FC2ブログ

菜園ときどき木工(旧おまけ人生つれづれ日記)

約1年の中断後復活、主に菜園の様子と趣味の木工を綴ります。

会うたびに成長している孫

会うたびに成長している孫
しばらく書いていなかったがサボっていたわけではない。
書く間がなかった。
22日(木)22時30分頃娘夫婦と孫が来る。
昼12時ごろ千葉を出ているので10時間半かかって到着したことになる。
東名、名神と620㎞はドライブが好きなものにとっては楽しい旅である。
でも到着するまでは心配であった。
居眠り運転が心配で、過去に居眠り運転で自損事故を起こした
経験があり余計に心配である。
とりあえず無事到着して一安心であった。
かわいい孫は2歳3カ月である。
プリウスに乗っているもので「プリウスのじいちゃん」
セットで覚えてもらっている。
プリウスを見るたびに「プーウシュ じーちゃん」ということになる。
ところで孫、車が大好きで
家にもここにもやたらミニカーがある。
車名もよく覚えていて
プーウシュ(プリウス)、ファイウ(CX-5)、フイード(FREED)
マーチ、アウファ(プリウスα)、ボウボー(VOLVO)、ベントゥー(ベンツ)
レクシャシュ(レクサス)、アクアー(アクア)、バシュ(バス)
パッティンティン(なぜか宅急便の車)、ブードーダー(工事車両全部)
ダブルー(BMW)、プジョー、ショーボーシャ(消防車)、パトカー、キューキューシャ
(救急車)
などはほぼ的確に言い当てる。同乗していると結構うるさい。
買っておいたパジェロの乗り物が結構気に入った模様。
24日の土曜日は前日から帰っていた下の
娘と一緒に連れ合いの実家へ。
義父母は94歳、88歳の高齢で元気であるが
義母が膝が痛いらしく長く歩くのが辛いみたいである。
娘たちは久しぶりなので近くに住む連れ合いの妹Mさん
が忙しいところくる。
娘たちが小さいころよく遊んだ毘沙門さんにお参りに行く。
結婚してから40年近くなるが、毘沙門さんは昔のまま変わらない。
いたるところ思い出多い場所である。
25日は朝早くから小豆島へ。
7:15の姫路港出港のフェリーだから6時前には家を出た。
姫路港は朝早く家島へ釣りに行くのによく行ったところだ。
フェリーは久しぶりである。
昔のイメージであったが、今は船内は随分快適である。
孫は初めての船で、行きかう船を見つけると「ふねー」といって
興奮気味。1時間半の楽しい船旅であった。
寒霞渓の紅葉は今が絶好調でロープーウェイからの眺めは
最高であった。
オリーブ園、二十四の瞳の映画村など楽しい一日であった。
ところが孫、環境の激変といろいろ気を使ったのか
微熱でやや元気なし。心配したが
翌26日朝元気に起きてきた。やれやれである。
明日また長距離を帰らなければならないので
今日1日はゆっくり過ごすことにしたようだ。
昼は近くの丸亀うどんで昼食。
27日私は仕事、娘夫婦と孫は10時過ぎに帰った。
平凡な日常に戻りました。
孫がまだそこにいる余韻を楽しんでいるところです。
紅葉の美しい毘沙門堂です。
CIMG6417.jpg

