FC2ブログ

菜園ときどき木工(旧おまけ人生つれづれ日記)

約1年の中断後復活、主に菜園の様子と趣味の木工を綴ります。

義父1周忌法要

義父1周忌法要
昨年の12月22日に逝った
義父の1周忌の法要、若干早いが
本日行った。
早いもので私が18切符で金沢にいたとき
未明に電話がかかり、
朝一番の電車で帰ってきたものである。
連れ合いはついこのあいだ帰っているので
私は久しぶりである。
昨晩から朝方にかけて雨がちらつき
辺りは雨上がりで靄がかかっていました。

IMG_1890.jpg
実家から谷奥、笠形方面を望む
1キロ向こうはトンネルで
トンネルを越えると市川町です

IMG_1891.jpg
実家から毘沙門堂を望む
背の高い紅葉の樹の向こうが毘沙門堂です

IMG_1893.jpg
なごみの里「山都」
道の駅のようなところです
日帰り温泉もあります
地域の社交の場でもあります

IMG_1894.jpg
法要のあと、ここで昼食をいただきました

未明に降った雨も上がり
比較的暖かい日で滞りなく
1周忌の法要ができました。
スポンサーサイト



[ 2014/11/29 20:05 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

完熟格安堆肥の調達

完熟格安堆肥の調達
この間から連れ合いの
主無き実家に用事があるときは
西脇の義姉宅への送り迎えをし
義姉宅から実家へは義姉の運転で
行っています。
その間私は明石へ帰ったり
何処か時間を潰しに行ったりしているのですが
義姉宅へ寄るたび
義兄から持って帰れと
完熟たい肥をいただいています。
その完熟たい肥、加古川で作られているらしく
畑仲間のU氏に話しすると
行ってみるかと言うことになり
本日それぞれの車で行くことに。
何しろ購入と言うことになると
10キロ袋を10個前後購入することになるので
1台の車では運べません。
加古川市平荘町の「ファームパーク加古川」というところ、
加古川環境事業協同組合が運営している模様。
12月初めまでセール期間で半額に、
10袋で1,000円です、安い!
U氏も10袋、頼まれたK氏の分6袋購入。
普通堆肥は牛糞、鶏糞、豚糞など
家畜の糞を発酵させたものが多いのだが
この堆肥は残飯の堆肥である。
レストランなどの残飯を発酵させたものです。
ややアルカリ性のため石灰などの散布の
手間も省けます。加古川大堰の近くで
よく行く温泉「みとろ荘」の南2~3㌔ほどのところです。
山裾の辺鄙なところだが
結構買い求めに来ている人がいました。
効果のほどはこれからですが
見た目にはいい堆肥のようです。
ただ難は車に積むと
臭いのなんのって、たまらん匂いです。
発酵途上は匂いはきついが
完熟するとあまり匂おわなくなるのだが、
果たして完熟か、畑にすきこんで
発酵ガスの影響で
すぐ野菜を植えると傷む心配があります。
これがなければ本当にいい堆肥だが。
家には置けないので畑で保管、
帰り大量に収穫、娘たちへ。
ダイコン、赤ダイコン、カブラ
高菜、壬生菜、水菜、サニーレタス
キャベツ、レッドキャベツ、白菜
スティックセニョール、玉ねぎ
ホウレンソウ、春菊、小松菜
ベンリ菜と
ジャガイモ、金柑、柚子、スダチ、レモン
も入れて発送。

本日の夕食
IMG_1889.jpg
鶏もも肉のから揚げ、ニンジンと葉、チリメン雑魚、玉ねぎ
のかき揚げ、しいたけの天ぷら、水菜、ニンジン、サニーレタス
のサラダ。
[ 2014/11/27 19:42 ] 家庭菜園 | TB(0) | CM(0)

ミシシッピアカミミガメ

ミシシッピアカミミガメ
この頃日本のカメ界を席巻している
外来種のカメです。
小さいときは「ミドリガメ」として
夜店で売っているあのカメです。
繁殖力が強く、今見るカメの
ほとんどはこのカメです。
イシガメ、クサガメの在来種を
見つけるのは至難の業です。
普通は冬の間冬眠しますが
このカメも冬眠しているようですが
個体によっては真冬に日向ぼっこしているのを
見かけます。
間もなく12月に入ろうとしているのですが
まだまだ一向に眠る気配がありません。

IMG_1883.jpg
ネタ切れの時もできるだけ
ブログを維持していこうと
頑張ってます。
何故かって?
結構いろんなことをしなければならないので
ボケ防止になる、かな。
[ 2014/11/25 17:10 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

