FC2ブログ

菜園ときどき木工(旧おまけ人生つれづれ日記)

約1年の中断後復活、主に菜園の様子と趣味の木工を綴ります。

安納芋のポット育苗

安納芋のポット育苗
先日卸売市場にイワシの買い出しに行ったとき
思わぬ衝動買いならぬ衝動拾いをしました。
何回もこのブログに記載している
発泡スチロール発芽器の発泡スチロールです。
卸売市場では段ボールとか発泡スチロールのトロ箱など
廃棄物として集積し業者に処分を委託しています。
再利用するため失敬しても何も言いません。
で、その発泡スチロール、何と従来の倍近くあります。
長年卸売市場に出入りしているのだがこんなに大きなのは初めてだ。
見捨てるわけにはいきません。助手席のシートを倒し
何とかプリウスに治まりました。
今日、早速発芽器として工作、初めての使用に
安納芋のポット育苗をします。
もうホームセンターにはサツマイモの苗が出始めました。
例年ゴールデンウィーク明けに定植するのですが
今年は畑の空きがなく、定植時期をずらさなければなりません。
そこで、普通は苗をそのまま畑に植えるのですが
ポットで育苗し、根付くまでポット育苗をして
畑が空くのを待つことにしました。
安納芋は根付きが悪く、そのまま畑に植えても
必ず欠株ができるため、ポット育苗はかえって好都合です。
しかも、1本の苗を半分に切り、2個の苗として
ポットに挿し、この超大型発泡スチロール発芽器で
育苗管理し完璧に苗づくりをするつもりです。

ちなみに従来の発芽器
縦×横×高さ
40×80×40

超大型
45×140×55

IMG_1001.jpg
上の2個の発芽器と比べてください

IMG_1002.jpg
こんなにたくさん入ります。
これなら来年、苗の注文を受け付けられるかも

と、ひとり喜んでいます。
スポンサーサイト



[ 2014/04/28 17:07 ] 家庭菜園 | TB(0) | CM(0)

イワシの酢漬け

イワシの酢漬け
今朝早く仕入れたイワシ
捌いた後2時間ほど薄塩で締め
その後6時間ほど酢につけておいた。
夕食時には食べごろになる。
明日いわし寿司の予定なので
今日は酢漬けをそのままいただきます。
これが何とも美味いのです。
ビール片手に至福の時です。
何とも安くつく至福です。

IMG_0999.jpg
[ 2014/04/27 20:06 ] グルメ | TB(0) | CM(0)

スナップエンドウ

スナップエンドウ
毎日少しずつ収穫できていたのですが
今朝からは本格的に最盛期に入りました。
エンドウはなり始めると一気で収穫期間は短く
あっという間に終わってしまいます。
このところ毎日エンドウ三昧です。
スナップエンドウはキヌサヤより
やや大きく皮が厚いのですが
その皮は柔らかく、莢の筋もなく美味しくいただけます。
以前はキヌサヤだったのですが、昨年あたりから
連れ合いの希望によりスナップエンドウになりました。

IMG_0979.jpg
今朝の収穫です。

昨日は4月最後の土曜日、病院に行ってきました。
タケノコとエンドウの炊き込みご飯の弁当持参です。
病院のベランダででも食べるつもりでいたのですが
トマトとトウモロコシの苗を渡すため
義姉夫婦と病院で落ち合っていたので
誘われて義姉宅で昼ごはんとなりました。
持参弁当にプラス出石そばを湯がいていただき御馳走になりました。

義母は調子が悪いのか10時過ぎに行ったのですが
昼の食事時間まで眠ったままで、言葉数も少なかったようだ。
義姉宅で昼食後3時半頃再び病院へ、4時半頃病院を出る。

IMG_0975.jpg
この病院に入院したころは
まだつぼみが固かったシャクヤク、満開です。

IMG_0977.jpg
ローズマリーの花にたくさんのクマバチが集まっていた。
このクマバチ、大きくて羽音がブーンとうなりをあげて
飛ぶためいかにも獰猛のように思えますが
性格は極めて温厚でほとんど人間は関心の対象ではないようです。
活発に動くオスは針がなく刺すことはありません。
メスは毒針があるのですがよっぽどのことがない限り刺すことはないようです。
刺されても重篤に至ることはないようです。
数百種類もいるようでとくにフジの花が好きなようです。

昨日は夜、自治会の総会があり
2年間の役を終えた。
今朝早朝、スナップエンドウの収穫と春作白菜を収穫したが
今の時期の白菜は巻があまく、既にトウ立ちし始めている。
トマトが伸びてきたので、支柱に結わえている紐を
高めに結わえなおす。第1花房の花が2個ぐらい咲き始めたころに
トマトトーンを噴霧しているが、今朝も実施。
噴霧は1回だけなので噴霧した後、支柱にマジックで印をつけておく。
今年は第1花房だけにする。

※早朝畑へ行く前に、卸売市場へ
 寿司ネタのイワシの仕入れに
 今回はちょうどいい大きさの新鮮なイワシが手に入った。
 今晩から3~4日はイワシ三昧である。
[ 2014/04/27 09:44 ] 家庭菜園 | TB(0) | CM(0)

