施肥。
トマトは追肥中心である。
耕耘後マルチはせず
一雨入れてからマルチをする予定である。
2か所計25メートルほどの
畝である。トマト120本ほど植えられるか。

IMG_2298.jpg
耕耘は小型管理機でするが
谷上げは鍬での手作業である。
最初粗く谷あげする。
そのあと2回目、畝端をやや斜めに
谷あげする、雨でずり落ちにくいように
するためである。
画像は2回目の谷あげである。
この後表面を平らにし
畝端を鍬の背てたたき固める。
これも雨でずり落ちないように
するための作業である。
汗をかくのはこの作業である。
管理機に谷あげがついているのだが
何しろ小型で力がないため
十分な谷あげができない。
4時ごろまでかかってしまった。
夕方の日課も省略。
[ 2015/02/24 18:52 ] 家庭菜園 | TB(0) | CM(0)

ソラマメの支柱

ソラマメの支柱
真冬なのに久しぶりに汗をかいた。
今日は一日中畑仕事です。
いつもの日課は無しで
9時ごろ畑へ、
まずソラマメに被せていた
防虫兼防風網の撤去と
支柱立て.
ソラマメが大きくなって防虫網に
つかえてきた。
まだしばらく霜が降りる
寒い日が続くので
できるだけ今のままの方がいいのだが
大きくなってきたので仕方がない。

IMG_2296.jpg
支柱を立て、2本の紐で挟むようにします。
併せて2回目の芽かき実施。
だいたい4~5本仕立てにしているので
それ以上の芽は摘心している。
作業中一株だけだがアブラムシが付いて
いるのを発見、これの駆除をする。

IMG_2297.jpg
だいたい4~5本仕立てです。
これは4本ですね。

ソラマメの作業終了後収穫。
耕耘予定地に大根とカブラを
土中埋設保存しているので
まずこれを掘り出す。
ダイコン4~5本、カブラ
が結構たくさん残っていたが
はたして食べられるかどうか。
外観はよくても、中が
腐っている場合がよくある。
ホウレンソウの残り株、
高菜、玉ねぎ、サニーレタス
レタス、ブロッコリー、春キャベツ
水菜を収穫。
午前中の作業はこれで終了。
[ 2015/02/24 18:02 ] ソラマメ | TB(0) | CM(0)

夜間もベランダ温室で管理

夜間もベランダ温室で管理
2月23日現在育苗管理している苗リスト
①発芽器ーきゅうりの台木新土佐南京
       きゅうり夏すずみ
       白ナス、マクワウリ甘露
②ベランダ温室ーポット上げBバリア
           自家採取ポット上げBバリア
           グリーンガード(台木)ポット
           トマトT93ポット、おどりこポット
           トマト麗夏ポット、クックゴールドポット
           桃太郎EXポット、桃太郎ゴールドポット
           ナス台木トルバムビガーセル
           ナス台木赤ナスセル
           ナスとげなし千両二号セル
           水ナスセル、くろわしセル
           ピーマンイエローホルンセル
車庫内の温室で管理できなくなり
また毎夕ベランダから車庫内へ
移すのが大層になってきたので
昨夜からベランダ温室で夜間も
管理することにした。
ベランダは車庫内より5℃ほど
低いので今の時期
最低12℃ぐらいを確保しようとすれば
重装備である。

IMG_2295.jpg
温室には開閉可能な
ビニールを被せてあり
昼間はこれだけで温度調節しているが
夜間はさらに密閉ビニールを被せ
その上から毛布を被せてある。
一つの温室に前後2枚、合計4枚の
毛布を使用している。
これで60Wのヒヨコ電球で
今朝は右のスチール棚温室は14℃、
左の自作温室は20℃であった。
やや小さいためかこれだけ差が出る。
この温度で十分であるが、
今朝は3月中旬の暖かさであったそうだ。
例年の温度なら12~13℃ぐらいになるのではないか。
理想は最低14℃を確保したい。
スティール棚温室を100Wに替えれば問題ないのだが。
ちなみにいくら電気代がかかっているのか
調べてみると
家庭用は従量電灯Aで
電気会社によって若干違いがあり
また結構複雑な計算方法なので
正確には計算しにくいが
極く大雑把にいって
1キロワット/hで30円である。
1キロワット=1000Wだから
100W3円、つまり
100Wの電気製品を1時間つけると
3円と言うことである。
スティール棚温室は今60Wを使用しているので
夕方6時にON、朝の7時までの13時間
使用するとして60W/100W×13×3円=23.4円
これを100Wに変えると
13×3円=39.0円
つまり100Wにかえても一晩15円60銭
増えるだけである。
明日から100Wにしよう。
[ 2015/02/23 19:47 ] トマト | TB(0) | CM(0)

麗夏とTM93のポット上げ

麗夏とTM93のポット上げ
トマトの苗のことです。
2月7日に播種してから14日目の
ポット上げである
これで台木、穂木とも
全部ポット上げ完了です。
あとは接ぎ木できるまで
成長するのを待つだけです。

