FC2ブログ

菜園ときどき木工(旧おまけ人生つれづれ日記)

約1年の中断後復活、主に菜園の様子と趣味の木工を綴ります。

ジャガイモの植え付け準備

ジャガイモの植え付け準備
天気予報をみれば
あまり晴れた日は望めなうようなので
ドロドロの耕耘状態でなく
しかもある程度湿気のある状態で
耕耘しマルチを掛けて
植え付けまで持って行きたいので
明日以降また天気が悪そうなので
本日耕耘することにした。
朝方耕耘地のPHを
測ったところ7強だったが
加えた水のPHが問題で
明石市の水道水のPH
を調べたところ
当地の平均値は7.5であった。
懸念はしていたのだが
水道水の適正基準値は結構幅が広く
地域によって水道水に使う
水によりかなりの差があります。
明日水道水を直接測ってみよう。
場合によっては
水道水を1日置いて
塩素を蒸発させるか
雨水タンクの
水を使ったほうがいいかも知れない。
取りあえず今日は
耕耘地のPH調節はせず
元肥はボカシ肥料を
やや薄めに施肥しただけ。
このボカシ、
米糠を主体に、もみ殻
油粕、EM菌、などを発酵させた
自家製の肥料である。
緩効性の自然に優しい
いわゆる有機肥料である。
水を混ぜて握れば固まり
その塊を指ではじけば崩れる程度の
固さにして土嚢袋に入れておきます。
やがて発酵し表面温度が50℃ぐらいになります
中はもっと高温かもしれません。
2,3日発酵が続き
やがて発酵が止まり乾燥してきます
再度水を加え再発酵させます。
これを2回繰り返して完成です。
これを控えめに施肥しました。

IMG_2155.jpg
耕耘後マルチを掛けた状態です
2月中旬の植え付け時まで
乾燥することなくこの状態で
保持できます。
植え付け時はマルチをめくり
植えつけますが、植え付け時の
土壌の乾燥状態を見て
植え付け後一雨置いてから
マルチを掛けるか
それとも植え付けすぐにマルチを掛けるか
その時の状態次第です。
スポンサーサイト



[ 2015/01/25 17:47 ] ジャガイモ | TB(0) | CM(0)

PH試験液

PH試験液
植物には酸性土壌
アルカリ性土壌を好むものがあります。
それぞれにあったPH調整をするため
耕耘時に消石灰とか苦土石灰を撒いて
いるのですが、実際はいい加減に
毎回耕耘時に苦土石灰を鋤きこんでいます。
雨は若干酸性で
長期間のうちに土壌は徐々に酸性化します。
そこで植物によっては成長障害がでますので
PH調整の必要が出てきます。
毎回苦土を使っていますが
この苦土には植物に絶対必要な
微量要素、鉄、マンガン、マグネシウム
銅などが含まれています。
この度ジャガイモの植え付け地の
PHを一度測ってみようと思い立ち
早速注文。

IMG_2147.jpg
そうです、おなじみのAmazon、早いですね
一昨日注文したのですが
昨日市川市から届きました。
送料無料なのもいいですね。
注文したのは本来の送料と
似たような値段なのに。
Amazon毎回そうなのですが
注文の品に比べて
箱の大きさにはビックリしますね。

IMG_2149.jpg
注文した品物が100個ぐらいは
入りそうな箱ですね。
本当は試験液でなく
ph測定器を買いたかったのですが
10倍ほどの値段がします。
そんなに頻繁に使うものではないので
年金生活者としてはこの500円ほどの
「試験液」にしました。
リトマス試験紙の液体版みたいなものです。

IMG_2151.jpg
まず畑の測りたい場所の土を
コップ1/3ぐらい採取します。

IMG_2152.jpg
これを何でもいいのですが
鍋に入れます。

IMG_2153.jpg
水を入れ、かきまぜて1時間ほど
そのままにしておきます。
上澄みを使うので沈殿させるから。

IMG_2154.jpg
上澄みをスポイトで
計量カップに入れます。
試験液を説明通り2滴落とします
たちまち色が変わります。
これを測定表の色と見比べて判定します。
こういう場合なかなかピッタシと合う
色になってくれないんですね。
眼の力です、個人差がありますから
誤差はあるでしょうね。
測定器ならバッチリデジタル表示なのですが。
PH値は7強ぐらいかな
ちょうとアルカリ寄りかな
意外でした、もう少し酸性の6ぐらいかなと
思ったのですが。
ということで今回ジャガイモ予定地は
苦土石灰も鋤きこみ肥料も無し、
植え付け時の種イモ間に
施肥するだけにしよう。
ところで肝心の色が出た
計量カップの画像を
撮り忘れました
いつも肝心のことは忘れます。
[ 2015/01/25 12:56 ] 家庭菜園 | TB(0) | CM(0)