ニンジンの発芽

ニンジンの発芽
毎年ニンジンは作るのですが
いつも8月の終わりごろに播種しています。
百姓の子なので、小さいころから親父の
野菜作りを見てきており、ニンジンは8月下旬に蒔くものと言う
先入観があり、毎年その時期に蒔いていた。
ところが品種改良などで最近はほとんど
年がら年中蒔けるようです。
で、種の保管箱を整理していたところ
蒔き忘れのニンジンの種が出てきたので
4月12日に蒔きました。
この時期に蒔くのは初めてです。
サカタ交配の「ベータリッチ」です。
有効期限ぎりぎりのようです。
ペレット粒子で一粒づつ間隔をおいて
間引きしなくてもよいように播種した。
ニンジンは他の野菜に比べて発芽が悪く、
また好光性なのでほとんど覆土はせず、
不織布を掛け、毎日朝昼の2回水やりをしてきた。
やっと20日頃に発芽を確認し、不織布を取ったところである。
播種後8日目で発芽である。

IMG_0968.jpg
不織布を取った後、タヌキかアライグマに荒らされないよう
垣根をしています。
最近それらしい足跡があちこちで見られ、マルチが破られたりしています。

IMG_0969.jpg
黄色の矢印の白いものがペレットのコーティングした片割れである。

IMG_0966.jpg
早朝に不織布トンネルを取り、支柱をしたインゲンマメです
つるありインゲンはこのように支柱の交差点を低くします。
こうすることにより、蔓が伸びて交差点に来たとき
手前の方に巻きつき収穫しやすいようになります。
今日初めて分かったのですが、20株のうち5株ほど
青枯のような状態になっています。
様子を見ながら市販苗を補充をします。

IMG_0967.jpg
この苗は元気です。1か所2株です。片側10か所の
全部で20か所です。

[ 2014/04/24 21:37 ] ニンジン | TB(0) | CM(0)

コゴミの酢味噌和え

コゴミの酢味噌和え
久ぶりにコゴミを頂きました。
連れ合いの実家にワラビ、コゴミ、野フキ
が結構あり、よく採ったものです。
今季も主のいなくなった実家の放棄田に
たくさんワラビが自生し、先日採ってきました。
今日は先日タラの芽を頂いたT氏に
またタラの芽と、コゴミ、ワラビを頂きました。
コゴミ、ワラビほど一般的ではありませんが
時々スーパーにも出ています。
「草蘇鉄」とも言います。
長けて葉が開くとソテツに似ています。
ワラビほどぬめりはありませんが、
あっさりとして美味しいです。
和え物や天ぷらなどにします。
今日は酢味噌和えにしました。
ちょっとからしを効かし、からし酢味噌和えです。
湯通しの塩梅がよく、シャキシャキ感があって
とてもおいしかったです。
今日は頂き物が多く、タケノコもU氏からいただきました。
後日の楽しみです。

IMG_0974.jpg
[ 2014/04/24 21:10 ] グルメ | TB(0) | CM(0)

ミニキュウリ「ラリーノ」その後

ミニキュウリ ラリーノ その後
4月16日にミニキュウリ「ラリーノ」を
播種してから6日目である。
すでに発芽器から出して日光に当てている。
今のところ合わせて播種した台木とも順調である。

IMG_0960.jpg
ミニキュウリ「ラリーノ」播種6日目、播種10日目の26日頃に
接ぎ木の予定である。

IMG_0959.jpg
画像が横向いている。修正したのだがうまくいかない。
台木も順調である。

IMG_0961.jpg
台木のグリップが余っていたので
市販の実生のマクワウリときゅうり苗を接いだ。
呼び接ぎなので成功か失敗かまだ分からない。

IMG_0963.jpg
来年のトマトの台木の種採取用の苗
交配種なのでダメかもしれないが
比較するため試験的にやってみます。
[ 2014/04/22 20:30 ] 家庭菜園 | TB(0) | CM(0)

コメダ珈琲店

コメダ珈琲店
朝9時半に医療センターを予約しているので
9時前ごろに出る。
毎度のことながらいっぱいである。
今日は血糖値等の血液検査らしい。
私が糖尿の治療をしており、
長女も妊娠糖尿で期間中インシュリン注射をしていた。
心配であるが検査結果は血糖値は正常であったらしい。
ただ血糖値と言う数値は食事内容によってブレが大きく
高いのは心配だが、低いからと言って安心はできない。
取りあえず今日のところは良かった。
昼前に終わり、朝食抜きであったので
おなかが空いているらしい。
で、今流行のコメダ珈琲大久保店へ。
人気のパンの上にソフトクリームがのっかった
シロノワールとやらはパスして
もう少し腹ごしらえができるものにする。

IMG_0956.jpg
私がオーダーした味噌カツサンド
見た目以上にボリュームがありました

娘はエビかつサンド、連れ合いはコメダ特製グラタン
いずれも画像の味噌カツサンドに負けず劣らずボリュームがありました。
それにしても平日の昼の時間帯をややずれているにもかかわらず
若い人からそれなりのお年を召したおば様方の多いことか。
[ 2014/04/22 20:18 ] グルメ | TB(0) | CM(0)