IMG_2285.jpg
セルの手前「麗夏」
向こう側既にポット上げしているのが
桃太郎TM93です。

IMG_2286.jpg
麗夏、やや徒長気味です。

IMG_2287.jpg

今日は比較的暖かい一日であった。
夕方の日課、ウォーキングコース途中
の水路にいたマガモ(だと思う)5~6羽
居た。思わず撮ったのだが
分かりずらいですね。
今はいろんな種類の鴨が
まじかに見られますが
昔このあたりも狩猟が許されていた頃
このマガモは格好の獲物だったのですが。
IMG_2284.jpg
[ 2015/02/21 19:42 ] トマト | TB(0) | CM(0)

「新土佐南京」発芽

新土佐南京の発芽
15日に播種した
きゅうりの台木「新土佐南京」
が発芽した。
24粒播種のうち2粒ほどの
発芽であるが
播種後6日目である。
同日に播種した白ナスは
まだ気配がない。
やはりナスは遅い。
発芽確認できたのは夕方
だったので今夜は
発芽器に入れたままとする。
一応発芽確認できたので
穂木のきゅうり「夏すずみ」17粒
とマクワウリ「甘露」15粒を播種。
3月下旬ごろこれらを
新土佐南京を台にして接ぎます。

IMG_2289.jpg
[ 2015/02/21 19:21 ] きゅうり | TB(0) | CM(0)

セル苗のポット上げ

セル苗のポット上げ
このごろ1日がすぐ終わってしまう。
現役の頃は時間に縛られていたが
リタイヤしてからは時間に
縛られることはないが
することの内容のパターンがあり
結構時間が早く過ぎていきます。
朝夕の筋トレ、ウォーキング
その間は今に時期だと
育苗作業、畑、連れ合いの運転手
合間を見て趣味の木工、竹細工
たまに息抜きなど。
ほとんど部屋の中にはいません。
※万歩計の記録をしていたが
このアプリ、常時位置情報を
取得しているためバッテリー消費量の
30%以上を使用しているため
中止しました。
ウォーキング自体は中止せず
やっています。
で、今日も昨日に引き続き
セル苗のポット上げ。

IMG_2276.jpg
昨日は購入種子の
トマトの台木「Bバリア」のポット上げを
したが、今日は自家採取種子の
Bバリアのポット上げ。

IMG_2277.jpg
4~5センチぐらいでしょうか
本葉が2枚出ています。
100粒播種したが
ポット上げ出来たのは
84鉢。

IMG_2278.jpg
これもトマトの台木「グリーンガード」

IMG_2279.jpg
4~5センチですね。本葉2枚です。

IMG_2280.jpg
グリーンガードです、今年初使用です。

IMG_2281.jpg
桃太郎ゴールドです。
黄色の大玉トマトです。
10粒播種のうち9鉢ポット揚げできました。

IMG_2282.jpg
残り40粒は桃太郎EXです。
昨年栽培した品種です。

IMG_2283.jpg
ベランダの温室がフル稼働になりました。
晴天の昼間は
洗濯ばさみで締め切れば
40℃を超えます。
洗濯ばさみの挟み加減で
透かしを調節し温度管理します
だいたい20℃から35℃の範囲。
曇って10℃を切り出したら
車庫内に移動します。
電熱は使えるのですが
この時点では節電のため
まだ使いません。
あとトマトの穂木、ナスの
台木、穂木のポット上げを
順次行う予定です。
今日の時点でまだ
きゅうりの台木「新土佐南京」と
白ナスの発芽が確認できません。
15日播種してから5日目であるが。
※昨夜から苗の量が増えたので
夜間、中型温室に移したが、
朝方の温度は16℃であった。
トマトは適正温度であるが
ナス類はちょっと低いかも。
[ 2015/02/20 18:42 ] トマト | TB(0) | CM(0)

トマトの台木「Bバリア」ポット上げ

トマトの台木Bバリアのポット上げ
昨年もトマトの台木を
Bバリアを使用したのであるが
昨年は1月29日に播種
2月19日にポット上げしている。
播種後21日目であった。
今年は2月2日に播種
今日のポット上げだから
播種後17日目である。
5日早い。去年の画像を見れば
今の時点で遜色ないほど
成長している。
ので、ポット揚げすることに。
実際にやってみると
やはり根の廻りが悪く
セルから抜くときに
根鉢が崩れる。
それと、もう一つ
注意しなければならない点は
根鉢が乾燥気味の時に
ポット揚げするほうが良い。
昨日灌水した所なので
根鉢がより崩れ易くなっている。
今日は他の苗もポット上げ
するつもりだったが
Bバリアだけで中断、
明日以降にすることに。

IMG_2273.jpg
セル苗は200穴セルの
1/4で50鉢。
ポット上げは48鉢。
96%の出来である。
ポットは中ポットがいいのだが
保温する温室が限られているので
最小のポットにする。