ひつじの編みぐるみ

ひつじの編みぐるみ
今年の干支は「ひつじ」です。
孫が喜ぶだろうと
一所懸命に作っています。
ひつじの編みものです。
陶芸もそうですが
こういった類のものが
得意です。
もちろん私ではありません、
連れ合いの話です。

IMG_2146.jpg

IMG_2137.jpg
あっ、これはひつじではありません
指だし手袋です

IMG_2138.jpg

※きょうは一日中シトシトと
雨が降っていました
朝のゴミ出し以外は
一歩も外へは出ていません。
[ 2015/01/22 16:47 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

炊飯器ベーカリー

炊飯器ベーカリー
最近の炊飯器は
パンが作れるそうです。
まあ炊飯器で作るのだから
大したものはできないと思うのですが
いただきました。
まあまあパンですが、
ホットケーキのような
もちゃっとした感じです。
作り方に問題があるのかもしれませんが。
これで例の高菜トッピングトーストを
いただきました、これは美味かったです。

IMG_2135.jpg

IMG_2136.jpg
本日の朝食です。
[ 2015/01/22 16:34 ] グルメ | TB(0) | CM(0)

またまたイワシ寿司

イワシ寿司
昨日ヒバのような
クリスマスツリーを剪定したところ
他の樹も気になってきた。
午前中他の樹の剪定をする
まず隣家との境にある
ポポー、スダチ、ビワ。
越境しないようにはしているが
すぐ枝が伸びたり
枯葉が落ちたりするので
高枝とか余分な枝を剪定した。
次にカリンの樹も相当高くなっており
枯葉が波板のトユに溜まりそうなので
トユに落ちない程度の高さに剪定する。
他にナツメ、クルミを剪定。
庭をウロウロしながら気づいたのだが
この花のない季節に
我が家の庭、よく見ると結構咲いています。

IMG_2130.jpg
何の花かわかりませんが
なかなか鮮やかな青紫です。

IMG_2129.jpg
これも何だかわかりませんがいたるところに
自生しています。

IMG_2128.jpg
これも何だかわかりませんが
今流行の厚肉植物というのかな?
黄色い一輪です

IMG_2127.jpg
これも何だかわかりませんが
実の成る木は興味があるのですが

IMG_2126.jpg
これは鮮やかな真紅です。

IMG_2125.jpg
これは先ほどのと同じ仲間かな

IMG_2124.jpg
これはわかります
ローズマリーです。

IMG_2123.jpg
レモンの木の下で咲いています。

IMG_2122.jpg
これはスミレですね

IMG_2121.jpg
これは何かな
フェンネルみたいな植物です

IMG_2120.jpg
これもスミレでね

IMG_2119.jpg
分かりません

IMG_2118.jpg
これも花です。

IMG_2114.jpg
これもスミレ

IMG_2113.jpg
これはわかります

IMG_2112.jpg
これは分かりません。

IMG_2111.jpg
これはまだつぼみですが
梅ですね。
よくできた年は梅酒にします。

最後にこれも花です
メジロが大好きな花で
この小さな花に結構密がたくさんあります。
IMG_2131.jpg

一汗かいた後の昼食
イワシ寿司
IMG_2132.jpg
手前の黄色いのは
伊予柑の食べかす
皮の甘煮です、ピールと
言うらしいです、無駄にはしません。

午後は暖かかったので
前日運んで置いた
ヒバみたいな樹の剪定枝を
火種に畑の残渣を焼却する。
[ 2015/01/20 21:59 ] グルメ | TB(0) | CM(0)