庭ハウスのビニール張り

庭ハウスのビニール張り
庭ハウスは現在骨組みだけだが
中には小松菜、小カブ、高菜などが
植わっています。気温が随分下がり
成長も遅々としています。
1月下旬からトマト等の育苗ハウス
として使うためビニールを張らなければ
ならないのだが、育苗に使うまでに
植わっているものの成長を早め
収穫しておかなければなりません。
でビニールを張ることに。
寸法の合う、切ったり貼ったりしなくてもよい
市販のビニールは探せばあるのですが
何しろ値段が高くて趣味でやってる分には
手が出ません。こんな小さなハウスでも
ビニールだけで6~7,000円はします。
そこで以前買っておいた巾180㎝、
厚さ0.07㎜、長さ100mのロール巻の
ポリ塩化ビフェニール(農ポリ)で作ることに。
まずハウスの長さですが
横が裾の余裕を見て6m、
長さがこれも入口、奥の縦分もみて
7.5mです。
ロール巻が巾1.8mしかありませんので
これを横に並べて被せるとしたら
1.8m×6mにカットし
これをつなぎ目ののりしろなど
余裕をもって7.5m分を作るとしたら
5枚要ります。
カット、接着剤塗りを平面でできる広さは
残念ながら我が家にはなく
ここは創意工夫して何回も分けてしなければなりません。
これを一人でするとなるといろいろ
考えることが多くなりボケていてはできません。
何とか完成したので一応まだ大丈夫のようです。

IMG_1887.jpg
2坪ほどのハウスです。

IMG_1886.jpg
入口は人が入れるぐらいの高さまでカットしています。
カットしたところはビニール接着テープで補強しています。
昼間は締めたままにしておくと40℃以上になるので
入口の裾を上げ風通しを良くし
夜間は洗濯ばさみで留めておきます。

IMG_1888.jpg
つなぎ目です、20センチ幅ののりしろです。
赤の矢印は接着テープを張っています。
裏表2か所とも。
緑の矢印は接着剤で貼っています。
テープだけでは劣化し剥がれる恐れがあるからです。
接着剤にもいろんなものがあり
ポリ塩化ビフェニールが接着できるものでないとダメです。
こんなつなぎ目が4か所あります。
丸一日かかりました。

IMG_1884.jpg
本日の夕食
レンコン、こんにゃく、鶏肉、ゴボウ天、
ニンジンの筑前煮
鯛のアラとカブラの煮付け
これは私がつくりました
ダイコン葉とチリメンジャコの炒め物

≪万歩計≫
11月10日   6,672歩
11月11日  14,403歩
11月12日  15,624歩
11月13日   9,105歩
11月14日  11,400歩
11月15日   7,311歩
11月16日   1,038歩
11月17日   9,744歩
11月18日   8,541歩
11月19日  12,888歩
11月20日   9,642歩
11月21日   3,501歩
11月22日  12,132歩
11月23日  21,219歩
※足摺岬を過ぎ、宇和島方面へ向かっています。
[ 2014/11/24 19:00 ] 家庭菜園 | TB(0) | CM(0)

皇帝ダリア

皇帝ダリア
この背高のっぽのような
ひまわりのような花、
今時分に咲くのですね~、
皇帝ダリアと言うそうです。
ちなみにひまわりのようなと表現しましたが
皇帝ひまわりと言うのもあるそうです。
皇帝ひまわりも背高のっぽです。
どうやら大層な名前は
背高のっぽにつけられる名前のようです。
この植物、花が終わると
節のところ20センチぐらい切り
挿し木にすると簡単に増やせるようです。

IMG_1880.jpg

ついでにこんなのもありました、
カリンの横にあったのですが
この植物、何というのか知りませんが
枯れたほうが目立ってきれいなようです。

IMG_1881.jpg
[ 2014/11/22 17:57 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

氷上町「植野美術館」

原田泰治が描くふるさと暦展
今日は連れ合いの実家の
のことで運転手することに、
西脇の姉のところまで行き
そこから実家まで姉の運転で
行くので私はここまで。
ただ明石まで引き返し
また迎えにくるのは余りにも遠く
無駄であるのでどこかで時間をつぶすことに。
で、丹波市氷上町の植野美術館へ
以前ちょっと覗いたことがあるのですが
丹波市立にしては立派な美術館である。
実業家植野氏の寄贈であるらしいが。
ちょうど原田泰治の絵画展をやっていたので
覗いてみることに。
独特の細かい筆遣いの
日本の原風景を描いた癒し絵画でした。
1時間半ほど見学し、近くの
若駒白雲閣という食べ物屋で
ちょっと早い昼飯。