IMG_2275.jpg
2枚目の本葉が出ているころで
草丈5センチぐらいでしょうか。

IMG_2274.jpg
培養土は「コメリ」特製の培養土。
大手メーカーの培養土を使用したいのだが
値段が高く手が出ないのでこれにする。
これでも結構な値段がします。
取りあえず1袋しか買っていないが
もう1袋要るようです。
使ってみると軽くて
水の吸い込みもよく
また水はけもよさそうである。
このポット上げで車庫内の
小型温室ではスペースが
足らなくなり今日から
夜間は中型温室で保温することにする。
使用電力は同じ60Wなので
小型温室の場合は20℃ぐらい確保できたのだが
さてどれぐらいの温度になるか。
もちろん毛布は掛けます。
15日に播種した
きゅうりの台木「新土佐南京」
と播種忘れの「白ナス」が
播種後4日になるが
発芽の気配は今のところ全然ない。

昨日落札があったふくろうストラップ
を発送する。30個、東京墨田区の
猛禽類カフェで販売するとか。

[ 2015/02/19 17:34 ] トマト | TB(0) | CM(0)

ガス抜き

ガス抜き
ガス抜き?
日常のマンネリ、ストレスを
気が向いたらガス抜きしています。
我々夫婦のガス抜きは
日帰り温泉です。
昔はドライブがてら
遠距離の温泉に行っていました。
兵庫県内の日帰り温泉は
ほとんど行っています。
最近、遠距離は無理で
お気に入りは
加古川の「みとろ荘」
神戸市北区の「すずらんの湯」
山崎のゆたりん(所在は姫路)
はよく行きます。
途中、JA直売所「旬彩蔵」
道の駅一宮に寄るのが
コースです。
今朝思い立って出かけることに。
天気が思わしくなく、日がさしたかと思うと
急に曇ってきたりして育苗中の苗を
ベランダ温室に出し、できるだけ日を
浴びさせるか、それとも車庫内温室で
保温するか迷ったのだが
最低12~13℃ぐらいにはしたいので
日が陰ると10℃を切ることがあるので
安全のため車庫内温室で20℃にセットする。
いつものように旬彩蔵により
私は勝手に自分の興味があるところ
JAの農業グッズなどを見ていて
相当時間が経たので
連れ合いを探すといない。
あちこち探すと花の苗売り場で
親しく誰かと話し込んでいる。
いつものことですが誰彼無しに
すぐ仲良しになります。
でこの度は食べものの美味いところの
情報をゲットしたようです。
私は半信半疑であったのですが
とにかく従うことに。
場所は私が若いころ
千種川の上流のアマゴ釣りに
よく行った山崎から千種へ行く道沿い
にある「旬彩」という食事処。
見た感じ女性の好みそうな
感じで、これならば食事も
小しゃれた、ちょこっとしかない
料理と思っていたのですが
出てきたのがこれです。

IMG_2269.jpg
ドドーン!
何とも超ボリュームではありませんか
連れ合いが頼んだ
石焼和風オムライスセット

IMG_2270.jpg
これはわたしの
7品おばんざいプレートランチ
これも結構バオリュームがあります

IMG_2266.jpg
メニューです
結構安いです。
安くて美味いところは
地元の人に
聴くに限りますね。
そのあと湯に入り
温まってきました。
[ 2015/02/18 18:37 ] 温泉 | TB(0) | CM(0)

恋ごころ

恋ごころ
ニンジンの品種ですよ!
1月17日播種だから
31日目である。
成長は遅々としており
何時になったら食べられるのか
不安になるほどです。
昼間の日差しがあるときは
25℃近くあるのですが
夜間は外気と変わりません
ハウスの中でも氷が張っています。
ニンジンにとっては
過酷な環境です。

IMG_2265.jpg
ニンジン独特の臭みがなく
生食でも甘くまさに
名前のような甘味があるそうです。

IMG_2264.jpg
夏場なら播種後半月ぐらいの
感じなのですが。
[ 2015/02/17 18:21 ] ニンジン | TB(0) | CM(0)

紅梅白梅

紅梅白梅
我が家の庭の
紅梅が満開になりました。
白梅も7分咲きです。

IMG_2263.jpg

IMG_2262.jpg
寒さはまだまだ厳しいですが
随分と日が長くなり
日差しは春を感じさせます。
着実に季節は歩んでいます。
土筆ん坊も今か今かと
出番を見計らっているでしょう
もうしばらくの辛抱です。
[ 2015/02/17 17:30 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

育苗の様子

育苗の様子
予定していたトマト、ナスの
台木、穂木とも発芽したので
適宜、その様子を記録します。

IMG_2249.jpg
自家採取の種、「Bバリア」
トマトの台木です。
1日に腹巻保温を開始し
5日にセルに播種したのだが
なかなか発芽せず、心配していた苗である。
ほぼ100%の発芽である。
思ったほど徒長もしていない。

IMG_2251.jpg
最後に発芽器から出した
苗である。
上から順番に2列20粒づつ播種しています。
くろわし、水ナス、とげなし千両二号、イエローホルン
イエローホルンがピーマンで
他はナスである。
発芽がまばらであるが
欠けているのは4~5か所ほどで
九割ぐらいの発芽である。