厄除八幡宮

厄除八幡宮
氏神様、鳥羽新田厄除八幡宮の
厄除大祭が昨日と今日である。
氏神様も以前はこんもりとした森で
如何にも鎮守の森という威厳さがあった。
今はこんもりとした大木はほとんど引き抜かれ
スカスカの貧素なお宮さんである。
近辺が宅地開発により家が建ちこみ
鬱蒼とした森は治安が悪いということで
仕方なく伐採されたのだろう。
その鎮守の森のお祭りである。
以前のような賑やかさはなくなったが
子供たちは大喜びで
下校の足も速い。
何かと事あるごとにお願いしているので
お参りだけはしておこう。

IMG_2109.jpg
[ 2015/01/19 16:40 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

紅梅

紅梅
季節は裏切ることなく
着実に春に向かっています。
庭の紅梅が膨らみました。
一輪だけ咲いています。
やがて白梅もたくさん蕾を付けていますので
咲きだすでしょう。
隣には薔薇一輪もさいていました。
夏ミカンも鮮やかな色になって
たわわに実をつけています。
今日は未明に一雨あったようで
地面が濡れているのですが
日中は比較的暖かく快晴です。
快晴なのに先日組み立てた
ベランダの温室が日当たりの
恩恵を受けていません。
隣の何という木なのか
ヒバに似たような
クリスマスツリーのような木
が邪魔をしています。
午前中はこれをバッサリ剪定することに。
高さを1/3程度思い切ってきりました。

IMG_2104.jpg
紅梅
こんな小さな木でも
満開になるとメジロが密を吸いにきます。
今はビワの花が満開なので
そちらの方に行っています。

IMG_2105.jpg
薔薇も咲いています。

IMG_2106.jpg
甘夏、100個以上はあります。
だんだんと色が鮮やかになってきました。
まだ酸っぱくて食べられません。
マーマレード用です。

IMG_2107.jpg
これが邪魔してます。
すぐ大きくなるんですね、この木。
となりの花梨の樹も
実の成りが悪いです。

IMG_2108.jpg
カリンの樹とほぼ同じ高さでしたが
見比べてわかるようにバッサリ、いきました。
すっきりしましたね。
温室も日当たりがよく成りました。
[ 2015/01/19 12:36 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

ニンジンの播種

ニンジンの播種
やっと育苗温室の組み立てが完了した。
全部で6個ある。
これでフル稼働すれば500本ぐらいの
苗は作れそうだが、
実際にはそんなに作れません。
というのは、同じ苗を大量に作れば
工程が同じで成長に合わせた条件も
同じでなので大量に作れますが
多種多様の苗を少しずつ作るので
それぞれ育苗環境が違うので
これだけ温室があっても200~300本ぐらいです。
保温電球台が5個しか作ってなかったので
急きょ1個作ることに。
物は簡単で、電球の板囲いをつくり
それにソケットを付け電線コードを付けるだけです。
これを庭ハウス内の温室にセットした。
ハウス内にはできそこないの蕪、小松菜等があったのだが
まともに収穫できそうもないので全部撤去処分。
あと、せっかくの温室内、もったいないので
ニンジンを播種することにした。
いつもニンジンは8月下旬ぐらいに播種し、
晩秋から冬にかけて収穫していたので
この時期に播種するのははじめて。
ニンジンの発芽適温は15℃~25℃ぐらい
ハウス内は晴天時は25℃ぐらいになるので
発芽はすると思う。
ただ小さなハウスなので外気の影響を受けやすく
朝方の一番気温の低い時間帯は
この時期氷点下になり結氷することがある。
したがって成長は遅々としていると思う。
タキイの交配種「恋ごころ」
恋するほど美味いということか。
ペレット種子である。
最近播種も機械化が進み
このペレット状の種子がよくある。
特にニンジンの種は小さく形も
微妙に色々な違った形をしていて
これを手でも難しいのに
機械で均等に蒔くのは非常に難しいので
種を一粒づつコーティングしてあり
仁丹よりも少し大き目ぐらいの粒になっている。
こうすることにより機械でも扱いやすく
均一に播種できます。
私はもちろん家庭菜園程度なので
自分の手の人力播種なのだが
普通の種だとどうしても蒔きムラガでき
あとで間引きの手間がいる。
ペレットだと1粒づつ5~6センチ間隔で
播種でき、間引きの手間がいらないので
もっぱらペレット種子を愛用しています。
で、500粒ほど丁寧に蒔きました。
ハウス内は湿度が高く播種後の灌水も
少なくて済むはずです。
1週間か10日ぐらいで発芽するでしょう。

