FC2ブログ

菜園ときどき木工(旧おまけ人生つれづれ日記)

約1年の中断後復活、主に菜園の様子と趣味の木工を綴ります。

下水道管の串刺し

下水道管の串刺し
先だってから下水道管の詰まりの原因を調査していたが
カメラの故障などハプニングが続きノビノビになっていた。
今日、定休日に合わせて検査した。
新しいカメラを買ったらしい。まだ新品のビニールを被っていた。
初使用である。胃カメラの様である。
写りましたコンクリートのガラのようなもの。
考えられません、ガラが下水管に入っているとは。
宅内配管工事の際、何らかの事情で入ったのだろう。
ずさんな工事である。
ただ取付管の詰まりなので市の費用で取の除くとのこと。
検査業者はここまで。下水道に連絡、早速午後に除去工事をすることになった。
道路の際を掘削。アスファルトをめくるが、その下にコンクリートのガラが
埋められており固い。通常の掘削機でするが遅々として進まないため
大型掘削機を持ってくる。
ガス管、水道管が通っているため慎重に掘削。
なかなか予想されている深さになってもガス管が出てこない。
最初にガス管が出てくるはずのところ下水管が見えてきた。
ガス管は何処へ行った。
さらに慎重に手掘りをしていくと、
な、何とガス管が下水管を串刺しにしているではないか。
何これ珍百景!!
担当者、長年この仕事しているが、こんなの初めて。
なぜこんなことが起こるのか。
実はガス管の敷設は道路を掘削せず、横に削っていくらしい。
シールド工法のようなもの。先に何があるのかわからない。
ただ普通は下水道管は塩ビ管であるため、粘質性で掘削機の先が当たっても
破断することなく滑って横にずれるらしい。
このように串刺しになるのは非常に珍しいとのこと。
日頃悪いことをせず、ほぼつつましく暮らしているのに
なぜ我が家の下水管に限って串刺しにするのか。
でもカメラにはガラが写っていたが。
この原因を取り除くため下水管を半分上を切断して調査。
やはりガラが出てきた。ガラだけではない。
ビニールの紐のようなもの、なども出てくる。
宅内工事のときに入ったものだ。考えられない。
原因が2重になっている。
ただ串刺しでなかったらジェット水流でガラは流れるのだが
串刺しがブロックしていたらしい。
大阪瓦斯の人も来ていて、恐縮しきり。
カメラを何枚も撮って飛んで帰った。
本来ガラを取り除いて本日中に終了の予定であったが
前代未聞のハプニングのため
取りあえず仮復旧、ガス管、下水管ともに付け替えることに。
費用負担はガス会社になるのではないかと憶測。
実は今回の事件、こんなに大事になるとは思わなかった。
むしろ大山鳴動ネズミ一匹だったらと心細かった。
やれやれである。近所には迷惑かけた。何しろ作業に12,3人は来ているし、
トラックは3台、ショベルカーが2台、
掘削機は轟音をとどろかすし、前は駐車場で車は出入りするし
自転車、歩行者が来るたびに狭い道なので
大きな機械は作業を中断して道を開けなければならないし、
顔は知っているが普段話したこともない人に
すみません、すみませんと大変であった。
で、本格的な工事はこれからになってしまいました。