ロープーウェイからの寒霞渓
CIMG6441.jpg




スポンサーサイト



[ 2012/11/28 17:33 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

ふなまち

ふなまち
?「ふなまち」とは何ぞや。
知る人ぞ知る、かの有名な「たまご焼き」の店の名前である。
「明石焼き」というのが一般的かもしれませんが
明石人は「たまご焼き」という。
たこ焼きの少し大きめで、たこ焼きよりもふんわりと
柔らかく、焼き立てをだし汁につけていただく。
たこ焼きと同じく中にはたこが入っている。
最近はソースをつけたり、マヨネーズをつけたりして
食べている若い人もいるが、邪道である。
「何とか家」という老舗があり、休日ともなると
行列ができているが、やや値段が高い。
「ふなまち」は安くて味は老舗に劣らない。
むしろ私は「ふなまち」のほうが好きである。
結構マスコミでも取り上げられたり、有名な芸能人も
訪れている。(ただし、失礼ながら狭くてきれいなところではない)
一皿20個で500円、満腹になる。
今日はお母さんと娘さんらしい人が向かいに座った。
話を聞くと娘さんは嫁いで近辺にお住まいらしいが、お母さんは
長野県から来られたとか。有名だとかで娘に連れられてきたとのこと。
「どうするの、どうするの」と娘に聞きながら
食べておられた。とてもおいしいとおっしゃって
甘ダレ、辛ダレ、だし汁などいろいろ試されていた。
帰り、畑に寄って、ニンジン、白菜、大根、カブラを収穫。
ニンジンは大量に収穫し、ヨガに持って行った。
カメラを忘れ、残念ながら画像なし。
[ 2012/11/21 19:15 ] グルメ | TB(0) | CM(0)

収穫祭

収穫祭
昨日行く予定であったが1日中雨だったので
読書日とした。大阪新歌舞伎座の杉良太郎の
「樅の木は残った」の切符が思わず手に入ることとなったので
山本周五郎の本をネットで購入2冊目の初めまで読んだ。
NHKの大河ドラマで加藤剛(平幹二郎の誤りでした)が原田甲斐の役で放映されていたので
おぼろげながらあらすじは覚えていたのだが、
観劇するにあたって前知識があったほうがいいので読んでいる。
で、今日は紅葉を見がてら温泉に行くことにした。
紅葉は赤西渓谷、温泉は波賀東山温泉の予定であったが
赤西渓谷は近くまで行ったが帰りの客に聞くと
遅いということであったので引き返し
引原ダムの紅葉を見に行く。
途中いつもの宍粟のJA旬菜蔵による。
ちょうど収穫祭をやっていた。そういえばいつもこの時期
収穫祭をやっている。
依然と比べて結構規模が大きくなって
ここで時間を潰し、結局温泉には行けなかった。

宍粟の旬菜蔵の収穫祭
リンゴ1箱、大きい剪定鋏、梨、ハボタンその他もろもろを買う。
この後、JAの事務所でモミガラがないか聞くと
わざわざライスセンターに連絡してくれて
少しあるということだったので2キロ上のライスセンターへ行く。
30キロ米袋に5杯頂く。お金を払おうとすると要らないといって
受け取らない。比較的新しい米袋まで用意していただいて
ラッキーであった。玉ねぎを植えたところに敷く予定である。
CIMG6369.jpg

CIMG6370.jpg

旬菜蔵の少し上の「和尚」で昼食
向こうが連れ合いの「カキフライ定食」
手前が私の「大エビフライと串カツ定植」
CIMG6373.jpg

引原ダムへ行く途中の「道の駅波賀」
羽賀はリンゴの産地である。
CIMG6378.jpg

引原ダムの紅葉
画像の右手がダム。
ダムの堤防の上から撮っている。
CIMG6376.jpg

[ 2012/11/18 18:01 ] 温泉 | TB(0) | CM(0)

手づくり育苗器  発泡スチロール育苗器

育苗器
そろそろ来年のトマト、ナス、ピーマンなど春、夏野菜の
品種、種の注文等作付計画の準備をする時期である。
この時期になると各種苗会社からパンフレットが届く。
4月上旬にブロッコリー、中旬にトウモロコシ、トマトなどの定植をするため、
苗の準備をしなければならない。
ブロッコリー、トウモロコシは菜園を始めたころは
専業農家から苗を頂いていたのであるが、
3年ほど前から育苗に挑戦している。試行錯誤しながら
何とか自前の苗で野菜作りをしている。
ブロッコリー、トウモロコシ、トマト、きゅうり、ナス、
オクラ、かぼちゃ、ピーマンなどの苗を作ってきた。
トマト、ピーマン、ナスは立春ごろに播種、やや遅れてきゅうり
かぼちゃ、2月下旬から3月上旬にブロッコリー、3月中旬に
トウモロコシの播種である。
当然この時期の育苗だから保温が必要である。
普通農家ではビニールハウスの中でさらにビニールトンネルを作り
育苗しているが、そういった大掛かりなことはできないし、
150㎡の菜園だからそんなに多くはいらない。
でも苗を買うには少々金がかかる。
今回は比較的多く作付するトマト、ブロッコリー、トウモロコシ
だけ育苗しようと考えている。
全部作れるのだが、数が少なく大変なので買うことにする。
で、その育苗の方法であるが市販の育苗器があるが20,000円前後し
使用している128穴のセルトレーは大きくて使えない。
4,5台ぐらいは要りそうでダメ。
で自作の育苗器となった。