旬の物づくしの天ぷら

旬の物づくしのてんぷら
先日頂いたタラの芽がちょうど食べごろになり
また庭にはユキノシタがちょうどいい大きさになっているので
本日の夕食は旬の精進てんぷらということになりました。

IMG_0955.jpg
ビールがうまかったです。
これにタコとジャガイモのてんぷらが加われば最高なのですが。
[ 2014/04/21 21:19 ] グルメ | TB(0) | CM(0)

末娘の検診

末娘の検診
先の検診でいろいろ心配なことを言われた。
明日も医療センターで血液検査があるので
伊丹へ迎えに行く。
何回か行くと道に慣れてきた。
10時過ぎに出て11時過ぎに着く。
折り返しすぐに出て、昼ごはんにする。
時間があるので少し帰り道を逸れ、
西宮へ、阪急夙川駅の西、羽衣町の
「侘助」という蕎麦屋へ。

IMG_1659.jpg

IMG_1668.jpg
土蔵風の建物です。

IMG_1679.jpg

IMG_1689.jpg

IMG_1702.jpg

IMG_1703.jpg

IMG_1695.jpg

IMG_1704.jpg

IMG_1710.jpg
ここの蕎麦湯は濃厚で最高でした。

IMG_1713.jpg

IMG_1722.jpg

結構な昼食で満腹になり帰りの運転で居眠りしないか心配でした。
[ 2014/04/21 21:13 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

66歳

66歳
66歳になってしまいました。
私が小学校4年の頃祖父が64歳で
脳溢血でなくなりました。その光景をよく覚えています。
炊事場の土間で鎌を砥石で研いでいて
そのまま前のめりに倒れたままです。
随分歳いったおじいさんと思っていました。
そのおじいさんを既に二つ超しました。

きょうは連れ合いのコミセンの役員会、
運転手です。
待っている間、ホームセンターをブラブラ、
実はマクワウリときゅうりのまだ小さい手ごろな
実生苗を探しています。失敗した台木のグリップが
まだ元気しており、定植した苗もイマイチのものがあるので
試に接ぎ木をしてみることに、
其々2個ずつ、接ぎ木適期がすでに過ぎているので、安全な呼び接ぎにする。
もし成功すれば、来年から補完的に安い実生苗を
接ぎ木苗に変身させることができる。
午後、接ぎ木作業と、ソラマメの摘心,脇芽取りと追肥をする。
既に親指ほどの実がたくさんできている。

IMG_0951.jpg
全然関係ないのですが、
思わず買ってしまいました。買ったからには食べなくてはなりません。

IMG_0954.jpg
夜は焼肉です。実家のタケノコは採れなくなりましたので
義姉からいただいたタケノコの木の芽和え
やはり旬のものは美味いです。
[ 2014/04/20 20:16 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

恒例の土曜日

恒例の土曜日
今日は病院の日です。
苗の定植も済み、一段落したので
ついでに、余剰苗を義姉に届けました。
トマトの接ぎ木苗と
本葉摘心の脇芽2本立てのトマト苗
それとトウモロコシ苗。
連れ合いの実家近くのいろいろお世話になっている
従兄にも少し持って行きました。

IMG_0945.jpg
病院のベランダ、すずらん、梅は終わり、
スオウの花が咲いていました。

IMG_0947.jpg
藤棚ではフジが出番の準備をしていました。
フジを見ると遠い昔を思い出します。
もう60年近く前の話です。
小学生の頃、5月の連休前後、高砂の別府に
潮干狩りの遠足が恒例でした。
山電の別府駅から海岸に行く途中
多木肥料の工場の横に大きなフジ棚があり
いつも満開のときにその下を通ったものです。
今は藤棚も海岸も全く面影はありません。

[ 2014/04/19 19:15 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

タラの芽と諸々

タラの芽と諸々
いつも何かとよくいただくT氏、
例年この時期に頂くのがこれです。
これの天ぷらはたまりません。
昔、連れ合いの実家に行ったとき
義母によく揚げてもらいました。
今から思えば手間であったろうに
好物とわかっているのでよく食べさせていただいた。
その好物今は職場の同僚であったT氏に食べさせて頂いてます。
芽が付いたままの枝です。
好みがありまして、まだ画像のように蕾で頂く方と、
もう少し待ってやや開きかけた時が好みの人と、
私は随分開いた芽が好きです。天ぷらのパリパリ感がたまりません。

IMG_0939.jpg

ちなみに我が家のタラの樹です。
もう植えてから10年以上になりますが
10年前と全然かわりません。
日が当たらないのが原因と思われます。
頂いた枝を挿し木にしてみようかなと思っています。
IMG_0942.jpg

IMG_0941.jpg
そのタラの木の手前に今が盛りと春蘭が咲いています。
東洋ラン、一時期栽培に凝った時期がありました。
色々と高価な珍しい東洋ランがたくさんありますが
このありふれた東洋ラン、「春蘭」が何となく好きです。
別名「ジジババ」という不名誉?な名前があります。
由来を調べました。ちょっと書くのをためらいましたが
ジジババというのは蕊柱を男性器に、唇弁を女性器になぞらえ、
一つの花に両方が備わっていることからついたものと言われているらしいです。