IMG_2250.jpg
赤ナス、昨年の残り種で
ナスの台木である。やや発芽が悪い。

IMG_2253.jpg
今年初めて採用する
トマトの台木「グリーンガード」です。
やや徒長気味です。

IMG_2254.jpg
自家採取Bバリアがやはり心配だったので
購入した種です。これは徒長してますね。

IMG_2255.jpg
ナスの台木「トルバムビガー」です。
赤ナスと同じようにしたのですが
これはまだ小さいですね。

IMG_2256.jpg
左が「桃太郎ゴールド」10粒、
右が「ホーム桃太郎EX」40粒
昨年採用した品種です。

IMG_2257.jpg
左が「クックゴールド」6粒
右が「おどりこ」40粒
クックゴールドは6粒のうち
5粒発芽、うち1本が
何かに当たったのか折れています。
折れながらまだ生きています。
値段の高い種です。
以上で現在育苗中の苗です。
昼間はベランダ温室に出し
電熱を使わず日光で保温します。

IMG_2258.jpg
夜間はこの小型温室で
60Wヒヨコ電球で保温します。

IMG_2259.jpg
毛布にくるみます。
これで朝の一番低い時間帯で
18℃ぐらいです。
サーモスタットは23℃ぐらいに
設定しているのですが
60Wではそこまで上がらない
ようで、ずっと電源が入ったままです。

書いた者しか分からない
作付け計画です。
次年度以降のため
画像で残しておきます。

IMG_2261.jpg

[ 2015/02/16 20:07 ] 家庭菜園 | TB(0) | CM(0)

新土佐南京、白ナスの播種

新土佐南京、白ナスの播種
昨年のきゅうりの台木は
黒たね南京とグリップを
使ったがどちらもイマイチで
特に黒だね南京を台にした
きゅうりはうどんこ病が
激しかったように思う。
今年は新しく「新土佐南京」を台にする。
昨年は台木の播種を19日にしており
昨年から比べると少し早いのだが、
種袋を整理していると
白ナスの播種を忘れていたのに
気が付いた。
既に台の赤ナス、トルバムボガーは
播種しているので急きょ播種することにした。
発芽器を白ナスだけに使うのが
電気代がもったいないので
少し早いが新土佐南京も一緒に播種。
ナスは接ぎ木ホルダーでの接ぎ木ではなく
割り接ぎなので少々台木が大きくても
問題ない。

IMG_2260.jpg
段ボールの下が新土佐南京である。
段ボールを被せているのは
ヒヨコ電球の真下なので
熱がきつすぎるのを避けるため。
[ 2015/02/16 19:31 ] きゅうり | TB(0) | CM(0)

ジャガイモの植え付け

ジャガイモの植え付け
12日朝カットし
切り口を乾燥させていた
ジャガイモを本日午前中に植えつける。
植え付け前にカット面を木灰を付け
腐敗の予防をする。
全部で90片である。
品種はシンシア20片、
キタアカリ20片
インカのひとみ20個
とうや30片。
畝幅が90㎝と広いので
3列30㎝間隔で植え付け。
元肥はボカシを薄く施肥しただけで
既に耕耘しマルチを被せている。
かなりやわらかいときに耕耘したので
水気は十分であるが
マルチをするため
雨水が入らないので
植え付け後タップリ水やりをする。
やや浅めで、種イモの間に
ボカシ(ボカシに硫酸カリ、ようりん、残飯堆肥、
化成肥料を混合したもの)を一握り施肥する。
今日は日差しは春めいていたが
気温は低く寒い日であった。
例年なら既に植え付けしているのであるが
今年は例年と比較して寒いのか
こんな寒い時期に植え付けしていたのかなと
思うほどである。
で、調べてみた。
2014年 2月11日
2013年 2月17日
2012年 2月11日
2011年 2月10日
それぞれ2月13日までの
平均気温の平均は
2014年 4.3℃
2013年 5.7℃
2012年 3.8℃
2011年 4.4℃
で今年は4.5℃である。
と言うことはそんなに変わらない。
なのに例年より寒く感じるのは
齢のせいか!
畑に設置した風呂桶の水を
全部使い切り、空にして
青もなどが発生しないように
乾燥させる。

植え付け作業の画像を撮る
つもりであったが作業中は
一生懸命で忘れており
気が付いたときは帰宅していた。

昨日発泡スチロール発芽器一式を
提供したS氏、今日もハウスに来ていたので
覗くと早速利用していた
ただ、今までハウス内でさらに
ビニールを被せていた
ピーマンの播種セルを
入れていた、1割ほど芽が出ていた。
これまでに忘れるほどの日数がかかっており
おそらく半月ぐらいはかかっているのではないか。
この発芽器なら1週間ぐらいで発芽するのだが。
[ 2015/02/14 19:37 ] ジャガイモ | TB(0) | CM(0)

孫からの手紙

孫からの手紙
遠く離れている孫から
時々宅急便のなかに
手紙や絵が入っています。
だんだん上達して字がはっきりしてきました。
一緒に送られてきたケーキで
手紙を見ながらニヤニヤと
お茶してます。

IMG_2247.jpg
送り賃の方が高い
野菜をよく送るのですが
その礼です。

IMG_2248.jpg
15時のティータイムです。
[ 2015/02/14 18:50 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