IMG_2100.jpg

IMG_2101.jpg
日当たりのいい場所に温室を
据えています。
下段の木の箱みたいのが保温電球台です。
電線は電線管を通して地下埋いしています。
周りの土を平らにしているところが播種した所。
播種後土と密着するように板切れで転圧しています。
[ 2015/01/17 17:01 ] ニンジン | TB(0) | CM(0)

育苗施設の準備

育苗施設の準備
2月に入れば早々に
トマト、なす、ピーマン等の
播種予定である。
そのためちょっと早いが準備です。
いつどんなハプニングがあるかも
知れませんので何事も
早めにするのが物事をスムーズに
勧める鉄則です。

IMG_2093.jpg
先日から取り掛かっていた
ベランダの温室の組み立てが
完成しました。
左が自作です。
150ℓの透明ゴミ袋を
2重にしています。
内側は開閉できるようにカットしています。
外側は密閉です。
昼間は密閉を外し
内側の開閉で温度調節します。
夜間は密閉し、さらに不要の毛布を被せます。
左はスチール製の棚です。
これもビニールを2重にしています。

IMG_2090.jpg
車庫の温室です。
3個あります。
いずれも下段に保温電球箱があります。

IMG_2092.jpg
ハウス内の温室です。
接ぎ木苗の場合
発芽器内で光りを当てないで
1週間ほど置き活着してから
しばらくハウス内の温室で育てます。
湿度が高いのでここで活着を確実にしてから
ベランダ等の温室に移します。

IMG_2091.jpg
発泡スチロール発芽器です。
5個あります。
この装置で発芽させます。
また接ぎ木直後の苗も
これで1週間ほど育てます。
この発芽器普段は物入れになっているのですが
中の物は整理し、いつでも使える状態にしました。
だいたいこれで準備整いました。
ただ注文した種が一部まだ届いていません。
[ 2015/01/16 19:45 ] 家庭菜園 | TB(0) | CM(0)

小物竹細工

小物竹細工
一時中断していた
竹細工を始めています。
色々作りたいものがあるのですが
取りあえず材料づくりから。

IMG_2087.jpg
大型万力に挟んでカットします。

IMG_2088.jpg
竹専用のノコギリです。

IMG_2089.jpg
ナタと金づちで適当な幅で
割っていきます。

CIMG0082.jpg
「バランス竹とんぼ」
と言っています。
ヤジロベーのようにバランスをとっています。

IMG_2096.jpg
たくさん付けると
このようになります。

CIMG0081.jpg
裏はこのようになっています。
頭の先は焼いた棒で曲げています。
難しいのは羽の重さ、付ける位置と角度です。
バランスが悪いと上手く止まってくれません。

CIMG0040.jpg
クワガタ虫です。

CIMG0064.jpg
裏はこのようになっています。
難しいのは足の形を
ペンチ等で熱湯の中で整えることです。
熱湯の中で角度、曲がりを矯正し、
冷水に付けて元に戻らないようにします。

IMG_2094.jpg

CIMG0019.jpg

取りあえずこれだけつくりました。 アッハハハ・・・笑っちゃいますね。

[ 2015/01/16 18:33 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

育苗の準備

育苗準備
昨年は育苗用温室を自作したので
この時期にはすでに忙しく
育苗施設の準備をしていた。
今年は温室等を組み立てるだけなので
今日からぼちぼち仕掛けたのだが
組み立てやすいように個々の部品に
位置等をマジックで書いていたのだが
いざ組み立てに入ると昨年どうしたのか
すっかり忘れていて手間取った。
今年は組み立て作業内容を
細かく写真を撮り
記録しておくことにする。
昨年は1月8日に1回目の
ブロッコリーを播種しているが
今年は3,4月獲りの
スティックセニョールを既に
圃場に植えているので
今年は育苗はパス。
2月1日にトマトの台木
Bバリアとグリーンガードの播種予定である。
昨年は1月29日にBバリアを播種している。
通常は4月中旬定植の場合
立春(2月4日)の播種が目安である。
あと半月ほどなので準備にかかった。
育苗温室はベランダに2個
庭ハウスに2個、
車庫に2個の予定。
発泡スチロール発芽器は5個の予定。
取りあえず今日はベランダに置く
温室のセットをする。