IMG_1873.jpg
なかなか立派な美術館である。

IMG_1872.jpg
来る途中9時半頃
氷上町は濃い霧の中であった。
外気は5℃、地温が外気に冷やされ
霧が発生したようである。

IMG_1875.jpg
若鳥の照り焼き定食

IMG_1874.jpg
美術館の4階から氷上町郊外を眺める
流れは加古川上流である。

午後は依然よく行った
山南町の薬草薬樹公園にある
「薬草の湯」へ。

IMG_1876.jpg
結構広い公園で
散歩にはいいところ。

IMG_1878.jpg
鮮やかな黄色なので思わず撮った。

IMG_1879.jpg
よく見ると市街地周辺にはいない
色んな鳥が見られます。
矢印のところにおそらくコゲラだと思うのですが
ちょこちょこ動いていました。
ケラ類は木の幹にへばりつくように
止まっているので比較的シャッターが切りやすいです。
ほかにシジュウカラが数匹遊んでいました。
シジュウカラはスズメぐらいの大きさで
ちょこちょこ頻繁に動くので撮りにくいです。
他によく見かけるのは
人懐っこいヤマガラとか
エナガ類なのですが今日は見られませんでした。
ここで2時間ほど時間を潰し
3時半頃迎えに行く。

[ 2014/11/21 19:56 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

カモ

カモ
仕事の関係で
明石の水鳥の話を
専門家に聞いたことがあります。
それによると明石に飛来する
カモの種類は近隣に比べて
非常に多いらしいです。
市内に大小含めて110か所ぐらいの
溜池があるのも関係しているのかもしれません。
毎日溜池付近を散歩しているのですが
その種類の多さには納得です。

IMG_1865.jpg
最初はオシドリと思っていたのですが
どうやら「ヒドリガモ」のようです。
ちなみにオシドリも明石に飛来し
普通に見られるそうです。

IMG_1866.jpg
このカモもよく見かけます、
いくら調べても種類がわかりません。
全体に黒く、くちばしだけが白いです。
散歩している人の説では雁と言うことですが・・・。
雁はもっと大きいと思うのですが。
[ 2014/11/20 20:06 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

トマトの竹支柱の作製

トマトの竹支柱
プラスチックの支柱が市販されているのですが
やはり竹がいいです。
プラスチックの支柱は滑り落ちないように
イボイボがついているのですが
竹にはかないません。
作るのが大変ですが
何せタダですし、私はこの竹にこだわっています。
今年の春に育った竹で
雄竹の親指大ぐらいが一番使い勝手がいいです。
太いと持ち運びが重たく
土中に差し込むのに深くはいりません、
細いと当然折れやすく、長持ちしません。
親指大ぐらいで3~5年は持ちます。
使用しない時は屋内で保管すると
10年ぐらいは持ちます。

IMG_1868.jpg
伐採時、粗く枝払いするのですが
さらに丁寧にそぎ取ります。

IMG_1867.jpg
矢印の枝元がついていると
防鳥網とか紐などを張った時絡み付いて
作業がしにくく、後片付けも絡み付いて
始末が悪いので丁寧にそぎ取ります。

IMG_1871.jpg
土中に差し込みやすいように
先端を尖らせます。

IMG_1869.jpg
運びやすいように10本束にしています。
他の畑仲間も使っているので
今年は150本作りました。
[ 2014/11/20 19:41 ] トマト | TB(0) | CM(0)

ネコの糞対策

ネコの糞対策
ほとほと弱っています。
飼い猫だと思うのですが
ノラ状態です。
深夜我が家の庭を遊び場にしています。
2匹はいると思います。
以前から塀の上に有刺鉄線や
ピアノ線などを張って
侵入を防いでいたのですが
一向に効果がありません。
猫は糞をしたあと丁寧に
後ろ足で土を被せ
外からはわかりません、
が匂いは非常にきついです。
匂いがすると必ず近くに糞があります。
特に庭畑の耕して平らにしたところは
格好のトイレです。
平たくてしやすく、耕した後なので
後始末がしやすいです。
私は鼻が悪いので
うっかり苗などを植える特に
グチャット手で握りしめてしまいます。
地獄です、臭いのなんのって!
あの手この手と対策を考えるのですが
この間から木酢液を通り道にスプレーしています。
この木酢液、野焼きや、山火事の匂いがします。
木などを燃やした後の灰汁を濃縮したものです。
この臭い、動物は本能的に避けるようです。
薄めて野菜などの害虫防除に使うのですが
猫にも効くようで当面は効果があります。
ただし4~5日で匂いは消えてしまします。
雨が降ると以降効果がありません。
そこで画像のようなものを考えました。
これなら雨の心配もありませんし
効果が長持ちします。
今のところ糞害はありません。