発泡スチロール発芽器

発泡スチロール発芽器
借りている畑の近くで
大きなビニールハウスを
持っている人がいる。
私より2~3歳若いと思うのだが
同じように野菜を作っているので
時々話をしていたが
トマトの接ぎ木の話
持ちかけてみると
興味があるようで
それならと言うことで
自前の発泡スチロール発芽器
を1つ提供することにした。
本当は私もハウスを利用させてもらい
一緒にしたらいいのだが
発芽から育苗はこまめに
管理する必要があり
自宅からの距離が問題で
そうこまめに様子を見れるような
距離ではないので
それはあきらめるが、
やってみますか?に
大変興味があるようで
それならこちらもやりがいがあるので
道具を提供することとなった。

IMG_2185.jpg
発芽育苗中
黒い紐のようなものは温度センサー。

IMG_2172.jpg
空のところ

IMG_2170.jpg
全体画像、小型マグロの
運搬用発泡スチロールを
二つ重ねたもの

IMG_2245.jpg
サーモスタット


これら一式を提供し、
さらに自家採取の
トマトの台木「Bバリア」も
100粒ほど提供した。
同じようなことをする者ができて
楽しみだ。
[ 2015/02/13 19:04 ] トマト | TB(0) | CM(0)

初節句

初節句
伊丹にいる娘の
孫が初節句である。
思えば我々の娘の時も
連れ合いの親から
5段のひな飾りをお祝いしてもらった。
娘も聴くとよく覚えているとのこと。
毎年飾っていたものである。
今もあるが随分出していないので
かなり傷んでいると思う。
もうあのような雛壇はたいそうで
最近はあまり何処ともしないのではないか。
今日は形ばかりお祝いをした。
もうすぐ7カ月である。
だんだん表情が豊かになってきた。
が、私の顔を時々思い出してはじっと見ている。
こちらも同じようにじっと見ていると
終いに泣きだすので
眼をそらしながら様子を窺がう。
日頃見かけない変な奴がいる、
と向こうもこちらを窺がっているのであろう。
上の娘の孫の時もそうであったが
見かけない顔が分かるように
なってから1歳半ぐらいまでは
あまりなじんでくれない。
それを過ぎると
これは仲間だ、自分にとって
悪い奴ではないとわかるようになってくる。
それにしても孫はかわいいものだ。

IMG_2237.jpg
ひな人形の焼物は連れ合いの
作品である。

IMG_2243.jpg
一足早いがこんなものも頂きました。
[ 2015/02/13 18:54 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

トマトの穂木「麗夏」発芽

トマトの穂木「麗夏」発芽
台木は皆発芽して
育苗中ですが
本日穂木の麗夏
の発芽を確認した。
7日の播種だから4日目である。
同じセルにホーム桃太郎EXも
播種しているのであるが
こちらはまだ気配がありません。
まだ数本しか発芽していないのだが
徒長防止のため発芽器からだす。
まだ発芽していないものは
少し遅れるかもしれない。
まだ小型温室で賄えるが
穂木が発芽し出したので
車庫内は中型温室に替えなければならない。
[ 2015/02/11 17:52 ] トマト | TB(0) | CM(0)

ミネストローネ

ミネストローネパスタ
ミネストローネパスタと言うそうです。
本日のランチ。
カブラのスープ付きです。
何かいろんなものが入っていました。
ウィンナー、トマト、玉ねぎ、ジャガイモ
グリーンピース、小豆、シイタケ、マッシュルーム
キャベツ、ニンジン、他にもあったかもしれません。
もともとパスタは嫌いではないのですが
好きでもないです。
カブラのスープは美味かったですね。

IMG_2235.jpg
[ 2015/02/11 17:37 ] グルメ | TB(0) | CM(0)

ナスの台木の様子

ナスの台木の様子
2月2日に播種したナスの台木
「トルバムビガー」と「赤ナス」の様子。
播種後8日目です。

IMG_2230.jpg
トルバムビガーです。
80%ほど発芽しています。
やや徒長気味でしょうか。

IMG_2232.jpg
赤ナスです。
去年の残り種です。
数本しか見えませんが
発芽しかかっているのが
たくさんあります。80%ほどでしょうか。
穂木が3種類各20本計60本ですので
トルバムビガーを50粒播種し80%として
40本です。足らずは20本なので
赤ナス50本のうち20本使えればいいので
十分な余裕です。
これも品種の違いを言いますと
トルバムビガーは
青枯れ病、半枯れ病、半身萎凋病、ネコブ線虫
に耐病性があります。
赤ナスは
半枯れ病に強く
耐寒、耐暑性があります。
広範囲の耐病性はないが
初心者向きで
何よりも価格が安いことです。
他の品種の1/10ぐらいです。

[ 2015/02/10 20:17 ] ナス | TB(0) | CM(0)

トマト台木苗の様子

トマト台木苗の様子
今のところ順調な台木苗の様子です。

IMG_2229.jpg
台木グリーンガードです。
ほぼ100%の発芽。
やや徒長気味です。
原因は発芽器から出すのが
半日ほど遅れたせいだと思います。
だが接ぎ木に使うので
いずれカットするので
実生苗の徒長ほど
心配はいりません。