IMG_2078.jpg
自作温室の解体した部品
インパクトドリルドライバーで
ねじ止めしていきます

IMG_2079.jpg
外枠の組み立て

IMG_2081.jpg
マジックで部品を使う位置を書いています。
これを書いてなかったらお手上げです。
手作りなので微妙にネジ穴の位置が違うのです。

IMG_2080.jpg
こういったところも画像で残しておくと
組み立て時、楽です。

IMG_2083.jpg
出来上がりです
開閉できるビニールを被せ
さらにその上から2重にビニールを
被せています。
下段にヒヨコ電球(保温電球)のソケット装置があります。
強い西風で倒れないように下段にブロックを2個置いています。
夜間はこの上にさらに毛布を被せます。
100Wもしくは60Wの保温電球で
厳寒期でも12℃ぐらいは確保できます。

IMG_2084.jpg
もう一つの温室部材です
既製品です。

IMG_2085.jpg
組み立てていきます

IMG_2086.jpg
部品はあるがどうするのか迷ったところです
画像で記録しておきます
このスチール棚は車庫で使っていたもので
整理した時に不要になったので転用しています。
ビニールの被覆材を既製品では
寸法の合うものが見当たらないので
トンネル用ビニールで作成する予定です。
[ 2015/01/14 18:48 ] 家庭菜園 | TB(0) | CM(0)

的射(まとい)

的射(まとい)
毎年藤江の御崎神社で
行われる神事である。
風水害を起こす悪霊を退治し
豊作豊漁を祈願する。
神事は色々あるらしいが
大祭は1月15日に行われていたが
このごろ日曜日か翌日の
成人の日に行われている。
≪藤江の的射≫
藤江村に風水害をおこす悪霊を
裃姿の大前・弓立が村民を代表して
矢を射落とし、豊作豊漁を招く
弓の民族芸能です。
1月14日夜半、検分役は大前・弓立・矢 振を伴い、
真冬の藤江の海岸で、海水で身を清めた後、
御崎神社前で、大祭の無事を祈願します。
1月15日の大祭には、
検分役の年寄は黒紋付、大前・弓立・ 矢振は
紋付裃姿で頭宿より村内を通り、
御崎神社に到着します。
大前は正面の的(2m四方)に向かって
古式に則り21の弓の作法を行い、
先ず一の矢に向かっ て放ち、
次に二の矢を的に向かって射ます。
次に、大前・弓立揃って
16方位に亘って21本の矢を射ます。
こうして悪霊を退治させ、幸福を招きます。
全村民 が集まり、新しい年に祈るこの的射は、
代々村民に伝えられ、今日も尚存続しています。
※明石市教育委員会転写

IMG_2074.jpg
矢を射る人「大前」は5人、
2本の矢を的に向かって放ちます。
この神事を3回ほど繰り返します。

IMG_2075.jpg
子役が放った矢を回収し神殿まで届けます。

私の目当ては神事終了後に
行われる餅まきである。
IMG_2077.jpg
年々動きが鈍くなって
収穫数が少なくなっています。
[ 2015/01/12 19:57 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

日帰り温泉

日帰り温泉
三が日寒波ほどではないが
寒い日が続いている。
体が冷えると
心も冷えてくるので
温まりに行ってきた。
いつもの山崎である。
ここのJA直売所と
もう少し奥の一宮の道の駅が
品数が多く新鮮で安く手に入る。
この2か所でブラブラし
いつもの食事処で昼食、
帰りに温まりに行くのが
いつものコースである。
以前は他にもよく行っていたのであるが
だんだんと行動半径が縮まってきた。

結構よく流行っている食事処で
忙しくしていた。
平日定番のサービス定食。
IMG_2067.jpg
[ 2015/01/10 18:55 ] 温泉 | TB(0) | CM(0)

田起こし

田起こし
予報ほど寒くなく
今年初めての農作業
残った大根を保存するため
畝端の土中に埋め
跡地をそのままにしていた。
そこの「田起こし」
土を天地ひっくり返し
空気を入れ
越冬中の害虫を
寒気に晒し駆除する効果があります。
機械で耕耘するよりも
備中クワかスコップで掘り返し
できるだけ土の塊を崩さず
寒気に触れる面積を多くします。
作業中ナメクジの卵が出てきました。
この卵、凍てついてやがて死滅するでしょう。
冬眠中のカエルも出てきました。
お騒がせして申し訳ありません。