IMG_0940.jpg
その春蘭から少し手前、玄関に近いところに
火鉢があります。メダカの住処です。
連れ合いの実家近くの小川で捕獲して
一時はたくさんいたのですが、今は4匹しかいません。
ユキノシタの緑が鮮やかです。


IMG_0944.jpg
庭のスティックセニョール、随分大きくなりました。

IMG_0943.jpg
連れ合いが物置にしていた、車庫内の温室に
働いてもらうことに。
どれがどれかいずれもアブラナ科なので
双葉の頃は皆同じでわかりません。
小型赤カブ、小型絹肌カブ、ミニ青梗菜です。
いずれもこのセルトレーのまま大きくし
植え替えはしません。このセルから収穫します。
[ 2014/04/19 18:51 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

キジ

キジ
確か日本の国鳥だったと思うのですが、違うかもしれません。
散歩のときによく見かけます。
突然に出くわすのでカメラのタイミングが合いません。
今日は何とか撮ることができましたが、見にくいです。
足元から突然飛び立ちました。夫婦つがいでいたようです。
画像は羽のきれいなオスですが。

IMG_0935.jpg
[ 2014/04/18 18:01 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

発泡スチロール発芽器

発泡スチロール発芽器
このブログにひつこく名前が出てきます。
既に2個あるのですが、今年接ぎ木苗をやりだして
接ぎ木直後の養生に必要なので発泡スチロールが
調達できる間に作ることにした。

IMG_0929.jpg
マグロ運搬用の箱である。この中に
ジェル状の大きな保冷剤を入れて運ばれています。
近くの卸売市場で調達します。
2個を重ねて一つの発芽器を作ります。

IMG_0930.jpg
こんな感じですね。使わない時は防鳥網などの保管箱になります。

IMG_0931.jpg
このように両側から板で挟み込みソケットを取り付けます。

IMG_0932.jpg
安全のため電球に近いふたの部分に板を取り付けます。

IMG_0933.jpg
ソケットの外側です。

IMG_0934.jpg
コンセントに差し込むプラグです。
これで完成です。あとは場合によっては温度管理のサーモスタットを使います。
出番は来年1月からです。
[ 2014/04/18 17:57 ] 家庭菜園 | TB(0) | CM(0)

きゅうり苗の定植

きゅうり苗の定植
本日きゅうりの定植。
自作接ぎ木苗である。
あまりいい苗ではない。
台木にかぼちゃのグリップ、黒だね南京を
使ったが、どうもうまくいかなかった。
ダメもとで使えそうな苗10本を定植。

IMG_0927.jpg
台木の双葉の異常に大きいのが黒だね南京である。
何とも頼りない苗だ。ダメなら撤去、今播種している
ミニキュウリに場所を明け渡す。

IMG_0926.jpg
みにくい画像ですが、早朝少し靄っていて
太陽の輪郭がはっきりしていました。
その後靄は晴れ、汗ばむ一日であった。

※早朝5:30卸売市場で発芽器に使う発泡スチロール
 3箱を調達、来年用に発芽器を2個作る予定です。

IMG_0929.jpg
1個の箱の底を抜き、2箱重ねて発芽器を作ります。
在庫の1箱と合わせ4箱、2個の発芽器作製予定。
これで発芽器は4個になります。
かなりの苗が作れそうです。 
[ 2014/04/17 19:21 ] 家庭菜園 | TB(0) | CM(0)

ミニキュウリ「ラリーノ」の播種

ミニきゅうり ラリーノ
手のひらに収まるサイズである。
普通の緑色と白色があり2種類植えた。
高い種である、袋には10粒しか入っていなかった。
接ぎ木も試してみるので
残しておいた台木の種、グリップと黒だね南京も播種。
普通のきゅうりの残り種もあったのでついでに播種。

IMG_0922.jpg

IMG_0921.jpg

IMG_0924.jpg

IMG_0925.jpg

IMG_0923.jpg

IMG_0920.jpg
この支柱には現在育苗中の接ぎ木苗を植える予定。
[ 2014/04/16 21:06 ] 家庭菜園 | TB(0) | CM(0)

ナス、ピーマン等の定植

ナス、ピーマン等の定植
本日4月16日、ナス、ピーマン、オクラ、スイカ、マクワウリ
の定植をする。
スイカ:紅小玉2本
ナス:普通種2本、水ナス2本
オクラ:2本苗4個
ピーマン:普通種4本
マクワウリ:金太郎自作接ぎ木苗、台木グリップ5本
スイカ、金太郎は同じ畝で穴あきビニールトンネル
ナス、ピーマン、オクラも穴あきビニールトンネルを張る。
スイカの畝は、過リン酸石灰、硫酸カリ、油粕を
追肥がしにくいので予め、株元から遠く離れたところに
穴を開け施肥。
敷き藁後トンネルを張る。
穴あきビニールは、今朝早朝から
缶コーヒーのスチール缶を金属カッターで
ギザギザにノコギリ状にカットし
25センチ間隔で2列に穴を開けて準備しておいた。
初めから穴を開けたものが市販されているのだが
1.5倍ほど値段がするので、簡単にできるのでやってみた。