IMG_1870.jpg
ペットボトルの2か所に切れ込みを
入れて匂いが出るようにしています。
庇のようにしているので雨は入りません。
薄めず原液を入れています。
[ 2014/11/20 19:24 ] 家庭菜園 | TB(0) | CM(0)

ニンニクに追肥

ニンニクに追肥】
9月18日種球を植えつけてから
62日目、本葉が6枚になっています。
本場雪国では本葉4枚で冬越し
させるらしいから6枚は十分である。
もっともこちらは暖地系の品種ですけど。
11月下旬と翌2月中旬ごろに
追肥をしますが、2月の追肥は
春以降の肥大促進のため
即効性のある化成肥料を使います。
私は万能型の8-8-8を使用します。
11月の追肥はまだこれから成育期間
が長いのでゆっくり長く肥効がある
堆肥系にします。わたしは鶏糞を使います。
鶏糞にもいろいろあり、値段もまちまちです。
生の鶏糞は安いですが施肥後
発酵しガスが発生して植物を傷めます。
少し値段が高めですが完熟でないとダメです。
肥料袋に完熟と書いていても未完熟の物がありますので
注意する必要があります。
で、ニンニク、ブロッコリー(スティックセニョール)
春キャベツ、春水菜、肥料喰いの芽キャベツに追肥。

IMG_1860.jpg
発酵鶏糞(完熟、だと思います)

IMG_1863.jpg
随分大きくなっているでしょう
ニンニクです。

IMG_1861.jpg
スティックセニョール
向こうに水菜、春キャベツが植わっています。
[ 2014/11/19 19:55 ] ニンニク | TB(0) | CM(0)

スモークサーモンのちらし寿司

スモークサーモンのちらし寿司
またまた食事のこと
スモークサーモンのちらし寿司
本日の昼食です。

IMG_1859.jpg
スモークサーモン、タマゴ
シラスチリメン、生春菊
海苔がまぶしてあります。
ブロッコリー、赤ダイコンの酢の物
ダイコン、ニンジンの酢の物スモークサーモン巻
菜っ葉のお浸し
これは2人前です。

今日連れ合いは久しぶりに
義妹と連れだって収穫にきた。
その前に義妹から
ふるさと納税のコシヒカリをいただいていたので
一緒に収穫しようとなったらしいです。
きょうは残渣がまたワンサカ積もっていたので
焼却することに
おかげで身体もスモーク状態のところへ
食べものもスモークでした。
[ 2014/11/16 19:28 ] グルメ | TB(0) | CM(0)

なますと豚汁

なますと豚汁
またまた食のネタ
本日の夕食です
豚汁と干し柿入りなますスモークサーモン巻
どちらもなかなかイケマシタ。
我が家はこのスモークサーモンが好物です
客があるときはこのスモークサーモンと
ホタテ貝柱が定番です。

IMG_1858.jpg
なます、干し柿入りがミソです
ニンジン葉が添えてあります。
ご飯がない?
そうです、ときどき我が家は
夕食はご飯を食べません。
間食はしません、
食が細ったのでしょうか。

[ 2014/11/15 17:57 ] グルメ | TB(0) | CM(0)

イワシのフライ

イワシのフライ
食事のネタが多くなっています。
畑はやはり苗づくりの2月から
収穫の秋までで、今の時期
ネタ切れです。
で本日の昼飯
我が家では夕食よりも
昼飯の方がカロリーが高い場合が多いです。
健康にはそのほうがいいかもしれません。
年齢的に食性が変わってきたかもしれません。

IMG_1857.jpg
イワシ、玉ねぎ、ニンジン葉の天ぷら
リンゴと春菊が添えてあります
隣は白菜と高菜の漬物
[ 2014/11/15 16:48 ] グルメ | TB(0) | CM(0)

安納芋の蒸しパン

安納芋の蒸しパン
2番手のスナップエンドウの苗が
大きくなったので圃場に出すべく
畑に行き作業を始めると
植える場所はあらかじめ予定
していたのであるが、定植後の
防虫網トンネル(防虫ではなく防風、霜よけ)
の長さが足りない、不織布でもいいのだが
雨水が半分以上外に流れてしまう。
防虫網は結構高価でこのために買うのも
もったいなく植え付けは断念。
1番手だけでも十分なので
この場所に玉ねぎ「アトン」を追加定植することに。
1番手のスナップエンドウとソラマメは
本格的な北風に備え
防虫網トンネルの北側を
不織布で防風対策する。
これをすることによって
強い北風に揺さぶられて痛むことがなく
また防寒対策にもなります。
これで本年の作付は全部終了です。
あとは収穫を待つばかりです。