IMG_2233.jpg
トマトの台木Bバリアです。
一番丈夫そうに見えます。
これもほぼ100%の発芽です。

IMG_2234.jpg
これもBバリアです。
種を自家採取したものです。
腹巻発芽で心配していたものです。
90%ほどの発芽でしょうか。

この台木の品種
「Bバリア」と「グリーンガード」の
違いは何なのでしょうか?
Bバリアは特に青枯れ病に強い耐病性があります。
梅雨時の実がたくさんついている時期に
突然バタバタと青いまま枯れてしまう恐ろしい病気です。
そのほかにモザイクウィルス、萎凋病、根腐萎凋病、
半身萎凋病に抵抗性があります。
一方グリーンガードは
青枯れ病、褐色根腐病に強い耐病性があります。
その他に萎凋病、半身萎凋病、根腐萎凋病にも
耐病せいがあります。
この台木は夏から秋にかけての
収穫時期を抑制した栽培に適しています。
[ 2015/02/10 20:08 ] トマト | TB(0) | CM(0)

確定申告還付金

確定申告還付金
連れ合いの確定申告を
1月13日にした。
還付請求なのでこの時期に
申告できるようです。
毎年この時期にしています。
きょう口座を確認したら
入金されていたそうです。
一月中頃に申告すれば
2月上旬に還付されます。
で、連れ合いはわずかな還付に
気をよくして帰りに
串焼きを買ってきました。

IMG_2221.jpg
本日の昼食
我が家のディナーはいつも
昼食です。夕食はいたって簡素です。
牛丼に串焼きにいわしの煮付け
昨日の残り物、カンパチダイコン。
[ 2015/02/10 19:46 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

台木の育苗管理

台木の育苗管理
今冬一番の寒い一日でした。
ただ昨日に比べて
雲が少なく日がさす時間が
長かった分体感は昨日よりも
ましだった。
すべて発芽したトマトとナスの台木、
夜間は画像のように毛布にくるまって
保温しています。

IMG_2216.jpg
日が落ちたら毛布を掛け
60Wヒヨコ電球をスウィッチオン、
これで朝方の一番低いときでも
14℃ぐらいは確保できます。
午後8時現在温室内18℃。

IMG_2217.jpg
昼間は昨日まではこの
スチール棚を転用した温室で
保温していたのだが
温度が上がると画像では
分かりにくいですが
ビニールに水滴が付着し
曇ってしまい日差しが遮断
されてしまいます。
これでは日射不足で苗が
徒長しかねないので
となりの自作温室へ移すことにした。

IMG_2225.jpg
何故だかこれは曇りません。
多分ビニールの厚さだと思います。
こちらの方が薄いので
水滴が付着しにくいと思うのですが。

IMG_2226.jpg
この状態で32℃あります。
トマト、ナスにとっては最適の温度ですね。
さらに入口をこれだけ開けても
32℃も上昇するのですから
太陽の力はすごいですね。
入口を開けると風が入り
苗が風に揺れて
ストレスを感じ
徒長しなくなります。
苗の専門農家は
換気もかねて苗に
大型扇風機で風を送っています。
丈夫な苗を作るためです。

IMG_2222.jpg
今日は1日および2日に
播種して以来はじめての灌水です。
発芽器内および温室内は
ある程度湿気を保つため
そんなに乾燥しません。
そのため水をやりすぎると
根腐れしてしまします。
植物は何でもそうですが
乾燥気味に育てるのがコツです。
根が危機感を覚え
水分を確保するため必死に伸びようとするからです。
灌水はジョロで上からかけるといいのですが
苗がまだ小さいためジョロでかけると
倒れてしまいます。
少し手間ですが
このようにトレーに水を張り
セルを浮かべて下から灌水させます。
さらに手間ですが
いきなり水道水そのままですと
冷たくてびっくりします。
湯を加え20℃ぐらいの水温にします。
細かい芸ですね。こういう積み重ねが
いい苗を作るコツです。
[ 2015/02/10 17:56 ] トマト | TB(0) | CM(0)

赤ナス発芽

赤ナス発芽
発泡スチロール発芽器は
昼間30℃近く
夜間は20℃ぐらいに設定しています。
まず台木を先行して播種していますが
既にトマトの台木「Bバリア」「グリーンガード」
ナスの台木「トルバムビガー」は発芽しており
赤ナスだけがまだだった。
今朝がたは気配がなかったのだが
夕方様子を見ると
1~2割ほど発芽していた。
これで台木は全部発芽した。
ほぼ順調である。
発芽した苗は昼間はベランダで保温なし、
夜間は車庫内温室で保温している。
昨夜は中型温室に移し
当初60Wの保温電球であったが
温度が上がらないので
100Wに替えた、だいたい14℃ぐらいである。
今夜は最後に発芽した赤ナスを加え
窮屈であるが小型温室に移し
60W保温電球で管理することに。
小型だから60Wでも14℃ぐらいは
確保できるだろう。
今週は金曜日ぐらいまで
厳しい寒さが続くようである。
それ以降はようやく厳冬から
抜け出せような気配である。
もうしばらくの辛抱である。
※赤ナスの発芽画像は撮り忘れ。