作業風景
CIMG6960.jpg

CIMG6958.jpg

ガス管が下水管を串刺し
黄色い管がガス管
CIMG6957.jpg

下水管の上半分を切断
真ん中の塊がガラの一つ
CIMG6961.jpg

ビニール紐のようなものも
水がたまっているのはガス管が塞いでいるため
CIMG6962.jpg

とんだ一日でした。




スポンサーサイト



[ 2013/05/29 19:13 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

畑仕事

畑仕事
この時期春、夏野菜の収穫と植え付けに忙しい時期である。
今日も畑仕事。早朝5時、前日夕方に採って畑に寝かしていた
玉ねぎの搬出。吊るして乾燥できるように葉、根をカットする。
今年は中晩成の品種で長期保存がきく。
大きくなく、小さくなく家庭消費用としては上出来のものができた。
あとを粒状消石灰を散布、耕耘する。
ブロッコリーも最盛期で20個ほど収穫。
春ブロッコリーは成長が早く、また賞味期限も2,3日で
すぐ黄色くなってしまう。
二人の娘、近所などにあげまくっているが
どうも虫がいるらしい。モンシロチョウの幼虫である。
いわゆる「青虫」。予防は1回もしていないので仕方がない。
まあ、茹でた青虫を喰っても死ぬことはない。高タンパク質が摂取できるかも。
7時ごろ帰宅、朝食後自治会の一斉溝掃除。
自治会環境活動終了後、連れ合いのコミセン役員会の運転手。
1時間ほどホームセンター、スーパーをブラブラ。
昼弁当を買って帰る。
弁当を食べながら「NHKのど自慢」、このブログを書いている。
夕方ごろ育苗していた「網干メロン」の定植予定。
この網干メロン、薄緑色のメロンで、多分マクワウリの類だと思うが
とろけるようにうまい。普通のマクワウリよりもやや小ぶりだが
地元品種なので気候に合っているのか育てやすいらしい。
色が緑色なので目立たないのかカラスに先食いされることもないらしい。
挑戦してみます。
[ 2013/05/26 12:59 ] タマネギ | TB(0) | CM(0)

じゃがいもの収穫

ジャガイモの収穫
本日も忙しかった。休日のほうが忙しい。
前日飲み会があったにもかかわらず
早朝5時前に畑へ。
この時期、4時半ごろから薄明るくなってくる。
8時まで畑仕事。
ジャガイモ、ニンニク、ブロッコリーの収穫。
ジャガイモ跡を施肥、耕耘。
トマトの捻枝作業。
きゅうりの水やり。
朝食後、再度トマトの捻枝作業。
※「捻枝作業」を詳しく。
  今年初めてで実験的にやっている。
  普通大玉トマトは花房を5段くらいで止める。
  1段に3,4個 うまくいけば4,5個採れる。
  つまり、1本の木に15~20個採れるわけである。
  捻枝は文字通り枝を捻じるのである。
  主幹を第2花房で止め、枝元をプライヤーで軽く潰す。
  枝を捻じって水平まで曲げる。
  実が大きくなると折れるので、枝先を隣の株の支柱に紐で繋ぎ止める。
  花房の下の葉から出ている枝を主幹にし大きくする。
  新しい主幹も花房を2つで止める。
  トマトは花房のすぐ下の葉から延びる枝は必ず
  丈夫な枝が出るので、2つの花房づつ止めて主幹を変えていくことにより
  10花房ほど育てることができる。
  ただこの方法は肥料がたくさんいるので
  3回ほど追肥し、成長盛んなころにはカリ肥料を別に追肥する必要がある。
  計算では倍収穫できることになる。

12時半ごろまで作業。思ったより捻枝作業は手間がかかる。
昼食後、これもまた実験用なのだが、
来年のトマトの苗を接ぎ木にしようと思っている。
その接ぎ木実験用のトマトを育苗しており、
セルからポット揚げ作業を行う。
台木が必要なのだが実験なので同じ品種でやってみようと思う。
畑も6年目なのでそろそろ実生では連作障害が出始めるころで
どうしても接ぎ木でないとダメになると思う。そのための実験です。
大きなビニールハウスがあれば簡単なのだが。
3時半ごろポット揚げ作業完了。
再び畑で捻枝作業、3段目の花房のトーン噴霧も行う。
5時ごろ作業終了。捻枝もすべて完了。
ただこの捻枝作業、あと4回しなければならない。
※作業中、折れてしまった枝が数本あったが、皮だけでも
萎れていない、大丈夫のようだ。
作業していて気が付いたが、捻枝は早朝にするよりも
日中、夕方にするほうが幹の水分がすくなくて
折れなく、うまく捻じれる。

で本日も終了、美味しくビールをいただきました。
※実は今日は入院している義母のところへ行く予定であったが
連れ合いがどうも調子が悪くしんどいらしい。
でこんな一日に。二人の娘に野菜を送っていた。
近所、知り合いにもジャガイモ、ブロッコリー、玉ねぎを
おすそ分け。
[ 2013/05/25 19:20 ] ジャガイモ | TB(0) | CM(0)

「関空旅博」、「加古川みとろ荘」、畑仕事

関空旅博等
18日土曜日予定がなかったので
「関空旅博」へ行ってきた。
毎年この時期に開催している。
JR関西1デイ切符が割安なので利用する。
帰り大阪城公園で「タイフェスティバル」による。
タイマンゴーがお買い得であった。
関空旅博