IMG_0916.jpg

IMG_0917.jpg
穴を開けていても締め切っていると
晴天の日は40℃近くなるので
天候に合わせトンネルを空かさなければならない。

IMG_0918.jpg

IMG_0919.jpg
ゴボウが1穴2~3粒播きしたが100%の発芽である。
キッチンペーパーの芽だし促進が効を奏した。
[ 2014/04/16 20:57 ] 家庭菜園 | TB(0) | CM(0)

トマトの定植

トマトの定植
第1花房の花が咲き始めたので
昨日定植した。
60本、呼び接ぎ、挿し接ぎ半々ぐらい。
ミニトマトイエロー、レッド各2本、ミニトマトは購入苗である。
定植して初めて分かったのだが、
呼び接ぎ苗の接ぎ木位置が低く
植えたとき、接いでいるところが地面すれすれになる。
土が被ると、穂木から根が出て接ぎ木の意味がなくなってしまう。
挿し接ぎ苗は位置が高く、その心配はなかった。
どうしてこうなったのか、思い出すと
どうやら、呼び接ぎの場合、お互いの接ぎ木部分の癒着する
面積が大きいほどいいのだが、軸が細いとあまり切り込みができず
どうしても軸が太い根に近い部分になってしまう。
呼び接ぎは成功率が高いのだが、養生管理をうまくすれば
挿し接ぎでも90%の成功だったので、作業が簡単な挿し接ぎの方が
いいように思う。

IMG_0915.jpg
[ 2014/04/16 20:35 ] トマト | TB(0) | CM(0)

無題

無題
今日は連れ合いの陶芸サークルの日、
連れ合いはペーパードライバーに近いのだが
この陶芸教室にだけは車で行くことができます。
本当は危なっかしいのですが心配しても仕方がありません。
できょうはその日なのですが、
わたしがトマトの定植を予定していて
車で苗を運ばなければなりません。
そのため陶芸教室まで送り迎えすることに。
9時過ぎに畑へ苗の一部と、ポリタンク3杯を運び
二見のコミセンへ。
連れ合いを送り、再び残りの苗を畑へ運び
トマトの定植をする。60本、午前中いっぱいかかってしまった。
U氏もトマトの苗を植えていた。接ぎ木苗が若干余ったので渡す。
午後、ナス、ピーマン、オクラ、スイカ、ミニトマトなどの
苗をホームセンターで物色する。
何か所か巡りいい苗があるところの目星をつけておく。
連れ合いから、迎えに来いとのメールが入ったので
再び二見へ、帰宅後目星を付けたところへ苗を買いに行く。
ナス4本、ピーマン4本、紅小玉スイカ2本、オクラ4本入りポット2個、
ミニトマトイエロー2本、レッド2本購入。
その後いつもの散歩、本日も健康で今日の業をなし終えました。

IMG_0913.jpg
いつも思うのですが、散歩コースに何か所か貸農園があります。
このように自分の守備範囲を竹とか網とかで柵をしているのを良く見かけます。
道路との境のところに柵をするのは盗難予防などわからないでもないのですが
隣の人との間に柵をするのは何なんでしょうね。
耕耘など作業もしにくいと思うのですが。
結構多いんですよ、このような柵。
家の塀と同じなんでしょうか。
でも塀は目的がはっきりしていますよね。

IMG_0914.jpg
亀池の堤から大久保駅前方面を望む。
本日も無事一日を終えることができました。
[ 2014/04/15 20:01 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

ブロッコリーの様子

ブロッコリーの様子
今年は初試みとしてブロッコリーの
断根挿し木苗を作った。
断根すると、生命の危機を感じ
水分、養分の吸収手段である根を
必死に再生し、結果根の数が多く丈夫な苗が育つそうです。
残酷な話ですが、やりました。

IMG_0398.jpg
断根した当時の画像です。

IMG_0909.jpg
1月8日に播種し、断根挿し木したブロッコリーです。

IMG_0910.jpg
第2段、1月18日播種し、これも断根挿し木苗です。

※いずれも畑へ定植時に灌水しただけで、1回も水やりしていません。
 やはり丈夫なのかも。

※全然関係ないですが明るく月が輝いていましたので。
CIMG0341.jpg
もう少し大きく撮りたいのですがどうしたらいいのか分かりません。
[ 2014/04/14 20:36 ] ブロッコリー | TB(0) | CM(0)

トウモロコシの定植

トウモロコシの定植
この間から過去の記事を検索しやすいように
テーマを細分し、野菜の品種ごとに記事を書くようにしています。
次はトウモロコシです。昨年と全く同日の13日に定植しました。
手前10本ほどがプロからいただいた苗です。
向こう側が自前の苗です。合計44本になります。
昨年は6月18日に初収穫しています。定植後66日目です。

IMG_0908.jpg
[ 2014/04/14 20:18 ] トウモロコシ | TB(0) | CM(0)