今日の夕食は
ブリ大根ならぬ
カンパチダイコンです。
カンパチのアラが手に入ったので
我が家の大根でカンパチダイコンしました。
寒さを吹っ飛ばし温まりました。
※この画像も忘れました。
[ 2015/02/09 17:30 ] 家庭菜園 | TB(0) | CM(0)

バランス竹トンボ

バランス竹トンボ
今日は寒い一日でした。
早朝の負荷サイクルと
ウォーキングの日課時、
普段趣味の時に使う皮手袋にさらに
毛糸手袋を重ねても
手先が痺れて感覚がなくなるほどでした。
今冬最高の冷え込みだった。
庭の洗面台の水やりホースが凍って
開栓しても凍っていて水が出ませんでした。
一日中播種した種の様子と
発芽育苗中の台木の様子を見ながら
竹細工をしていました。
今細工しているのは
バランス竹トンボです。
在庫が無くなったので
あらかじめ調達しておいた
竹でぼちぼち車庫内の日当たりのいいところで
作っています。

IMG_2213.jpg
これはトンボの胴体部分です。

IMG_2215.jpg
次に羽根を作ります。
これは正月の門松に使っていた
竹を調達していたものです。
このようにカットしていきます。

IMG_2214.jpg
さらに概略羽根の寸法に合うように
カットしていきます。
今回のトンボは赤とんぼをイメージして
ペンキで赤く塗る予定です。
[ 2015/02/09 17:26 ] 趣味木工竹細工 | TB(0) | CM(0)

ロールキャベツ

ロールキャベツ
本日の夕食は「ロールキャベツ」です。
昼飯に自家菜園のキャベツで
お好み焼きをしました。
我が家はよくお好み焼きをします。
今日は久しぶりだったのですが
ビックリするほどうまく出来ました。
結論は料理の腕もしかりですが
きゃべつが甘くて美味しいという
ことに達しました。
で、気を良くして
夜はその甘くて美味しいキャベツの
を使った「ロールキャベツ」。
満足しました。
実はこのキャベツ、
収穫したのは10日ほど前、
車庫で転がって放ったらかしに
されていました。車庫内で熟成されたのでしょうか。

IMG_2211.jpg
左は水菜の漬物です。

IMG_2212.jpg
アップです。
この緑の野菜はブロッコリーです。
ブロッコリーですが
スティックセニョールと言う品種です。
市販のよく見るブロッコリーと違って
如何にも茎の堅そうな脇芽のクズのようですが
スティックセニョールはこれが特徴です。
我が家はこれを重宝しています。
この茎、見た目ほど固くなく
柔らかくて甘くて美味しいです。
しかも次から次と脇芽が出て
ブロッコリーはこれに限ります。
今日も健康食でした。
明日朝は今冬一番の冷え込みだそうです。
風邪を引かぬように気をつけましょう。
[ 2015/02/08 18:34 ] グルメ | TB(0) | CM(0)

ジャガイモの浴光催芽

ジャガイモの浴光催芽
2月中旬に植え付けを予定している
ジャガイモですが
できるだけ
植え付けまでに芽を
出しておくため
日光に当て芽だしを
促しています。
その現在の様子。

IMG_2207.jpg
シンシア、わずかに小さな芽が
出ています。これでも買った時より
芽が出ています。
この品種芽があまり出ません。
そのため出来る芋の数は
少ないのですがそのため
大きな芋が出来ます。
また芽が出にくいので
長期保存ができます。
そうです、芽が出やすいものは
保存が効きません。

IMG_2208.jpg
これは「とうや」と言う品種
でんぷん少な目で低カロリー
1個の重さが110gぐらいあり
植え付け時最低1片が30g必要なので
他の品種は2分割ですが
これは3分割する予定です。
少ない投資で最大の効果を狙います。

IMG_2209.jpg
キタアカリ、最近人気の品種で
粉質でホクホク感があり
ジャガバター向きです

IMG_2210.jpg
インカのひとみ です。
ネーミングがいいですね。
昨年はインカのめぐみ でした。
これらの品種はどちらかと言うと
原種に近いです。
じゃがいもの原種はインカです。
これもキタアカリと同じく
粉質で栗にようなホクホク感があります。
ジャガバター向きです。
最近は粉質のジャガバター向きの
品種が好まれるようです。
メークインやシンシアのような粘質も
美味しく煮たときに煮崩れしない特徴があります。
[ 2015/02/08 18:25 ] ジャガイモ | TB(0) | CM(0)

自家採取のBバリア

自家採取のBバリア
失敗したかと心配した
腹巻発芽の自家採取の
トマトの台木Bバリア
やっと発芽の兆し
今朝見たときは
全然だったのですが
夕方見たときはちらっと
見えるのが2割ほどあった。
徒長防止のため
発泡スチロール発芽器から出し
先行している
購入種子のBバリアと
もう一つの台木グリーンガードと
一所に中型温室に移す。
やれやれである。
台木が足らなくなるから
急きょ明日にでも台木の
播種をしようかと思っていた。
自家採取に問題はなかったわけだ。