展望台から
CIMG6938.jpg

CIMG6939.jpg

CIMG6944.jpg

CIMG6946.jpg

19日は「加古川みとろ荘」へ。
よく行く日帰り温泉である。
途中JA兵庫南の「ふぁ~みん八幡」に寄り
帰り稲美町資材館に寄るのが恒例である。

本日22日水曜日は定休日である。
きょうは忙しかった。
早朝5時に畑へ。
キャベツ等、ブロッコリー第1弾収穫後の後片付け
耕耘、施肥、マルチ張りをする。そのあと谷の草取り。
朝食後、銀行回り、聞こえはいいが記帳と
残金わずかの塩漬け口座の解約。
ホームセンターで有機たい肥「ぼかし」作成グッズ購入。
(骨粉、油粕、米ぬか、乾燥鶏糞、もみ殻燻炭、発酵促進剤、ぼかし菌)
さらに、安納芋の活着がよくないので、鳴門金時を10本買う。

帰宅後、2か月に1回の医者へ。
ヘモグロビンA1c6.8前回採血の数値である。
良くはない。不摂生したので思ったよりはよい。
6.5以下ぐらいにしないと。

昼食後、連れ合いはヨガ。
再度畑へ。遅れていたきゅうりの定植、20本。
鳴門金時の切れ植え。
とまとの第2花房にトーン。
前日U氏、K氏が畔草を刈ってくれていたが
まだ残っていたので刈る。
畑横の溝掃除。
畑道具箱のチェーン鍵が壊れたので
ホームセンターで購入。午後5時頃終了。
今年1番の暑さである。30℃超えていたのではないか。
途中めまいがした。水分補給はしていたが、何せ暑かった。
下着までびちょびちょである。
帰宅後、びちょびちょついでに、庭畑のエンドウを片付ける。
そのあとへ、ゴーヤ3本、網干メロン2株植える。
で本日終了。ビールが美味かった。

[ 2013/05/22 18:57 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

玉ねぎ、ブロッコリー、キャベツの収穫

玉ねぎ、ブロッコリー、キャベツの収穫
玉ねぎは初収穫である。
晩生のためまだ早いのであるが
家で食べるのであれば十分である。
30個ほど収穫。
ブロッコリーも最初のものがほぼ全部
収穫適期となったため全部収穫。
10個ほどあった。
二人の娘に送ったほか
あちこちに配っていた。
本日、トマトトーンを掛ける。
トウモロコシはアワノメイガに必ずやられるので
トレボンを噴霧。
玉ねぎもそこそこいいものができている。
午前中から午後にかけて
庭の木の剪定。
びっくりグミは全部伐採、プルーンも
3分の2を切り取った。見通しが随分良くなった。
塀から侵入されやすくもなったが。
スーパーで調達した段ボールに
剪定した枝木を詰める。
今日は特に暖かく
シャツ1枚でも汗だくである。

画像は都市ガスに切り替えたのをきっかけに買った
都市ガス対応ファンヒーター。
本日3台目が届いた。
CIMG6935.jpg
[ 2013/05/15 20:33 ] タマネギ | TB(0) | CM(0)

日帰り温泉

日帰り温泉
今日はいい天気。
庭の木も大分伸びてきたし、草も生えている。
が、家でごそごそするのももったいないような天気なので
山崎近辺へ新緑を見に行くことにした。
以前は山崎と言えば「伊沢温泉」、「よい温泉」、「フォレストステーション波賀・メイプルプラザ」
のどれかに行っていたが、最近は新しくオープンした「林田温泉ゆたりん」にもっぱら行っている。
よく寄るJAの直売所「旬菜蔵」の手前、あまりにきれいだったのでシャッターを押す。
CIMG6930.jpg

ここで弁当を買って福知渓谷へ。
数年前の豪雨で福知渓谷は大変な災害を受け
長く通行止めになっていた。
以前、渓谷にある湧水「文殊の水」をよく汲みに来たものである。
途中作家、田辺聖子の別荘があったが、一部を残し無くなっていた。
まだ所々山崩れの爪痕が残っており、工事もところどころ施工されている。
渓谷の道路わきに車を止めて弁当を食べる。
暖かかったが、そんなに暑くなく、寒くなく新緑がまばゆいいい季節である。
水汲み場が災害の影響で道を隔てた反対側に変わっていた。
途中時々よる豆腐店による。
数日前、よくトマトを頂く連れ合いの陶芸仲間のAさんから
ここで買った生湯葉をいただき、美味しかったので寄ってみた。
この豆腐店、店で豆腐関連の食事もできます。
早速湯葉をいただきました。美味しかったです。
結構値段はしますが。
醤油をかけ、わさびを付けていただきます。
ただこれだけですが、贅沢ですよ。
CIMG6932.jpg
[ 2013/05/12 19:34 ] 温泉 | TB(0) | CM(0)