で、本日の昼食
安納芋の蒸しパンです。
IMG_1856.jpg
[ 2014/11/14 19:46 ] グルメ | TB(0) | CM(0)

支柱の作製

支柱の作製
ひつこく昔ながらの竹を使っています。
トマトやキュウリの支えに使う支柱、
今はプラスチック製の支柱が市販されていて
竹製を使う人はほとんどいません。
竹製も市販されているのですが
結構高く、長持ちするプラスチック製が主流です。
経験のある方ならわかると思うのですが
プラスチック製の支柱には
沢山のイボがついています。
このイボは支柱にトマトなどを
結わえるときひもで結んで
下へずり落ちないように
イボがついているのです。
竹製はこの辺りが優れものです。
イボがなくてもずり落ちません。
このため未だに竹製にこだわっています。
毎年100本ほど伐採します。
畑仲間も自由に使っているので
少し余分に作っています。
3~4年ぐらいは持つのですが
折れたり、油抜き処理をしていないため
腐ったりするので毎年これぐらい
調達します。
で、本日85本ほど伐採してきました。

IMG_1854.jpg
だいたい2メートルぐらいの長さです。
だいたいと言うのはきっちり2mと
言うわけにはいかないのです。
というのは両端とも節でカットするのが
丈夫で長持ちするのです。
したがってきっちりとはいきません。
現場ではカットと枝を払います。
枝払いはあらかじめ切っておいた
太めの竹で払うと簡単に枝払いできます。
車が入らない場所なので
自転車で行くのですが
自転車の前かごに立てて積めるのが
20本ぐらいです。
超曲芸のようにして
自転車に乗りふらふらしながら
家まで運びます。
本日はこれを4往復した。
まだこれから枝際をきれいに削ぎ、
土中に差し込みやすいように
先を尖らせます。
この作業は後日する予定です。
なぜこんなことにこだわるかと言うと
子供の頃、テーラー(荷台付き小型耕運機兼運搬機)
乗って親父と一緒に
支柱を買いによく行ったものです。
1回に千本ほど買っていただろうと思います。
親父はまだこれから6等分、8等分に裂いて
ビニールトンネル用の支柱を作っていました。
当時は今のように便利なものがなかったから
竹で作るのは当たり前だったのですが
それにしても今から思えば
気の遠くなるような作業をしていたのだなと思います。
親父と一緒に竹を買いに行ったこの場所
自転車で20分ほどの神戸市側にあるのですが
ひょんなことからわかったのですが
我が家の何代か前、ルーツにかかわる場所でした。

今冬一番の冬型だったのですが
おかげであまり寒さを感じずに済んだ。



[ 2014/11/13 20:13 ] トマト | TB(0) | CM(0)

新秋ジャガの蒸かしイモ

新秋じゃがの蒸かしイモ
我が家は小さいのが好みです。
普通この手の大きさなら
畑にそのまま捨てられるのですが
我が家はすべて持ち帰ります。
もったいない精神もありますが、
料理の仕方によっては結構
美味しくいただけます。
また、畑に放置すると
次作の野菜の合間から
ニョキッと芽を出してきて
始末が悪いこともあります。
バターを少し乗せ丸まま口に
放り込むとこれほどうまいものはありません。
小さいので量も知れていますので
食べすぎることもない健康食です。

IMG_1853.jpg
青梗菜とベーコンのチャーハン。
白菜と大根の漬物です。
この漬物、何とうまいことか!
素材がいいのか、料理の腕がいいのか。
[ 2014/11/13 12:21 ] ジャガイモ | TB(0) | CM(0)

庭のかんきつ類

庭のかんきつ類
楽しくなる季節です。
かんきつ類が色づいてきました。
すでにスダチとか柚子、温州、レモンなどは
必要のつど収穫しているのですが
甘夏、伊予柑、金柑が色づき始めました。

IMG_1849.jpg
甘夏、今年はやや裏年

IMG_1850.jpg
伊予柑、今年は裏年

IMG_1851.jpg
金柑、今年は例年になく豊作、粒も大きい

IMG_1852.jpg
ビックリ金柑
ビックリと言うほど大きくありません
味も前の金柑の方がいいです。
[ 2014/11/12 19:22 ] 家庭菜園 | TB(0) | CM(0)