トマトの支柱立て

トマトの支柱立て
そろそろトマトの定植時期である。
苗の定植適期は第1花房の花が1~2個咲いている時が
理想である。と言うのはトマトは樹勢が強く
まだ花が咲いていない苗を植えると
葉や樹に養分が行き、花房に栄養が行かないためである。
また温度から言うと連休辺りが最適である。
ただし、トマトは夏野菜であるが比較的暑さに弱く
できるだけぎりぎりに早く定植し、夏の猛暑前に収穫を
終えるのが多収につながる。
それらの兼ね合いを見計らって定植をします。
昨日、取りあえず準備として支柱を立てました。
2条植えの40㎝間隔、計64本である。
支柱は内緒のところで伐採してきた竹で
4~5年持つのですが毎年数十本づつ更新伐採しています。
今年は正月明けに70本ぐらい伐採しました。
長さは2m、直径2~2.5㎝ぐらいが一番いいです。
それより太いと土に深く差し込みません。
それより細いと頼りないです。
枝を払い、先をナタで尖らせます。
また竹は冬に伐採するのがいいです。
それ以外の時期に伐採しますと長持ちしません。
取り合えず準備はできました。
明朝の気温が6度の予報で平年より低く
明後日以降は10℃以上になるので
明日、1番花が咲いている苗20本ほど
植える予定です。

IMG_0907.jpg
がっちりと立てています。台風が来ても大丈夫です。
[ 2014/04/14 20:03 ] トマト | TB(0) | CM(0)

楊柳寺の枝垂桜

楊柳寺の枝垂桜
連れ合いの実家の菩提寺、「楊柳寺」の塔頭「法持院」の
枝垂桜です。思わぬところに思わぬ美しい桜があります。

IMG_0901.jpg

IMG_0903.jpg

IMG_0905.jpg

IMG_0898.jpg
これは本日行った病院の芝桜です。

病院を抜け出し主のいない連れ合いの実家へ
よく義父とタケノコ掘りをしたところへダメもとで探索、
全然ありません。朝どりのタケノコをよくいただいたものです。
特に天ぷらがすきです。採ってすぐに湯がけば糠などはいりません。
管理上の都合から数年前に竹を全部伐採してしまったので、もう生えなくなりました。
谷奥くのせせらぎも探索、ここは野わさびの自生しているところで
よく採ったものです。全部採らずに来年のため残しておきます。
このわさび、よく洗ってサッと熱湯を掛けます。
つけてはいけません、かけるのです。
それから手で少し揉みます。こうすることによりわさび特有の
香りが一段と強くなります。食べごろの大きさに刻んで
醤油を少し入れて瓶詰します。熱いご飯に添えて食べても
ビールのつまみにも美味しいです。
が、全然ありません。別の場所と2か所あったのですが
どちらも全然ありません。自然に消えて行ったのか
それとも最近都会から、レジャーとして山奥に山菜取りに来る人が増え
ワラビやワサビなどよく採りに来るそうです。
ただ根こそぎ採っていくそうです。人が入ったような形跡があるところから
そうかもしれません。残念なことです。
で、帰りも病院により6時過ぎ帰宅。
[ 2014/04/12 21:54 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

トマト:呼び接ぎと挿し接ぎ苗の違い

トマトの呼び接ぎと挿し接ぎの違い
呼び接ぎ:台木、穂木とも根を生かしたまま
     軸の半分斜め切りしたところを合わせ
     癒着成功した時点で穂木の根を切断する方法
     両方の根を生かしているので湿度、温度管理は
     普通の苗と変わらず養生しやすいため成功率が高い。
     反面作業が大変である。
挿し接ぎ:台木の上部を切断、穂木の下部を切断し
     両者を接ぎ木パイプでつなぐ方法。
     穂木の根を切断してしまうため接ぎ木後の
     湿度、温度、明るさなどの養生が大変である。
     湿度がほぼ100%に保てる工夫と
     一定の温度が維持できるサーモスタットがいる。
     作業が簡単である。
両者とも50本づつぐらい作った。そのうち使えそうなのが
90本ぐらいである。9割の成功率である。初めてにしては上出来である。

IMG_0893.jpg
挿し接ぎは穂木の根を切断するため一旦成長が止まってしまいます。
苗の成長具合は呼び接ぎのほうが断然早いです。この画像では違いが良くわかりませんが
軸の太さも呼び接ぎのほうが太いです。
ただここが難しいところで、トマトの場合苗が大きくて太いから
いい苗とは限りません。つるボケと言って、葉や軸が太くて大きくて丈夫な場合
そこに栄養が取られて、肝心の実に栄養が行かない場合があります。
最終的にどれだけの収穫があったかです。さてどうなるか。

IMG_0895.jpg
台木Bバリアの種採取用として残しておいた種5粒のうち
4粒が発芽した。タキイ交配なので種を採取しても
同じような病気に抵抗性のある苗ができるとは限らないのですが
試にやってみます。

IMG_0894.jpg
マクワウリの接ぎ木がどうもうまくいかないので
ダメなら実生で育てるべく残り種を全部播種し発芽したところです。
[ 2014/04/12 21:20 ] トマト | TB(0) | CM(0)

庭ハウス内

庭ハウス内
庭ハウス、半透明のやや丈夫なプチプチで作ったハウスです。
昨年秋からネギ、春菊、小松菜、ホウレンソウに大活躍していただきました。
年明けの1月頃からトマトの育苗管理用として
ハウス内に小型温室を設置し、地中に電線を這わせて引き込み
保温管理に活躍しもらいました。
まだネギとホウレンソウは一部残っていますが
温室は撤去、そのあとにサニーレタス、苗採り用安納芋、落花生を植えています。