キャベツ、ブロッコリーの収穫

キャベツ、ブロッコリーの収穫
昨夕から降ったり止んだりの天気である。
長く雨が降っていないのでいい雨だ。
丁度水曜日にコンパニオンプランツとしてバジルを
併植したところだからありがたい。
朝方降っていない合間を見て
キャベツ、ブロッコリーを収穫した。
収穫しているとトマトがかなり成長していて
2段目の結びを行った。
ちらほらと第1花房の花が咲き始めている。

連れ合いの姉からTELがあり、
義母が再度入院したそうだ。
胸に水がたまっているらしい。
入退院の繰り返しである。
実家へ寄り義父と一緒に
昼の外食。西脇の梅吉亭。
以前にも入ったことがある。
ちょっと変わった店で
日替わりシェフの店、だそうだ。
書いてあるのを読んでみると
1日4000円で店を借り
作っている人が変わるらしい。
日替わりで変わっているのかどうか
わからないが珍しい。隣が黒田官兵衛の生誕地でもある。
前回はまあまあだったが、今回は美味かった。
@800円、義父は珍しく完食。
また、偶然に店の中で小学校の同級の女の子?
に出会う。いきなり「○○ちゃん、ちゃうのん?」
と言われびっくり。2年に1回の同窓会で出会っているので
すぐわかった。HさんとTさんである。
店が満員でしばらく外で待っていたが、
店の人に呼ばれて入ると何と食事を済ませ席を開けてくれていた。
申し訳ないことをしたようだ。
食事を済ませ、病院へ。
顔色は良く、元気そうであった。
ただ足の腫れがまだとれていない。
一進一退だ。
義父が弟の逮夜が4時にあるので1時間半ほどで病院を出る。
義父を実家まで送り5時半ごろ帰宅。

ブロッコリー、キャベツ、スナップエンドウ、白菜
連れ合いの姉、妹へ。(画像は一部)
CIMG6929.jpg
[ 2013/05/11 19:15 ] キャベツ | TB(0) | CM(0)

都市ガスへの切り替え

都市ガスへの切り替え
今までプロパンであった。近所はとっくの昔に都市ガスである。
実はこの近辺長い間都市ガスの本管が敷設されてなく遅れていた。
やっと本管が敷設された十数年前、一斉に近所は切り替えをしたのであるが
ちょうど親父が死んだ時期と重なり、いつでもできると考えてその時はパスした。
ずるずると今になっている。
プロパンの料金の高さに耐えきれず切り替えに踏み切った。
今日、配管工事を済ませ今晩から風呂は都市ガスである。
各部屋の差込口も付け、ストーブも値引きと巧みな言葉と作業した
若い4人がいずれもイケメンであったことなどから3台も買ってしまった。
と、報告を受けた。
[ 2013/05/09 19:23 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

タイヤ交換

タイヤ交換
昨年8月の車検時、タイヤがやばい。ぎりぎり車検はとおりますが
1年ぐらいで交換してくださいと言われていた。
取りあえず前輪がよく減っているので前後を変えて済ませていた。
ディーラーで交換すると結構高くつく。
3か所見積もりを取って、一番安かったところで
さらに2000円引いてもらって4本で工賃込みで46000円。
ダンロップ 185/65R15
高いのか、安いのかわからない。
ネットで調べてみると同じものが1本7000円前後であるのだが。
ネットで買うと送料がいるし、タイヤだけ買って交換してくれと
持って行っても果たして応じてくれるものかどうかわからない。
取り合えず新しいタイヤになった。何となく地面に密着した
走り具合である。これでどこへでも行ける。
[ 2013/05/08 21:09 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