春キャベツ等の植え付け

春キャベツ等の植え付け
気温がかなり低くなってきたので
野菜の植え付けもぎりぎりの時期になってきた。
昨日収穫したジャガイモのあと
すぐに作付するため施肥耕耘した。
苦土石灰は施肥後数日置かなければいけないので
鶏卵殻の有機石灰を使い
その他に化成肥料等を施肥しておいた。
本日キャベツ10本、ブロッコリー10本
スティックセニョール16本、京水菜30本ほど植え付け。
植え付け後防虫網トンネルをする。
防虫と言うよりも防風、防寒である。
本年中に作付予定は
あと2番手のスナップエンドウである。
すでに40本ほど圃場に出しているが
これはベランダで育苗中の2番手。
これの植え付けが終われば
本年は終わりです。

IMG_1848.jpg

IMG_1844.jpg
いつもの夕日です
ただ今5時15分。
[ 2014/11/12 19:14 ] キャベツ | TB(0) | CM(0)

ジャガイモの収穫

秋ジャガの収穫
8月25日に植え付けしたジャガイモ
昨日全部収穫した。
普通秋ジャガは植え付け後90日目が
収穫適期らしいですが
木が黄色くなってきており
株元がもっこり膨れ地割れができているので
それなりに大きくなっているはずと思い
10日ほど早いが収穫した。
結構大きくなっており
まあまあの出来である。

IMG_1842.jpg
品種はニシユタカ、デジマ、アンデスレッド
の3品種を植えたのだが
アンデスレッドは全滅状態だった。
赤いのがアンデスレッド、1株だけ生き残っていました。
画像では見づらいがやや白っぽいのがデジマです。
水洗いすると腐りやすいので
土がついたまま乾燥させています。
ただ日に当たると緑色に変色し
これが毒性があるので
新聞紙を被せて遮光し乾燥させます。
収穫した後元肥施肥後耕耘しておいた。
[ 2014/11/12 19:00 ] ジャガイモ | TB(0) | CM(0)

ハスの花の残骸

ハスの花の残骸
昔はよく見かけたものである。
※昔は・・・と言う記事がおおくなりました。
散歩コースにハス池があり
盆時期にはきれいな花が咲きます。
どうも商品にしているらしく
盆前のハスの花の需要があるころ
軽四で見張り番をしているようです。
今の時期、画像のような残骸がたくさんあります。
この残骸、このごろ店頭に出ています。
何に使うのかと言うと
どうも飾りに使うようです。
で、それならと暇なものだから
伸縮長剪定ばさみを持って行き
いただいてきました。
これは商品として出荷していないようなので
まあ許されると思います。

IMG_1847.jpg
ハスは水の浄化作用があり
この実を池に蒔く仕事をしたことがあります。
子供の頃はこの実がまだ柔らかいころ
盆に花が咲き、九月に入った頃だと思うが
ヒシの実と一緒に食べたものです。
ただヒシの実は、生でも茹でても美味しいですが
ハスの実はイマイチです。
店頭では一個100円です。
[ 2014/11/12 18:49 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

干し柿

干し柿
子供の頃実家に
大きな柿の木が2本あり
いずれも渋柿で
よく干し柿にしたものである。
今のように編み縄にような
紐で縦に吊るすのではなく
正月の飾りのように
本格的な串柿である。
茶黒くなった串がたくさんあったのを
覚えている。
柿の木があった裏庭は土塀で囲まれており
土塀の外に
当時百姓屋によくあった
個人の灌漑用の小さな池
「淵」ふち、と呼んでいたが
土塀の外から淵に迫り出すように
樹が生えており
よく木に登って取ったものである。
淵は20メートル四方ぐらいの
大きさで深さは大したことはないが
泥沼で落ちれば子供の力では
這いあがれないほど堆積していたと思う。
柿の木は折れやすい木で
今思えば危ないことをしていたものである。
その柿の木はとっくの昔に
ありませんが、ときどき
思い出して渋柿を買って干し柿を作っていた。
最近この渋柿も随分高くなりました。
こんなに金を払うなら止めとこと
思うほどの値段である。

画像の吊るし柿、いずれも
いただき物である。
どちらも(小さいの2本、大きいの2本)
丁寧に作っておられ大変だったであろう
と思われます。
小さいのはもう食べ頃です。
時々ちぎっていただいています。

IMG_1846.jpg
[ 2014/11/12 16:51 ] グルメ | TB(0) | CM(0)

宍粟市山崎

宍粟市山崎
よく行くところである。
急に思い立ち、日帰り温泉へ、
何時ものコース
山崎JA直売所「旬彩蔵」
ここではレンコン、花などをよく買う。
今日は瓶詰のはちみつを買う、
地元兵庫産である。
つぎに一宮道の駅である。
ここではしいたけ、柿を調達する。
次は昼飯であるが
いつものところは止め
今回は初めてのところへ
道の駅から少し北へ行ったところ
割烹「忠佳」
まだ新しいようだ
客はいなく、主に仕出しのようである。
私はかつ丼セット
連れ合いはカキフライ定食