IMG_0897.jpg
園芸店で大きな安納芋が安く売っていたので4個購入。
食べるためではありません。これから苗を採取しようとする魂胆です。
最近サツマイモの苗も高くてバカになりません。
そこで自作の苗を作ろうということです。
伸びてきた蔓が苗に使えそうになった大きさで刈り取りますので
いっぺんに苗が揃いませんが、その都度植えていく予定です。
ケチケチ作戦です。たくさん芽がでてきています。
この安納芋、奄美大島や沖縄で作られていて
サツマイモの王様鳴門金時に劣らず美味しい芋です。
特に焼き芋は最高です。ただ苗の活着が悪く、定植時乾燥させないよう
コマメな灌水が欠かせません。

IMG_0896.jpg
落花生です。随分昔に実の成り具合の面白さから
子供が喜ぶだろうと植えたことがあります。
予定はなかったのですが、連れ合いが種を買ってしまったので
仕方なく植えてます。
[ 2014/04/12 20:35 ] 家庭菜園 | TB(0) | CM(0)

入園式

入園式
昨日まで覚えていたのであるが、
朝早くからゴソゴソしていて、すっかり忘れていた。
昼ごろに真新しい服を着て両親に連れられて
帰ってくる園児らしいのを見て思い出す。
今日4月11日は孫の入園式である。
もうすぐ4歳になる。随分成長し、イッチョマエのことを
言うようになった。かわいいものである。
今日、東京ごまたまごの菓子とともに
孫のメッセージが届いた。
欲目か親が添え書きしているとおりに見えてくる。

IMG_0881.jpg

IMG_0882.jpg
車が大好きで、トヨタ、日産、マツダ、ホンダほとんどの
車名が言える。BMW、ベンツ、プジョー、ワーゲン、ボルボ等なども得意。
メッセージも必ず車はつきもの。


≪本日の夕飯≫
肉系なしの精進料理のような生春まき。
左上は野ワサビの醤油づけ
IMG_0883.jpg
[ 2014/04/11 20:04 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

明石市立図書館

明石市立図書館
久しぶりに西明石駅から明石駅へ電車で行った。
退職以来である、毎日通ったルートだが
久しぶりだと変な感じである、色々なものが
見えてくるような感じである。貼ってあるポスターとか
店舗に展示してある品物とか、店員の顔とか
あっ、こんな人がいたのかとか、ただすたすたと
決まっている行き先を目指して歩くのと
時間に縛りのない、目的があるが勤務先へ行くような
決定的な縛りがない目的場所という余裕なのか?

IMG_0880.jpg
明石公園、平日なので人はまばらである。

IMG_0876.jpg
一番桜の木が多い剛の池畔、満開は過ぎたが、まだ美しい。

IMG_0878.jpg
図書館への途上、喜春橋。
明石城は別名、喜春城とも言われている。

IMG_0879.jpg
明石で二つある図書館の一つ、
左隣に県立図書館もある。
[ 2014/04/11 19:47 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

和尚

和尚
宍粟市山崎の食事処の名前です。
最近はあまり行っていないのですが
春山菜が出始めるころなので
久しぶりに行ってきました。
例により山崎のJA旬菜蔵により、一宮道の駅、
時間に余裕があれば波賀町の道の駅まで足を延ばすこともありますが
きょうは一宮まで、帰り日帰り温泉「ゆたりん」による。

IMG_0872.jpg
いつもは休日に行くのだが
今日は平日なので、平日限定のサービス定食を頂く。
カレイの煮付け、茶碗蒸し、刺身、から揚げ、貝柱の揚げ物、ミンチの揚げ物
などの盛り合わせ。値段の割にボリュームがあります。
コーヒーもついていました。

IMG_0873.jpg
山崎でゲットした食材の夕飯です。

※夕方畑のゴボウの水やり、U氏が来ていた。
 明日トウモロコシの苗が届くとか、少し頂くことに。
[ 2014/04/10 21:34 ] 温泉 | TB(0) | CM(0)

散歩

散歩
この頃時間に余裕ができたので毎日散歩している。
速足で1時間~2時間、5キロ~10キロぐらいである。
1時間コースと2時間コースがだいたい決まってきた。

IMG_0850.jpg
畑の写真を撮ったのち、松陰新田村方面の途中、
今は珍しい野つぼがありました。
今は多分水瓶として使っているのだろうと思いますが
本来の使用用途は、下肥溜です。
昔の便所はぼっとん便所で水洗ではありません。
ぼっとん便所に溜まった汚物をこの肥溜めに入れるのです。
必要な時に「肥えタンゴ」に入れ、2個天秤棒で担いで
野菜の肥料に木杓ですくってやっていたものです。
汚物は当時の農家にとっては貴重なもので
「ばりき」(牛や馬に曳かせる荷車)に「肥えタンゴ」をたくさん積み
遠いところまで家庭の便所の汚物を頂きに行ったものです。
私は行ったことはないのですが、親父が行っていたのを覚えています?、定かでありません。
とんだ話になってしまいました。
次ぎ、

IMG_0851.jpg
こいのぼりが上がっていました。もうそんな季節か。

IMG_0863.jpg
このあたり、小学高学年ころの遠方の遊び場であったところです。
圃場整備がされて若干変わっていますが、建物は当時のままです。
矢印の方向に歩いて、建物に沿って行き、
建物の端ぐらいで左に折れ、両側にお茶の木が植わっているところを通り
「はげやま」に行ってました。禿山にはいろいろ遊び場所があります。

IMG_0856.jpg
矢印のように建物の横を歩きます。
この建物、まったく当時のままです。石鹸工場でした。今は廃屋?