5月上旬の気温

5月上旬の気温
5月に入って当地では最低気温、一桁が1,2,3,4,5日と五日連続
続いた。昨年の手帳を見ると9日にトマトトーンを掛け、2段目を結んでいる。
同じような日程で育苗し定植してきたが、まだ第一花房らしきものが
でてきたところで花は一つも咲いていない。
調べてみると5月に入ると一桁の最低気温は珍しい。
まして5日連続などそんなにない。
23年前の1991年に2,3,4,5,6日と連続1桁であった。
5月から6月にかけて野菜類が高いのではないか。
それでも今日あたりから平年並みの暖かさに戻るという。
本日も早朝、畑仕事。
ウリの不織布をとり、他の野菜ともに灌水。
午後、コンパニオンプランツ、バジルを
トマト、トウモロコシの一部、ナス、ピーマン、オクラの
株元に併植する。
いずれも気温が平年並みに戻るのと、
週末の雨予報を見込んでの作業である。
これで車庫、ベランダにたくさんあった苗が
徐々に減り、現在きゅうり、網干メロンと
数日前播種したポンテローザ(とまと)だけとなり
すっきりした。
[ 2013/05/08 20:19 ] 家庭菜園 | TB(0) | CM(0)

早朝の畑仕事

早朝の畑仕事
随分と日が長くなった。
5時ごろになるとすっかり明るい。
1日が長いと何だか得したような気分になる。
朝早く目が覚めるのでこの時期朝食前に一仕事できる。
今日は水やりである。
トマト等定植時の灌水後、まったく水をやっていない。
1週間ほど雨も降りそうでないので水やりをした。
田植え時期にならないと水路に水が通らないため
近くのため池で18リットルポリ容器で汲んでくるのだが
カブでないと行けないところなので1つしか運べない。
5回往復しやっと風呂桶に半分弱ぐらいである。
トマト、トウモロコシ、インゲン、ナス、ピーマン、シシトウ
オクラ、安納芋、ブロッコリー(小)に灌水。
安納芋はどうも根付きが悪い。
もうしばらく様子を見てダメな場合、撤去か補充か考えなければならない。
その他は順調である。

現在の畑の様子
奥から4畝が守備範囲だが
左の一番奥がトマト、トマトの向こうは水桶。右隣の青々しているのがジャガイモ
ジャガイモの向こうにキャベツ、レタス、白菜がある。
白菜の向こうはブロッコリー、その向こうがニンニク、ミョウガである。
CIMG6925.jpg

ジャガイモの右隣が、やや哀れな安納芋。
安納芋の向こう、不織布トンネルの中はウリ。
ウリの向こうは玉ねぎ。
哀れな安納芋の右がトウモロコシ。
トウモロコシの向こうは順に、ナス、ピーマン、オクラ、インゲン。
CIMG6924.jpg

反対側北から見た画像。
右の青いビニールを被せているのは水桶の南側に置いてある鶏糞堆肥である。
その向こうは反対側から見たトマト。
ビニールシートの横がミョウガ、沢山葉芽が出てきている。
ミョウガは半日陰を好むため黒い寒冷紗の日除けをしていたのだが
風で壊れてしまった。
ミョウガの向こうがニンニク。
CIMG6926.jpg

ミョウガの左隣が玉ねぎである。
その隣がインゲン。いづれも反対側から見たもの。
CIMG6927.jpg
[ 2013/05/06 07:53 ] トマト | TB(0) | CM(0)

レタス、白菜の収穫

レタス、白菜の収穫
2月20日頃に苗を購入定植した
レタスと白菜が成育が良く数日前から収穫している。
同じ日に定植したキャベツがまだ数日かかりそう。
虫害もなく来年は苗を作りもう少し量を増やそう。
収穫したものは庭の酸っぱい甘夏とともに
二人の娘家族に送る。
帰省していて先ほど帰った孫が
お気に入りのおもちゃカメラを忘れていて
「カメラがない」といっているそうで一緒に送る。

孫お気に入りの「おもちゃデジタルカメラ」
CIMG6923.jpg
[ 2013/05/05 15:54 ] レタス | TB(0) | CM(0)

富士山

富士山
連れ合いが生まれてこの方、雪を戴いた富士山を見たことがないというので
連休の合間に行ってきた。
1日朝5時出発。合間とは言え連休まっただ中、渋滞を心配したが
皆さんまだ朝寝の時間に阪神間を抜け、順調に10時ごろには富士山近くまで来ました。
本栖湖近くに芝桜のきれいなところがあり
駐車料金500円まで払ったのだが
結構歩く距離が長く、連れ合いの足を心配し見学断念。
道の駅などを寄り道しながら河口湖へ。
あらかじめ調べておいた「ほうとう」で有名な小作へ。
一昔前の団体客を収容する超大広間。
場所はいまいちだが
ほうとうは結構ボリュウムがあり
食べごたへがあった。完食できなかった。
「小作のほうとう」
CIMG6885.jpg