IMG_2065.jpg
しばらくこの状態で1か月ほど
置いておきます。
その後元肥を施肥しながら
耕耘し、1週間ほど置いて植え付けです。
ジャガイモの予定です。

IMG_2066.jpg
スナップエンドウ
防虫網トンネルをしていたのですが
結構大きくなりトンネル内一杯になってきたので
トンネルを外し、支柱を立て、ネットを張ることに。
防寒のため北西方向の風上に
風除けの不織布を張ります。
このほかにソラマメの
摘心をした主幹枝が
まだ20㎝程残っているので
根元からカットすることに。
5~6本の子枝の成長を
促進するためです。
昼過ぎに作業完了、
今日の夕食の「みぞれ鍋」の具、
水菜を収穫して帰る。
[ 2015/01/08 17:13 ] 家庭菜園 | TB(0) | CM(0)

高菜チーズトースト

高菜チーズのトッピングトースト
この頃我が家の朝食は
3回に2回ほどトーストです。
それもこの頃刻んだ高菜を
トッピングするオリジナルトーストにハマっています。
高菜の使い道は漬物だけではありません。
炒め物、煮物なども結構イケます。
独特の辛みが食欲をそそります。
食パンの上にスライスハムかベーコンを敷きます。
この上に刻んだ高菜をこぼれるほどタップリ
乗せます。高菜は刻む前に
温水できれいに洗いながらシンナリさせます。
タオルを絞るようにして水分を取ってから刻みます。
そのうえにスライスチーズを乗せトーストします。
美味いです。

IMG_2064.jpg
蕪のポタージュとヨーグルト自家製
甘夏マーマレードトッピングです。
[ 2015/01/06 08:37 ] グルメ | TB(0) | CM(0)

ジャガイモの種イモ

ジャガイモの種イモ
年が明けてから昨日までの
4日間毎朝ウォーキング途中の
溜池の水面が凍っていたが
今朝は氷が張っていなかった。
やっと一息つける暖かさである。
日記を見ていると昨年の今時分
ジャガイモの種イモを購入している。
年末にはホームセンターに出ているのだが
植えつけるのが2月中頃以降になるので
あわてて買う必要がないのだが
店先に並んでいるとついつい買いたくなってしまう。
今日も思い立って買いに行ってしまった。
岩岡のM種苗店、昨年もここで買っている。
シンシア10個
とうや10個
きたあかり10個
インカのひとみ20個
シンシアは1個105g前後なので
2分割か3分割にします。
カットせずそのままでもいいのですが
分割したほうがそれだけ株数が多くなりますから
収量が多くなります。
ただし種イモをカットするのは
春作の場合だけです。
秋作は8月下旬から9月上旬の
暑い時期に植えつけるので
カット面から雑菌が入り
腐る確率が非常に高くなります。
だいたい1片が30~40gあれば大丈夫なので
105gあれば3分割はできます。
ただし、1片に2~3個の芽が欲しいので
シンシア以外は芽数は多いので心配ないのですが
シンシアは芽が出る個所が少なく
2分割しかできない場合があります。
カットするのも将来芽が出る個所を勘案しながら
カットします。
インカのひとみは1個が30グラムぐらいなので
カットせずそのまま使います。
とうやは1個115gぐらい、
きたあかりは1個75gぐらいです。
きたあかりは2分割にして
シンシアととうやは3分割にすると、
シンシア 10個×3分割=30片
とうや 10個×3分割=30片
きたあかり 10個×2分割=20片
インカのひとみ 20個
合計種イモとして100個あることになる。
畑の畝幅が90㎝と若干広いので
3列の30㎝間隔として
100個÷3列×30㎝=1000㎝
畝の長さ10メートル要ります。
ジャガイモは連作を嫌いますので
昨年ジャガイモ、ナス、トマト、ピーマン
などのナス科を植えた場所を避けて
10メートルの畝を確保しなければなりません。
以上は十分に畑地がある場合の原則で
実際には限られた広さの畑でやっているので
そんなにうまくローテーションは組めません。
ただできるだけと言う程度です。
それにしても1株に平均6個獲れるとして
100株×6個=600個 約60キロ
わお~! いったい誰が食べるんだろう。
昨年の約倍である。
主食にするか。「獲らぬ狸の皮算用」
◎インカのひとみ:昨年植えたインカのめざめから
選抜改良された品種で、大きさはやや小さめで
表皮はやや赤みがかった色で果肉は黄色で粘質である。
芽が出やすいので長く保存できない。
栽培は初めてです。
◎きたあかり:中程度の大きさの丸型で
男爵イモから改良された芋である。
粉質でやや黄色がかっている。
◎とうや:ジャガイモの中では低カロリーで
ビタミンCが豊富、ホクホク感がある。やや黄色。
◎シンシア:癖がなく煮崩れしない。長期保存が可能。
2月中旬の植え付けまで
浴光催芽します。
要するに日光浴させ
出芽を誘います。
ただシンシア以外は既に芽が出ていますので
日光浴させなくてもたくさん芽が出てくるのですが
シンシアは日光浴が必要です。
なかなか出芽しません。
シンシアが長期保存できるのはこのためです。
昨年は2月11日に植え付けしている。
元肥に8-8-8化成肥料、油粕、過リン酸石灰
緩効性玉肥、牛糞。
2013年は2月16日植え付け、
2012年は2月11日植え付け、
2011年は2月10日植え付け。
昨年は3月16日に発芽確認している。
一昨年は3月18日。
2011年は3月28日で遅かった。
その年の気候によって差があるが
だいたい3月15日~3月25日ぐらいに
発芽するようだ。
昨年は6月3日に収穫している。
若干早いのだが梅雨入りする前に
土が乾いている間に収穫したほうが
扱いやすいし、腐るリスクが少ない。
カロリー換算で行くと
サツマイモに比べてジャガイモほど
短期間に熱量を収得できる作物はない。
食糧危機になればジャガイモである。