IMG_2206.jpg
購入Bバリアとグリーンガード
は夜間は右の小型温室で
60Wのヒヨコ電球で保温していたが
今日、自家採取Bバリアが発芽したので
小型温室に入らないわけではないが
窮屈なため左の中型温室に全部写し
保温することにした。同じ60Wである。
中型なので60Wはどうかと思うが節約のため。
12℃~13℃以下にはならないだろう。
トマトは夏野菜だが苗の時は
案外寒さには強く5℃ぐらいまでは
耐えられます。
毛布が寸足らずですが大丈夫でしょう。
ちなみに曇りとか雨の日は
ベランダ温室での日光浴は
できないので車庫内の
この温室に入れたままにしますが
昼間なので明るい白熱電球でも
大丈夫なので60Wのヒヨコ電球から
40Wの白熱電球に替えます。
と言うのは白熱電球は意外と
発熱量が多く、ヒヨコ電球よりも
保温効果が大きいです。
これも涙ぐましい節約です。
[ 2015/02/08 17:45 ] トマト | TB(0) | CM(0)

穂木の播種

穂木の播種
トマトの台木が発芽したので
穂木を播種することにした。
だいたい台木の播種を先行し
4~5日後に穂木を播種します。
早ければ穂木が大きすぎ
台が不安定な苗になってしまいます。
遅ければ台が太く、穂木が細いため
接ぎ木する時にしっかり接ぐことができません。

IMG_2199.jpg
桃太郎T93、20粒、これはタキイ交配
麗夏30粒 サカタ交配
200穴セルを1/4に切断
品種ごとにセルを切断したほうが
発芽期間に差が出たときに管理しやすいのですが
沢山の品種があり面倒でそんなにきめ細かな
作業ができないので一緒のセルにします。
培土はタキイの高級培土です。
約40日間の肥効があります。

IMG_2200.jpg
桃太郎ゴールド10粒 タキイ交配
桃太郎と言う名のつく種は色々ありますが
全部タキイ交配です。
ホーム桃太郎EX40粒
昨年はこの品種だけでした。
トマトの種はビックリするほど
高いのですがこの種は
比較的安い方です。

IMG_2201.jpg
クックゴールド6粒、おどりこ40粒

IMG_2202.jpg
ナス3種、「くろわし」、「水ナス」、「とげなし千両二号」各20粒
カラーピーマン「イエローホルン」20粒

IMG_2205.jpg
まとめて1個の発泡スチロール発芽器に
3段重ねにしています。
本当は2つの発芽器に分けたほうが
均等に保温できるのですが
電気代節約です。
重ねているのでしょっちゅう発芽確認しなけれ
折れてしまいます。
今はフリーなのでできますが
仕事をしていたらこんなことはできません。
[ 2015/02/07 22:04 ] トマト | TB(0) | CM(0)

グリーンガード発芽

グリーンガード発芽
トマトのもうひとつの台木
グリーンガードが発芽した。
2日の午前に播種したので
満5日での発芽である。
やはり穂木もそうであるが
ナスよりトマトの方が
発芽も成育も早い。
ナスは定植苗に育つまで結構かかる。
同じ2日に播種した
ナスの台木、トルバムビガー、赤ナス
はまだ発芽の気配がない。
ところで気になるのが
自家採取したトマトの台木種子
例の腹巻Bバリアであるが
1日早く1日に腹巻を開始し
1粒白い根が出たので
セルに播種し、これの発芽が
一番早いだろうと思っていたが
いまだ全然気配がありません。
腹巻よりも発泡スチロール発芽器の方が
いいのだろうか?
いえそんなことはありません。
一昨年は腹巻で大成功したのですから。
ただその時は購入種子だったのだが・・・。
自家採取、初めてなので種自体がだめなのかな?
結構完熟させさらに臭くなるほど
発酵させて見るからにいい種だと思ったのだが・・・。
もしこれがダメなら台木が足らなくなる。
もう2日待ってみて
だめなら台木の追加播種をしなければ
時期がずれると接ぎ木の時に
台木と穂木の切り口の寸法が合わなくなってくる。

IMG_2203.jpg
発芽器の中の暗闇から
出したところなので
頼りなく貧弱であるが
日光に当てるとしっかりしてきます。

IMG_2204.jpg
発芽2日目のBバリアである。
これは購入種子でほぼ100%の発芽である。
日光を受け白っぽい色から
紫色の本来の色に変色してきました。

IMG_2198.jpg
ちなみに同じものですが
発芽半日後です。
[ 2015/02/07 21:35 ] トマト | TB(0) | CM(0)
プロフィール

kコチン

Author:kコチン
定年退職後、園芸と木工の日々、1948年兵庫県生まれ、同在住。
約300㎡の借り畑地でのらりくらりと菜園、特にトマトの自家接ぎ木栽培に凝っています。その傍ら端材を利用して作る過程を楽しみながらあれこれ子供のおもちゃを作り、細々とネット販売しています。
ヤフオク、メルカリ、ミンネに出品しています。「手づくり 木のおもちゃ 機関車」「手づくり 木のおもちゃ ヘリコプター」「手づくり 竹細工 クワガタ」など検索してみて下さい。

カレンダー
01 | 2015/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
fc2カウンター