IMG_1840.jpg
かつ丼セット

IMG_1841.jpg
カキフライ定食

腹が満腹になったところで
風呂へ
ところが何と今日は定休日
そうか、月曜日なんぞに行ったことがないもんな

仕方がない引き返してほかのところにいくのは
やや遠くてしんどいし
思い出し姫路の職場の同僚であったN氏のところへ
電話するといたので寄ることに
奥さんは出かけて留守だったが
しばらく時間を潰し帰ってきた。
端正に作った10個ほどついた
干し柿2本頂いてきた。



[ 2014/11/10 18:30 ] 温泉 | TB(0) | CM(0)

アトン

アトン
玉ねぎの品種です。
太陽神という意味があるらしい。
このごろよく店頭で見る品種で
なかなかの優れものらしいです。
普通玉ねぎは大きくてジューシーで
甘いものは長期保存が効かないのですが
このアトン、それができるらしいです。
普通に栽培すれば350gぐらいの大きさで
これでも十分大きいのですが、
上手く肥培管理すれば600gぐらいの
大きさになるらしいです。
ソフトボールぐらいの大きさです。
最近の人気品種で
何でも流行に流されやすいので
今年はこれも栽培することに。
明日雨模様なので本日定植。
あとで気が付いたのですが
やや早かったようです。
マルチ栽培なので、
通常栽培よりも1週間ぐらい遅らせたほうがいいらしく
あまり早植えすると、分球して1本の苗から
2個の玉ねぎができ易くなります
まあ今年は試栽培のつもりで大玉に挑戦します。

IMG_1832.jpg
これでサクラエクスプレス、彩紅、アトン、ネオアース
4種、各50本、計200本植えました。
[ 2014/11/08 18:39 ] タマネギ | TB(0) | CM(0)

本日の夕食

本日の夕食
まず画像を

IMG_1836.jpg
手前右手、見ての通り牛丼
色が浅いですが、我が家はすべて薄味です。
春菊が添えてあります。
左手ダイコン、ゴボウ天、滋賀特産赤こんにゃく。
この赤いこんにゃく
如何にも血の塊を食っているようで
ちょっとと思いますが
なかなか味はいいです。
その斜め右、
リンゴ、かぼちゃ、大根おろしのサラダ、
レモンが添えてあります。
このレモン、我が家の庭にワンサカ成っています。
その斜め左、白菜の浅漬け、
このごろこれだけで腹がいっぱいになるぐらい
食っています。
本日の我が家の健康夕食でした。
[ 2014/11/08 18:21 ] グルメ | TB(0) | CM(0)

坊ちゃんかぼちゃグラタン

坊ちゃんかぼちゃグラタン
今流行の坊ちゃんかぼちゃです。
我が農園の産物ではありません。
頂き物です。
早速昼飯のグラタンに。
本来なら外皮の中に具を
入れるのだそうですが
今回はボリュウムたっぷりに。
なかなかミニカボチャながら
おとなかぼちゃに負けていません、
こんなに美味しいのなら
栽培を一考します。

IMG_1833.jpg
[ 2014/11/08 18:10 ] グルメ | TB(0) | CM(0)

今冬一番の冷え込み

今冬一番の冷え込み
思った通り今冬一番の冷え込みとなった。
もう立冬も過ぎたので今冬と言ってもいいだろう。
ベランダの温度計は8℃であった。
屋外だが屋根下なので本当の外は
7℃か6℃くらいだったのではないか。
早朝の自転車漕ぎ、散歩は
少し寒かった。
空も強い北風に雲が流されています。

IMG_1831.jpg
[ 2014/11/08 08:53 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

満月

満月
一昨日は171年ぶりの今年2度目の
十三夜月でした。
二日後の今日、満月です。
別に珍しくもないのですが
十三夜月の後と言うことで
撮ってみました。
手持ちのカメラではこれが限界です。

CIMG0012.jpg
今夜から冬型の気圧配置、
このように晴天だと
放射冷却も加わって
明日朝は冷えそうです。
[ 2014/11/07 20:06 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

ソラマメ、玉ねぎの定植

ソラマメ、玉ねぎの定植
10月16日に播種したソラマメ
21日目で定植。
40㎝間隔で2列計20本。
やや畝の中央寄りに定植した。
チドリ植えで灌水後もみ殻を株元に蒔く。
品種はサカタの「打越一寸」
病気に強く栽培しやすい品種だそうです。