小型マグロ用の発泡スチロール
サケかもしれない。
1個の底を抜き2つ重ねにしてテープでつないでいる。
※発泡スチロールは地方卸売市場で調達。
CIMG6355.jpg

こんな感じである。
幅39センチ、長さ78センチ
セルトレーの幅が30センチ、長さ58センチだから
電球の大きさからちょうどいい大きさである。
この程度の大きさなら電球は20Wか10Wでよい。
私は20Wを使用している。真冬で34,5℃ぐらいになる。
電球ソケットを固定するため箱の内外を板で挟んでいる。
ソケットの位置に注意がいる。あまり底に近いと近くのところが
熱くなりすぎ、あまり上にすると蓋が焼ける危険がある。
ちなみに安全のため蓋の電球の真上のあたりに板を取り付けている。
CIMG6352.jpg


育苗器の中、電球をつけたところ
CIMG6351.jpg

種まき用土はいろいろあるが
農家のアドバイスから肥料分の少ないヤンマー培土を使用している。
培土は封を切るとどうしても乾燥するので
セルに入れるときはバケツに入れ水を加えて少し湿らせてからのほうがいい。
乾燥したままだと灌水のとき表面が水をはじいて土がなじんでくれない。
播種後は湿らせた新聞を被せておく。
夜間は電球をつけっぱなしでも34,5℃であるが
昼間は天気が良ければ40℃近くなるので電気を切ったほうがいい場合もある。
80%ぐらい出芽したら育苗器から出す。あまり長く育苗器に入れて
おくと、ヒョロヒョロと徒長してしまう。
あとは衣装ケースで管理する。衣装ケースはリサイクルのを利用。
CIMG6356.jpg

CIMG6357.jpg

衣装ケースは透明なのがいい。
発芽には25℃以上の温度が必要であるが
いったん発芽すると5℃ぐらいまでは耐えられるので
昼間が屋外に出す。蓋をしたままだと40℃近くなるので蓋を調節して
35℃以上にならないようにする。
夜間は屋内に入れ、できれば透明のゴミ袋(150ℓ)を被せておく。
これならよっぽどのことがない限り5℃以下にはならない。
曇った寒い日は屋外でもゴミ袋を被せておく。
こうすれば成長は遅々としているが丈夫な苗ができる。
CIMG6358.jpg

苗が大きくなり、根がセルに十分回って植え替え時に土が崩れにくくなったら
ポットに植え替える。ただし、ブロッコリーとトウモロコシはセルトレーのまま
育苗して定植する。それ以外はポットに植え替えしたほうが良い。
ポット用の土は種まき培土はもったいないので
市販の野菜用の土に少し混ぜて使用すればよい。
ポット苗も衣装ケースで管理する。

ポットに植え替えるとセルの大きさでなくてもいいので
衣装ケースは3段、4段のものが管理しやすい。
CIMG6359.jpg

育苗器をこのような小さめの発泡スチロールにしてもいい。
この場合セルトレーを小さく切ればいい。
ただし、電球は10Wにしたほうがいい。
CIMG6361.jpg

この育苗器を2台作っている。発芽したら次のトレーに入れ替え
1週間か10日程ずらして育苗しているが、セルトレーを隙間を開けて
2段にする工夫をすれば数多くできる。
育苗中の肥料は発芽1週間ぐらいまでは無肥料で管理する。
以降窒素主体の液肥で4,5日から1週間ごとに適時施肥する。






[ 2012/11/17 07:17 ] トマト | TB(0) | CM(0)