IMG_2063.jpg
保存が効くので毎年植えている

IMG_2062.jpg
粉質でホクホクである
最近人気の品種

IMG_2061.jpg
初めて栽培する
誰かのブログで美味いと書いていた

IMG_2060.jpg
これも初めてである
最近この手の「インカの○○」と言うのが流行である。
昨年はこれの母親分インカのめざめを植えた
美味かった。
昨年の秋作にこれの兄弟分のアンデスレッドを
植えたが全滅であった。土中で種イモが
全部腐ってしまった。
家庭菜園の1年はこの
春作ジャガイモから始まります。
[ 2015/01/05 18:50 ] ジャガイモ | TB(0) | CM(0)

新年を迎えて

新年を迎えて
あけましておめでとうございます。
第一級の寒波を迎えての新年となりました。
加えて孫の発熱、2番目孫の初フライトの
悪天候、心配なことばかりです。
今年で67歳を迎えます。
今更ながら67歳!ぞっとします。
あと何年元気で生きられるか。
世間は何だかよく成っているような
ことを言ってますし期待もしてますが
ひょっとしたら物騒な方向に行っているのかもしれません。
歴史は繰り返すと言いますが
悪夢のような歴史は繰り返してほしくありません。
若い世代が安心して子育てができ
希望が持てる社会であってほしいものです。

今年は久しぶりに静かな
老夫婦だけの正月となりました。
おせちも簡単おせちです。
IMG_2044.jpg
地酒のお屠蘇です

IMG_2045.jpg
庭先のキンカンの甘煮です
今年はキンカンが豊作で
網掛けをしているのですが
巧みにくぐってヒヨドリが収穫しています
風邪を引いた時の咽喉にいいそうです

IMG_2046.jpg
我が家の正月の定番 いくらです
コレステロール値が高いので
ほどほどにします。

[ 2015/01/01 10:24 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

kコチン

Author:kコチン
定年退職後、園芸と木工の日々、1948年兵庫県生まれ、同在住。
約300㎡の借り畑地でのらりくらりと菜園、特にトマトの自家接ぎ木栽培に凝っています。その傍ら端材を利用して作る過程を楽しみながらあれこれ子供のおもちゃを作り、細々とネット販売しています。
ヤフオク、メルカリ、ミンネに出品しています。「手づくり 木のおもちゃ 機関車」「手づくり 木のおもちゃ ヘリコプター」「手づくり 竹細工 クワガタ」など検索してみて下さい。

カレンダー
12 | 2015/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
fc2カウンター