IMG_0857.jpg
矢印の方向に行くのですが
何か鬱蒼としているようです。竹がたくさん生えています。
当時は禿山と言うくらいで、低木がまばらに生えているぐらいで
子供が縦横無尽に走り回れるぐらい開けていました。
この辺りは随分変わっています。

IMG_0859.jpg
防空壕あとです。崩れてしまっていますが、多分ここです。
当時は奥行き10メートルはなかったかもしれませんが
かなり奥まで入ることができ、ゲジゲジなどの嫌な虫がたくさんいたものです。
子供には格好の探検場所です。
その他に魔の崖っぷちなどの遊び場所がありましたが、
鬱蒼と樹が茂っているため行く道がありません。
付近一帯は朝鮮半島出身者の墓が数か所ありました。
当時はなかったのですが、半島出身者が住んでいたのは覚えています。
遠い懐かしい場所を散策しました。

IMG_0853.jpg
陽気の誘われてカメも日光浴です。

IMG_0855.jpg
かの有名な昼なお暗い竹藪トンネルです。
女性の一人歩きはできません。

IMG_0866.jpg
林崎掘割に出ました。この付近は掘割の最終部分です。
つい10年ぐらい前までこの溝沿いに季節になるとたくさんの
蛍が見えたものです。
近くで圃場整備が行われ上流の水路も改修されて
あまり見かけなくなりました。

IMG_0868.jpg
林崎掘割かられんげいじ市民農園あたりをブラブラして
野々池に上がり、一周して帰るのがコースです。
今日は9日ですが、すでにトマトを露地植えしている人がいました。
ミニトマトのようなので大丈夫かも。
石灰が株元近くに被っていますね。

≪番外≫
本日の夕食、庭隅のニラと畑のキャベツのギョウザ
市販のギョウザより非常に簡単な淡泊なギョウザですが
焼き方がうまかったのか大変美味でした。
IMG_0870.jpg
久しぶりにほんまもんのビールをいただきました。
[ 2014/04/09 20:57 ] 健康 | TB(0) | CM(0)

不織布を防虫網に変える

防虫網のトンネル
保温のためブロッコリー、キャベツ、白菜、レタス、ワケギ
に掛けていた不織布を撤去、レタス、ワケギは
虫害が少ないのでそのまま、
ブロッコリー、キャベツ、白菜に防虫網のトンネルを掛ける。
できるだけ農薬を使わずに、害虫を物理的にシャットアウトする。
今のところ農薬は不使用である。
トンネルの裾に隙間ができないよう洗濯ばさみで留める。

IMG_0843.jpg
ブロッコリーである。このブロッコリー断根挿し木苗である。
どう違うのか今のところわからない。
病気に強く、丈夫な苗に育つということで
確かに丈夫な苗に育ったのですが、これから真価がでるのだろうか。
欲張って3列、計30本ぐらいである。

IMG_0842.jpg
白菜、キャベツも虫害に合いやすいので防虫網トンネル。

IMG_0849.jpg
レタス、ワケギは不織布を取ったまま全くの露地です。

IMG_0844.jpg
ついでに、スナップエンドウ、玉ねぎ、にんにくの様子です。
いずれも例年になく順調です。

IMG_0840.jpg
守備範囲の4畝です。一番右にトマトを植える予定です。
ソラマメも大きくなりました。1センチほどの実を付けているのを見つけ
実に養分を回すため、先端をカットする。

IMG_0846.jpg
サラダゴボウを昨日播種しました。
これは連れ合いの希望なので。
ただ普通のゴボウは土の深さが1m近くいるので
これは無理で、30㎝ほどのサラダゴボウに。

IMG_0845.jpg
ここにウリ科類を予定。
ズッキーニは予定になかったのですが娘が好きらしいので。
[ 2014/04/09 20:10 ] ブロッコリー | TB(0) | CM(0)
プロフィール

kコチン

Author:kコチン
定年退職後、園芸と木工の日々、1948年兵庫県生まれ、同在住。
約300㎡の借り畑地でのらりくらりと菜園、特にトマトの自家接ぎ木栽培に凝っています。その傍ら端材を利用して作る過程を楽しみながらあれこれ子供のおもちゃを作り、細々とネット販売しています。
ヤフオク、メルカリ、ミンネに出品しています。「手づくり 木のおもちゃ 機関車」「手づくり 木のおもちゃ ヘリコプター」「手づくり 竹細工 クワガタ」など検索してみて下さい。

カレンダー
03 | 2014/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
fc2カウンター