IMG_1816.jpg
防虫網のトンネルをしています。
防虫というよりもどちらかと言えば
防風防寒対策です。

IMG_1817.jpg
玉ねぎも定植しました。
いつも種を播種し苗づくりからするのだが
今年は苗床の場所がなく断念
購入苗です。
苗づくりは品種は一つで
色々作れないのですが
苗を購入するとなると
少しでも購入できるので
色々な品種を楽しむことができます。
まず極早生、早生品種を定植した。
早生系は11月上旬が適期なので
まずこの品種から。
極早生は「サクラエクスプレス」
超特急のような名前どおり
3月には収穫できる極早生です。
ただし長期保存はできません。
次に赤玉ねぎ「彩紅」
これは極ではないが早生です。
取りあえずこの2品種を
それぞれ50本づつ定植、
これも株元にもみ殻を撒く。
玉ねぎは深植えは禁物で
極く浅く根が見えるか見えないかぐらいに
植えています。
中旬には晩成系の2品種ぐらい
植えるつもりです。
[ 2014/11/06 19:41 ] タマネギ | TB(0) | CM(0)

2度目の十三夜?

2度目の十三夜
名月は2つあるらしいです。
一つは中秋の名月。
旧暦8月15日、
今年は9月8日でした。
これより約一月遅れること
旧暦9月13日、
今年は10月6日でした。
この夜の月が十三夜月です。
十三ですから満月十五夜の2日前です。
少し欠けています。
この少し欠けたところを名月と呼ぶ
日本人らしい愛で方ですね。
この十三夜月、今年は
171年ぶりに2回見れるらしいです、
それが昨日5日でした。
理屈はよくわかりませんが、
旧暦ではほぼ3年に1度
調整のためのうるう年があり、今年は
その閏年でしかも9月のあとに
閏9月を挿入するため
十三夜月が2回見れるわけです。
ふんふん、何だかよくわからんが
有難く美しいお月さんが
拝めるらしい。
散歩中に思い出し
十三夜月ならぬ十四夜月ですが
やや雲隠れしています。

IMG_1821.jpg
月の出です。

IMG_1819.jpg
反対側晩秋の夕暮れです。17:30です。
[ 2014/11/06 19:12 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

秋ダイコン、秋玉ねぎ初収穫

秋ダイコン、秋玉ねぎ初収穫
害虫に対して完全防備の大根
本日初収穫しました。
完全防備とはヨトウムシ、
青虫、アブラムシ等に対し
目の細かい防虫網トンネルで
裾が空かないよう
幅2,1mの幅広を使い
各支柱に洗濯ばさみで網を抑え
さらにところどころ太針金で押さえて
ほとんど隙間がないようにした。
いまのところ害虫は全然ついていません。
で、若干早いのですが本日初収穫

IMG_1813.jpg
本当は総太りのでっかくて
柔らかいのを作りたいのだが
段ボール箱に入る
手ごろな大きさになる品種を選んだ。
煮付けにしたのだが若干固い。
大きさで選んだのだが
やはり柔らかい品種を選ぶべきだったか。

IMG_1815.jpg
秋獲りの玉ねぎである
秋どりは8月末から9月初めにかけて
ビー玉ぐらいの大きさになった苗を
植えるのである。
暖かい時期に作るので栽培期間が短い。
したがって保存もあまり効きません。
まだ食べていませんが新物なので
美味しいはずです。

IMG_1814.jpg
このごろ春菊とほうれん草の成長がすさまじいです。
根からとらず葉っぱを摘み取っているのですが
2~3日ほどで摘み取る前の状態になっています。
これも完全防備で虫は付いていません。

このほかにスティックセニョールも
少し収穫した。
これから赤ダイコン、高菜、壬生菜、水菜
ジャガイモ、キャベツ、赤キャベツなどが
そろそろ収穫時期になります。

≪万歩計≫
10月27日   8,406歩
10月28日   2,322歩
10月29日   8,736歩
10月30日   6,270歩
10月31日   3,348歩
11月 1日   6,153歩
11月 2日   5,943歩
[ 2014/11/05 18:59 ] ダイコン | TB(0) | CM(0)
プロフィール

kコチン

Author:kコチン
定年退職後、園芸と木工の日々、1948年兵庫県生まれ、同在住。
約300㎡の借り畑地でのらりくらりと菜園、特にトマトの自家接ぎ木栽培に凝っています。その傍ら端材を利用して作る過程を楽しみながらあれこれ子供のおもちゃを作り、細々とネット販売しています。
ヤフオク、メルカリ、ミンネに出品しています。「手づくり 木のおもちゃ 機関車」「手づくり 木のおもちゃ ヘリコプター」「手づくり 竹細工 クワガタ」など検索してみて下さい。

カレンダー
10 | 2014/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
fc2カウンター