タイガーコペンハーゲン

タイガーコペンハーゲン
昨日時間があったので、かねてから噂のタイガーコペンハーゲンに
行ってみた。実はこれが3回目である。
1回目は6時間待ちと言われ断念。
2回目はなぜか1ケ月ほど臨時休業とか。
それでも14,5メートルほどの列。
整理券は数日前から止めているとのこと。
少しは落ち着いてきたのか。
それでも入るのに1時間、レジ待ちが2時間。
との案内。どうしようか迷ったが、入ることに。
30分ほどで入れた。店内はレジ待ちの列が蛇行していて
自由に見れない。品物もそこらの百均と大差なし。
メイド・イン・デンマークとかノルウェー、フィンランド
で北欧の安い品物というイメージで期待していたのだが、
ほとんどメイド・イン・CHINAであった。
ガッカリ。木工工作小物とかDIY道具小物とか皆無。
女性好みのチャラチャラした飾り小物、キッチン小物、
生活用品雑貨がやたら多い。(客の90%は女性)
これならそこらの百均、ホームセンター、東急ハンズを
ウロウロするほうがよっぽど楽しい。
なぜ行列までして行くのかふしぎである。
誰もが同じ思いで、リピーターはいないのではないか。
レジも2時間待ちといっていたが、30分ほどで済んだ。
結局店内でウロウロしたのは10分ほど。
[ 2012/11/14 11:47 ] 街ブラ | TB(0) | CM(0)

人間ドック

人間ドック
今日は人間ドックに行ってきた。
昨年と同じ兵庫駅前の医療機関である。
必ず同じ職場の人と出会う。
今日も出会った。
胃はバリウムか内視鏡を選択することになっているが
内視鏡のほうが確実なので昨年に引き続いて内視鏡を受ける。
今日の内視鏡は大変だった。4,5回「おぇっ」となった。
まったく、昨年は全然楽であったのに。
上手い下手、があるのではないか。それとも
寝ころぶ姿勢のちょっとしたことなのか。
いつもこんな「おぇっ」なら次から考えてしまう。
幸い癌は見受けられないということであった。
慢性の潰瘍だとは言われたが。
肝臓、胆のうの超音波検査。
心電図。血液検査。前立腺がん検査。胃内視鏡。眼底検査。
血圧、肺気量測定。医師による問診。胸部X線検査。
といったところ。
[ 2012/11/13 18:30 ] 健康 | TB(0) | CM(0)

北のカナリアたち

北のカナリアたち
今日は朝から雨。1日中雨だった。
過日見たいと思い行ったところ既に始まっていて
見逃した「北のカナリアたち」を見に行く。
吉永小百合の映画で
<あらすじ>
日本最北の島・礼文島と利尻島で小学校教師をしていた川島はる(吉永小百合)は、
ある事件で夫を失う。それをきっかけに島を出てから20年後、
教え子のひとりを事件の重要参考人として追う刑事の訪問がきっかけとなり、
はるはかつての生徒たちに会う旅へ出る。再会を果たした恩師を前に
生徒たちはそれぞれの思いを口にし、現在と過去が交錯しながら
事件の謎が明らかになっていく。

北海道最北端の稚内、利尻島、礼文島の
冬のロケーションがすばらしかった。
特に何度も現れた冬の利尻島はよかった。
一度行って見たいと思ったほどである。
吉永小百合はよかった。我々団塊の世代の
永遠のマドンナである。
久しぶりに涙した。

帰宅後、連れ合いはコミセン祭りでいないので
昨日の自治会の赤い羽根の募金の再集計。
これが結構時間がかかった。
ほとんど100円、10円、5円、1円玉である。
10円、1円玉が一番多い。
2万6千円余りであった。
[ 2012/11/11 16:24 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

スナップエンドウ

スナップエンドウ
多分10月28日(土)に播種したと思うスナップエンドウ、
128穴の1/4トレーに撒き、7日(水)に最小ポットに鉢上げ
したものである。来週辺り定植か。

CIMG6341.jpg

4日の日曜日にナス、地這いきゅうりを片付ける。
エンドウの植え付け予定地なので、有機石灰多めに化成肥料を元肥
として施肥。
ピーマン等の跡地に玉ねぎを植える。
玉ねぎは1/3ほど葉切り、根も切る。
いい苗を240本ほど植える。
まだ200本ほどあるので仮植え。実家行きにする。
石灰窒素を施肥してから18日目。