レンタサイクルで河口湖を1周すればいいのだができない。
富士山もこの日は機嫌が悪く裾野だけが見えて頂上付近は見えない。
車で途中下車しながら一周、早め3時ごろに宿に入る。
この宿は河口湖対岸に富士を見る絶好の場所に位置している。
あらかじめ場所を決め、それから宿を探した。
部屋も最高の場所である。残念ながら翌日を期待して
今日は夕食まで風呂に入ったり、ぶらぶら。
さて翌日
CIMG6896.jpg
私は日頃の精進がいいのでこの結果である。
部屋の窓から

チェックアウトぎりぎりまで宿でブラブラ。
この日は午前中富士山の機嫌は良かった。
河口湖の絶好ポイントを求めて車でウロウロ。
何十枚も撮った。

昼食、これも富士吉田市と言えば「うどん」。
店は山ほどある。
平日なので富士吉田市役所へ。
案内嬢に
「富士吉田と言えばうどんですよね。うどんマップのようなものありませんか」
「ありますよ。そこにあるのがそれです。」
「高校生が独自で作ったものもありますよ。これです。」
何と期待してなかったがあるではないか。
「お勧めはどこですか。」
「特定のところは言いにくいですね。」
「なるほど立場上そうでしょうね。でも兵庫県から来たんですよ。
ここが一番を食べたい。」
「それではこそっと、私が行くならというところをお教えします。」
「麺許皆伝という店です」
場所を丁寧に教えていただき直行。
迷ったが到着。既に駐車場満杯、路上駐車数台。
で路上駐車。列ができている。
15分ほど待ったか。その間、連れ合いがペラペラ。
情報収集。メニューは「欲張りうどん」に決定。
こういった店、いろいろしきたりがあって
それも連れ合いが情報収集。
まず店に入ったら決済板のようなものに鉛筆と紙があるから
何が喰いたいか品名と数を書いて店の人に渡すこと。
合い席、場所など文句を言わないこと。
などのしきたりを守り喰った。
欲張りとは、ちくわの天ぷら、揚げ、キャベツ、ネギ、
わかめ、馬肉の細切れが入っていて、具を欲張っているから。
こちらでは肉うどんの肉と言えば馬肉だそうだ。
まあ、うまかった。味がやはり関西と違う。
CIMG6912.jpg

昼食後、山中湖へ直行。
直行といってもすぐそこだが。
山中湖をブラブラ周遊、3時ごろ宿に入る。
何かちょっと変わった宿。
CIMG6917.jpg

宿の夕食
CIMG6916.jpg

山中湖は東京大学とか慶応大学など関東の大学の研修寮
のような施設が結構たくさんあった。
また銀行や企業の保養施設などもあり
観光地というよりも保養所といった感じである。
一方河口湖は結構大きなホテルなどがあり観光地である。

この宿もゆっくり目にチェックアウトし、
富士山5合目までドライブ。
有料道路は避けて、須走口からの道路を行く。
雲がかかってさっぱりでした。
CIMG6914.jpg

帰路、東名にするか、中央道にするかぎりぎりまで迷った。
中央道は中野原から40キロの渋滞。
東名は豊川の名古屋辺りで20,30キロの渋滞が予想されている。
東名は何度も通っているので中央道にしたいが
直接北へ上がれば渋滞に巻き込まれる。
で、地道を甲府近くまで行くことにした。
結果、
正解であった。渋滞に巻き込まれることなく無事帰ることができた。
中央道途中、南アルプス駒ヶ岳
CIMG6921.jpg




[ 2013/05/04 18:08 ] 小旅行 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

kコチン

Author:kコチン
定年退職後、園芸と木工の日々、1948年兵庫県生まれ、同在住。
約300㎡の借り畑地でのらりくらりと菜園、特にトマトの自家接ぎ木栽培に凝っています。その傍ら端材を利用して作る過程を楽しみながらあれこれ子供のおもちゃを作り、細々とネット販売しています。
ヤフオク、メルカリ、ミンネに出品しています。「手づくり 木のおもちゃ 機関車」「手づくり 木のおもちゃ ヘリコプター」「手づくり 竹細工 クワガタ」など検索してみて下さい。

カレンダー
04 | 2013/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
fc2カウンター