5日の朝刊、I先生、瑞宝双光章の叙勲。
昔でいう勲5等瑞宝章である。
小学校5,6年の時の恩師でそのころの先生は大卒新任2,3年
の熱血先生で印象深い学級であった。
隔年に同窓会をしており、去年は城崎で、
ちょうど今時分だった。

今日は連れ合いが明日のコミセン祭りの準備のため
忙しそうなので大阪堺の関西矯正展へ街ブラ。
ひょうご矯正展が3日にあったが、こちらのほうが規模が大きい。

本日大根、大カブの初収穫。
Tさんに新鮮な太刀魚2匹と皮を剥いでさばいた
マルハゲ2匹をいただく。
太刀魚はさばいて冷凍する。
今夜のおかずはマルハゲの煮付けである。

19時から自治会役員会。
赤い羽根募金の集計がある。
[ 2012/11/10 16:09 ] エンドウ | TB(0) | CM(0)

娘の彼が挨拶に来る

娘の彼が挨拶に来る
昨日下の娘が彼を連れて挨拶に来た。
以前から付き合っていて昨年も我が家へ来たことがある。
来る予定の時刻になるとなんだか落ち着かなくなってきて
我ながらおかしかった。
勤めが大阪のため近くにマンションを借りて住んでいる。
上の娘は嫁いで千葉に居り、普段は夫婦ふたりで
好きなことをしているが、何をしていても
下の娘が落ち着くまでは思い出しては気がかりであった。
幸い彼は落ち着いた礼儀正しいいい青年で、娘が選んだ人なのだから
間違いないと思った。
私は何を言ったか覚えていないが、言葉が詰まって
娘を幸せにしてやってほしいといった訳のわからんことを
言ったような気がする。
でも、いい青年でよかった。
普段娘に父親らしいことは何もしてやっていないのだが
それでも少し肩の荷が下りたような気がする。
セレモニーは来年4月の予定のようだ。
来年はいい年になりそうだ。

画像は二人が持ってきてくれたケーキと
連れ合いが作った栗の渋皮煮

CIMG6335.jpg

CIMG6336.jpg

帰り4人で近くの食事処で夕食、7時ごろ帰る。
[ 2012/11/04 08:49 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

境港

境港
先日金、土、の26,27日にいった大山紅葉旅行のときに帰り、足を延ばした境港
で買ったカレイの一夜干しである。何とこの大きなカレイの一夜干し、4匹で1000円であった。
安い。思わず買ってしまった。結構おいしかったです。
で、買ったのは「境港水産物直売センター」というところ。
前から安くていいものがあると聞いていたが、思ったほどでもない。
香住漁港の直売センターと似たようなところ。
日生の五味の市よりもいいが。

CIMG6328.jpg
[ 2012/11/02 19:55 ] 小旅行 | TB(0) | CM(0)

頂き物

頂き物
連れ合いの姉から柿が届きました。
毎年この時期に届きます。自宅の庭の柿の木になったものです。
画像は一部でこの3倍くらいいただきました。

CIMG6331.jpg

これも頂き物です。たしか「ひょうたんかぼちゃ」と言われたような気がします。
1個だけでまだ食べていませんが美味しいそうです。種もいただきました。
美味しかったら来年植えてみようと思います。
訂正:「ひょうたんかぼちゃ」でなく「ピーナッツかぼちゃ」でした。

CIMG6330.jpg

[ 2012/11/01 19:27 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

kコチン

Author:kコチン
定年退職後、園芸と木工の日々、1948年兵庫県生まれ、同在住。
約300㎡の借り畑地でのらりくらりと菜園、特にトマトの自家接ぎ木栽培に凝っています。その傍ら端材を利用して作る過程を楽しみながらあれこれ子供のおもちゃを作り、細々とネット販売しています。
ヤフオク、メルカリ、ミンネに出品しています。「手づくり 木のおもちゃ 機関車」「手づくり 木のおもちゃ ヘリコプター」「手づくり 竹細工 クワガタ」など検索してみて下さい。

カレンダー
10 | 2012/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
fc2カウンター